上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久子も光代も、そして岡野にも心の傷がある。真理子にだって。
描かれている人の殆どが、そうなのだろうか。しかし岡野所長、渋くて実にカッコいい。久子のピンチに現れた岡野が「暴力はイカンな~」と言いつつ、チンピラ風の男を組み伏せる。
その姿についつい笑ってしまった。
そしてやっぱり、そんな岡野所長を見ていると『スケバン刑事Ⅱ』を思い出してしまう。最近こればっかしやんw。でもあの役も、渋~い上司だったと思うんだけど。
でも楽しいと思える展開は前半だけで、後半に進むに従って、徐々に話が重い展開になっていく。

男気溢れる久子とは対照的に描かれている真理子は、何処までも"女"。自分の算段した事なんて黙っておけば良いものを。全て白日の下に晒し、挙句「嫌な女でしょ」って・・・。わざわざ寝た子を起こす様な行為に、つい疑問を抱いてしまう。計算高くずるい処に"勘弁してよ~"と思ってしまう。挙句「柴田君を取らないで」と来た。勿論ドラマだから、こうしないと話にならないのは承知の上なのだが。
真理子の不安な気持ち、安心が欲しかったという思いはよく判る。隆男の気持ちが完全に自分に向いていない、その微妙な揺れに気付いているし、久子の思いも知っている。だからこそ、こんな嫌な行動にでてしまうのかも。
ある意味、女性の嫉妬する心を最大限に表現したキャラなのかもしれないな~真理子って。
しかし帰ってきた隆男とベタベタな口調で喋ってる処は・・・ごめん、やっぱダメだわ。
隆男も含め、敢えて久子に見せ付けるかの様な夫婦の会話を前に、いたたまれない表情の久子が切なかった。

新しく来たマネージャーに、皆の前で営業成績の悪さを怒鳴られる森と阿部。叱られても何処吹く風な森に対し、阿部は完全に萎縮している。
気弱で優しげな風貌の阿部。自分がセールスに向いてないと悩むが、そんな阿部を一喝する久子。

阿部の所為で所長まで馬鹿にされる。

久子の言葉が阿部の心に深く突き刺さる。この時はそう思わなかったけど、これが後々の伏線へと繋がるなんて・・・。
喘息で苦しむ母の姿を見て育ってきた阿部。排ガスを出さない車を売りたい・・・そんな思いを常に抱えているから、営業成績も芳しくない。
マネージャーに怒鳴られ続け、不正に手を染めていく阿部。アルミホイール等の高価な付属品を付けて売る車。それは阿部自身が付属品代を負担し、売上台数を伸ばしていただけに過ぎなかった。
だがそれも長くは続かない。入金の遅れをマネージャーに叱責され、遂には横領していた事が露見してしまう。親に連絡するぞ!と叱責され、1日だけ待って欲しいと懇願する阿部は、そのまま営業所を飛び出した。

阿部の机の中に残された、何枚もの督促状。戻ってきた岡野所長と一緒に、久子達は阿部の家へ直行する。
阿部を呼ぶが返事は無い。尋常じゃない気配を読み取る。ガラスを叩き割ると、中からガスが漏れてきた。
久子に救急車を呼びに行かせる岡野。
部屋の中に入ると、其処には意識を失い倒れている阿部が居た。

使い込んだ金を、自らの命を以て償おうとした阿部。ギリギリまで追い詰められた心で選んだのは、とても悲しい選択。
この回で阿部さんが死んでしまうなんて、全く思いもよらなかったので、唖然としてしまった。

遺骨と遺品を引き取りに来た阿部の母親が、息子の思い出を語る。生前の阿部は、岡野所長みたいになりたいと語っていたと母親は言う。
そんな所長の立場を悪くしてしまった・・・阿部は母に、苦しい胸の内を電話で伝えていたのだ。それを知った久子の表情が一変する。

追い詰めたのは私・・・。

久子の事も母は知っていた。同期だけど、今ではもう立派なセールスマンだ・・・阿部は久子の事も、母に語っていたのだろう。
阿部の母に感謝され、久子はその場に崩れ落ちる。自分の不用意な一言が、結果的に阿部を追い詰める結果になってしまった。
泣きながら詫びる久子。頭を下げる岡野。泣き崩れる久子を見つめる隆男。
その姿を見ながら、「人は恨みたくない。恨むなら車を恨む。」と言った母親の姿が印象的だった。
まさか今回、こんな展開になってるとは思いもよらなかったので、胸がいっぱいになってしまった。
戦時中の忌まわしい記憶を語る岡野。阿部の事で激しく動揺している久子を、思わず抱き締めてしまう隆男。
ここに居る人達が抱えている傷が翳となって、より一層、それぞれの個性を際立たせているのかな。

ふと、そんな気がした。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。