上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏川結衣と椎名桔平が出てるなら、観なきゃ勿体無いよな~と思った第一回。
劇中で繰り返される、"クルマを売ることは、乗る人の未来を一緒に作ること"という言葉が印象的だった。
槙野久子(夏川結衣)は高校卒業後、大手企業のOLとして勤めている。が、この企業は25歳が女性の定年という、暗黙の規則が存在する。
会社で居場所を失くし、新しい自分の居場所を求めて見つけたのは、久子が行きがかり上、カーワックスを売る姿を見て興味を持った、車の販売代理店所長、岡野英二(蟹江敬三)の処。
懇願する久子に負け、とりあえず仮採用となったが・・・。
30年以上前の昭和の雰囲気を作るのって、そんなに大変な事だとは思わなかった。知ってる人が沢山居るから、余計に作りづらいのかもしれないね。
確かに、戦国時代なんて誰も経験していないからなぁ・・・と公式見て思った。
ドラマ内では、久子の高校時代の同級生が織り成す人間関係も気になる。
柴田隆男(椎名桔平)は久子の気持ちに気付かず・・・ってキャスト紹介に有るけど、演技見ていたら、久子の事を少なからず意識している様に見えた。
二人の微妙に揺れる感情を知っている真理子(石田ひかり)。キャラクターの内面が、今後どんな風に出てくるのか・・・ちょっと面白そうだと思った。
で、大森吾郎(山口馬木也)のもじゃもじゃ頭に、つい初期の徒然亭草々を重ねてしまった(笑)。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。