上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入営の日以来、久しぶりに見る達彦の姿だった。
すっかり軍人らしくなった達彦が、笑顔で立っていた。

達彦と桜子は兵舎で語り合った。
味噌の統制価格の事、タミの事・・・桜子はついはずみで、タミの料理を口にした事があると言ってしまう。
訝しがる達彦に、しどろもどろの桜子。以前、店の手伝いなどさせないように、とかねに手紙を送っていた達彦は、まだ真実を知らなかった。
だが、桜子の様子に「おかしい」と気付き始めた達彦。

隠し切れず「たまには手伝いをしとるよ。勇ちゃんの学費も出して貰ってるし。」という桜子に、達彦は言うのだった。
「俺がして欲しいのは店の手伝いじゃなくて、音楽の勉強。」

桜子は有森家でピアノを弾いていた。「埴生の宿」を弾く桜子。
桜子は達彦に貰った作曲法の本で、勉強を始めた。達彦への気持ちに応えるべく。

そうなのだ、どんな環境においても、音楽は勉強できる。音楽は逃げていかない。
桜子は、山長の手伝いをしながらも、音楽の勉強を独自で続けた。

達彦への手紙には、桜子の作った曲の譜面が同封されていた。
達彦は桜子へ返事を送った。

「君の作ったメロディが、兵舎に居ても心の中で響いています。」

ある日、有森家に八重と連れ立って、ひとりの男がやってきた。
冬吾に会いに来たその男、森田は言う。
東京に来て欲しい。新しい画家の団体を立ち上げる為に、リーダーとなってほしい。
しかし冬吾は、笛子の妊娠を理由にその申し出を断るのだった。
そんな冬吾の胸中を察する笛子。

桜子と八重は久しぶりの再会だった。
達彦との近況を語る桜子に、驚く八重。
「人って判らないものね。桜子ちゃんが、味噌屋の女将とはね。」という八重の言葉を、笑って「若女将だよ。」と訂正する桜子だった。

その時、森田が八重を呼びに来た。
「あの人、八重さんの恋人?」と問う桜子に八重は照れた。
「やだもう、桜子ちゃんったら。何言ってるの。」

冬吾は神社に居た。森田の言葉が頭をよぎる。
夜、縁側で笛子が桜子に言う。
「あの人、東京に帰りたいのではないだろうか・・・。」
そんな笛子に桜子は言うのだった。
「冬吾さんだってわかってるよ。お姉ちゃんの事が好きで、此処が好きで・・・それに、笛姉ちゃんの今の状態じゃ、慣れない東京で生活出来ないでしょ。」

冬吾の部屋で、桜子は冬吾のスケッチを見た。東京の風景が描かれた絵。
桜子は、冬吾の思いを垣間見たような気がした。

翌日、桜子は、帳場でに譜面に向かっている処を、かねにみつかる。
かねはそんな桜子に説教する。
「音楽の勉強をしてもいいと言ったけど、帳場でしていいとは言ってないよ。」
かねのいう事は、至極当然である。桜子は素直に謝るのだった。

山長から帰宅した桜子に、西園寺からの手紙が届いていた。
達彦から転送された譜面を見た西園寺は「東京へ出てきませんか?」と手紙に綴っていたのだ。

「東京へ・・・。」
桜子の心を揺らす、西園寺の言葉だった。


八重さんを呼びに来た時の森田が、随分と偉そうな口調だったので、
「うわぁなんかヤな感じ。」と思ってしまいました。


にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ





この回、見逃してしまったので詳しく知ることができて嬉しいですv-415
森田ってどんな人だろう? 八重の恋人っぽいんですね、フムフム。でも、偉そう、と。
これから、冬吾も桜子も杏子も東京に行きそうな気配だから、また出てきますね。
桜子の初めての作曲、見逃してしまったのが悔しいですv-409
では、また遊びに来ますね~v-422
【2006/07/10 18:39】 URL | にこ #VPV1NLhM[ 編集]
穏やかそうな雰囲気なんですけどね、森田さん。
「おい、行くぞ。」って口調が何か・・・。
それでも八重が惚れた人なら、何も言うまい(笑)と。
【2006/07/11 05:52】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。