上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茫然と立ちつくす達彦に、桜子は只ならぬ雰囲気を感じていた。
「どうしたの?」
達彦は無言で電報を渡した。桜子が目にした1枚の紙切れには、
‘チチキトクスグカエレ’と、書かれている。
「お父さん、どこか悪いの?」
桜子の問いに、達彦は苛立たしく答えた。
「俺にもわからん。」

桜子とじっくり話す暇も無く、慌しく達彦は岡崎へ帰った。淋しい思いを抱え、達彦を見送る桜子。
数日後、マロニエ荘に冬吾を尋ねて東北訛りの女性がやってきた。眼鏡を掛けたその女性は、大切な約束があると言う。
女性の特徴を聞いた冬吾の表情が一変した。
「俺はここから消える。引っ越した、と伝えてくれ。」
冬吾は急いで荷物をまとめると、マロニエ荘から姿を消した。

岡崎では、拓司の具合をかねと達彦が心配そうに見守っていた。心臓の具合が悪いのだと言う。
いつもは強気のかねが、オロオロしているのを見て、達彦の気持ちは重く沈んでいた。
父親の部屋を離れ、自室に戻ろうとした時、番頭と職人頭の会話を耳に挟んでしまった。「大豆の仕入れ値が高騰しているんですよ。」

達彦はその時、店の経営状態が厳しい、という現実を初めて知った。
そんな達彦にキヨシが「ちょっと…」と呼び止め、連れ出した。

言葉は柔らかいが、険しい顔でキヨシは達彦の今後を問い詰めていた。
「オヤジさんは坊ちゃんに店を継いで欲しい、と思ってるんです。」
達彦の脳裏に先日の父の声が響いていた。
「好きな道を歩め」
いよいよ老舗蔵元の跡取りとしての重圧が、達彦にのしかかってきていた。

「今回は無理でも、達彦君にはいつかまた独逸旅行のチャンスはありますよ。」と
西園寺は言った。
「達彦と、もうずっと話していない・・・どうしてるんだろ。」
西園寺邸でのピアノレッスンが終わった桜子は、電話を借り、山長へ掛けた。
電話口に出たのはかねだった。
桜子と判った途端、つっけんどんな口調のかね。
達彦に取り次いでくれる筈もなく、電話は無造作に切られた。

桜子は岡崎に戻る決意をした。
心配そうに八重が言った「また戻っておいでね」桜子はそんな八重とマリに笑顔で答えた。
「すぐ戻ってきますよ」

不安な気持ちをかき消すかの様に、達彦はピアノを弾いていた。
その時、かねが乱暴に部屋に入ってきた。
「アンタこんな時に・・・バチが当たるよ!」

岡崎に着いた桜子は山長の前にいた。
「達彦さん・・・」心配そうに様子を伺う桜子。と、その時達彦が店から出てきた。
桜子には達彦が、ひどく疲れているように見えた。
励ますつもりで、ピアノや西園寺の話をする桜子。だがしかし達彦には、気持ちの余裕が全く無かった。
「帰ってくれ。俺、今は君と話してる余裕無いんだ。」
桜子の瞳から一筋の涙が頬を伝わり、こぼれ落ちた。◆


オヤジこの状態で何故病院に入れないのだ?
そんなヤヴァイ状態で、家に寝かせといてイイのかよと、
ツッコミ入れたくなった。
拓司が重病なのに、家で寝てる理由を考えると…。

1.入院患者が多すぎて、病院のベットに空きが無い。
2.大豆の仕入れに金が掛かりすぎて山長には金が無い為、入院費が捻出できない。
3.病院シーンだと更にセットや役者等が必要になるが、N●Kは受信料収入が減っている為、制作費が捻出できない。

さて真実は如何に。

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。