上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のメインは信三郎(斎藤工)の母親のぶ(浅田美代子)。
いつも明るくて、息子には少々口うるさいのぶさんが、どうも様子が変。綺麗に化粧をして楚々と出掛けて行く母に、不審な気配を感じる息子。
当の母親は、最近評判の占い師、橘富麻呂(川崎麻世)の処に出掛けていた。元々は信三郎の将来を案じての占いだったのだが・・・。のぶさん、富麻呂の毒気にすっかり心酔している・・・のか!?
いやぁ・・・何時の世も女って占い好きだよねぇ(笑)そういう私も割と好きな方w
佐和膳で逸馬(福士誠治)と信三郎が呑んでいる。富麻呂の評判は佐和(井上和香)も知っていた。
自分も一度見てもらいたい・・・と、何処かうっとりとした佐和に、動揺する逸馬(笑)。
公家言葉でやわらかな印象、胡散臭いけど一応イケメンの部類だから、江戸の女性達の心を掴んだのか(笑)。う~ん、あの占い師がガックンの長尾景虎か、野村さんの倉田典膳なら釣られてもいい・・・w
富麻呂の占いが評判になるのと同じ頃、江戸では強盗が頻発していた。
で、その強盗された家のいずれも、何故か富麻呂の処で渡している黄色いお札が存在している。
奇妙な符合に引っかかるものを感じる逸馬。そして茜から、占い詐欺の話を聞いたのぶは、富麻呂との関連性を疑い出す。
自分の家に300両の大金が有る事を富麻呂に話すのぶ。危なっかしいが自分の家を囮にして、真実を知ろうと思ったのだ。釣られていたのかと思ったけど、のぶは意外と冷静だな・・・。
予想通りその夜、強盗集団が現れた。信三郎と逸馬がボコボコにしている。のぶも"気持ちだけ"加勢していたがw
今週気になったのは、茜(近野成美)の38歳の母親の事を、「息災か?」と気に掛ける鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)。
え?何なの、その意味有りげな表情は!?もしかして(ry)って事なのだろうか?
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。