上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笛子は今も昔も変わっていない。人の本質なんて、そう簡単に変わるとも思えない。
ただ、優先順位は昔と変わっている。
母が死んでからずっと、笛子は幼い妹達の面倒を見てきた。
かつては、有森の家族の事を第一に考えてた笛子。
だが今は、新しい家族がいる。夫の冬吾や娘の和子、息子の亨だ。
笛子にとって最優先するのは、もはや自立した妹達ではない。杉家の人々だ。
だから、桜子が申し出た嫁入り衣装の売却も受け入れるのだ。

桜子は違う。山長の人々も、有森家の人々も、桜子にとっては同じポジションにある。
まだ結婚していないから、そうなのかもしれないけど。

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。