上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜子と達彦の目に映る西園寺の姿は、明らかに憔悴しきっていた。
いつもとは違う。その姿に少し戸惑いつつも、達彦は先日の母の非礼を詫び、
独逸行きの件を告げた。
だが西園寺の答えは、意外なものだった。
「旅行自体が、難しい状況かもしれません」と。

西園寺は軍の上層部から、軍歌の作曲を命じられていた。
曲は完成させたものの、曲調に軟弱だ、とのクレームがつき差し戻されていた。
西園寺には、再度作る気力はなかった。彼自身が納得出来なかったのだ。

だがこの仕事を断ると、学校に影響を及ぼす可能性がある。

そう考えた西園寺は辞表を提出していたのだ。

「何故連れて帰ってこなかったんですか!」
岡崎では、拓司がかねから、ものすごい勢いで怒られていた。
かねの勢いに怯えつつも、拓司は言った。
「当初の通り、4年間行かせてあげようよ。」
独逸行きも許した事を話すと、かねの怒りは頂点に達した。
「そぉんな甘い事言ってるから、音楽家になるなんて言い出すんですッ!」
かねは、既に血管がキレそうな勢いである。
「そ、それはね、ちゃんと店を、継ぐって言ってる…よ。」
何処かウソくさい拓司に、怪しいと言わんばかりの視線を投げるかね。

「鶴の巣篭もり」状態で完成させていた冬吾の絵は、絵画展で賞を獲った。
自分の事のように喜ぶヤスジ。だがそんな彼らをよそに、冬吾は相変わらずポーカーフェイスだった。
マロニエ荘に押しかける取材陣、その中に薫子の姿も有った。
大陸で絵を描いて欲しい、と言う薫子の勤める出版社の提案に、冬吾の表情が険しくなった。
「死体でも描けってか?」

桜子は薫子に聞いた。
「戦争には反対じゃなかった?」
薫子は言った。
「やっと入った出版社なんだよ。それに日本が勝って、戦争が早く終われば、戦地に居る兄も帰ってくる。」
変わってる様に見えるが、薫子は女学生時代と決して変わってはいない、桜子にはそう思えた。

「女給でも何でもやるしかないわよ。」マリがサバサバとした口調で言う。彼女はダンスホール閉鎖で仕事を失うのだ。
そこへヤスジが帰ってきた。「大陸へ絵を描きに行く。」
それは薫子が冬吾に持ってきた仕事だった。ヤスジは冬吾が断った仕事を、自分の絵を持って売り込みに行ったのだ。
絵画の世界で注目を浴びつつある冬吾、そんな彼に対してヤスジは嫉妬心を抱きつつあった。
「俺だって、絵の世界で俺の実力を認めさせたい」
ほんの僅かな誤解、それが二人を取っ組み合いの喧嘩へと発展させた。
「冬吾の家は金持ちだからな」
「俺は家とは縁を切ったんだ!」
そんな二人のやり取りに、傍にいた達彦の端正な表情が歪んだ。

西園寺の辞表撤回の為、桜子と達彦は学校で署名を集めていた。そんな二人の姿を見つめる西園寺。
ふと、二人の前で署名する男に見覚えが有った。
「秋山・・・くん?」西園寺は確信した。その昔、援助をしたことのある少年の顔と重なった。
「お~い!秋山くん」西園寺が呼びかけると、秋山は何故か逃げ出した。


っていうか~コレ15分でやる内容かな~。ネタ多すぎ。
でもって、アタシも主観で書いてるので、あんましテレビに忠実じゃないけどぉ。
戦争ネタはいつ見ても、気が重くなる。
それでも朝ドラらしく、1日が元気になるような内容であってほしいな、と思うわけだが。

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。