上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何と言うか・・・最終回だけおとぎ話みたいだったが。5人は一応、皆ハッピーエンドなのか~。
悪くはないけど、夢物語だな~って思った。だったらいっそ、浩太郎も光枝の元に戻ってきて、谷口と晴美の明るい未来まで描かれていたらいいのに。なんて思ったりもしたけど、時間的にキツいか。8回だもんね。
でも一貫したテーマと、久子の考え方がブレない処は良かったと思う。脇役には少々不満も残ったけど、主役の久子には満足。
セールスの世界に飛び込んだ久子を導いてくれた岡野。いい上司に恵まれた事で、久子は大きく成長した。
久子のアイデアで開かれたSuBショールームでのパフォーマンスには、多くの人が集まる。
最下位の城東支店で店長となっても、部下をやる気にさせている久子。その明るく自然な振舞いが、部下達のやる気を引き起こし、顧客の心をくすぐる。
車に限らないけど、営業する人達の商品知識が豊かだと、色々訊いても直ぐに答えが返ってくる。それは質問する方としても気持ちがいい。
其処でモノを買おう、この担当者を指名しよう・・・という気になる。久子みたいなセールスされたら、すぐ決めてしまいそうで・・・(笑)。
色の質問をしても、さっと答えが出せる久子には恐れ入った。
そんな久子を次期社長に指名したのは、現社長の西脇だった。西脇社長は久子の働きぶりに、強く心を動かされていた。
「わが社の幹になって、たくさんの花を咲かせてもらいたい。」と言う西脇社長は、久子に対しては、本気でその力量を買っていたと思う。
でもドイツ本社の意向は、女性社長を認めたのはお飾り的な意味だった・・・。これを専務から聞かされた久子は愕然とする。
役職よりも現場が好き、人と触れ合うのが好き。
SuBで社長まで上り詰めた久子が、またミヤケ販売で一介のセールスに戻る。
びっくりしたけど、久子にとってはそれが一番心地のいい生き方なんだ。
お日様の向こうを目指して、久子はこれからも、幾つになっても走り続けるのだろう。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/06/06 01:30】 | #[ 編集]
私も前半ですね。所長とのエピソードが丁寧だったので期待してたんですが、後半にくるにつれ、大雑把になっていった感が否めないです。でも面白かったですよ。
次は公認会計士を扱ったドラマという事で・・・。弁護"士"のドラマはよく有るけど、同じ"士"業でも公認会計士。
いまひとつ解らないのが本音ですが、「そこをどう見せるのか」って処も、見所なのかもしれないです。

再来年の大河ですが、観るか否かは配役次第です。某所で囁かれているのがもし事実なら、キライなのでもう絶対に観ませんがw

民放はCMになるとボリュームが上る処がキライなので、殆ど観ないんです。NHKばかり・・・ってのは「NHKが好き」と言う理由よりも、NHKはCM無いから、ってのがホントの処ですね(笑)
後、アナウンサーの喋るスピードが不必要に速くない処もでしょうか。
ヒロシって確かCMでしたよね?
【2008/06/10 13:43】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。