上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりとてちんが終わって1週間。
放送直後に思ったのは、喜代美の選択した"上方落語のおかあちゃんへの道"に、勿体無いなぁ~と草原みたいな感想だった。でも不器用な喜代美が、幾つもの事を容易にこなせるとも思えない。
だとしたらやっぱり、この時点で一線から身を引くのは喜代美にとって最善の選択なのかな~と今なら思える。
でも、引退するなら独断じゃなく、先ず草原や草々達に言ってからにして欲しかったな。いきなり自己判断で引退発言をしてしまう処には、やはり疑問が残ってしまう。それって後始末する人達が大変そうな気がする。
でもいつか時を経て、喜代美の考えも変化するだろう。子育てが一段落した時、また高座に上がる可能性が無いとは言い切れない。
もしかするとそんな日が来るかもしれないから、喜代美の選択に悲観的な見方はしない。喜代美のキャラで疑問に思えた処は幾つかあったけど、それ以上に魅力的に描かれていたから、"良かったなぁ"と思う気持ちの方が大きい。
底抜けのヘタレっぷりに、嗚呼こんな思いを味わった事が有ったな~と、自分と重ねて見たのは数知れず(笑)。でもそんな不完全さがウソ臭くなくて、元気で明るく前向きヒロインに食傷気味だった私には十分新鮮だった。
喜代美だけでなく、その周りを取り囲む人々も実に魅力的。どのキャラにも喜怒哀楽がキレイに存在する。
誰にでもコンプレックスが存在する、ダメな部分がいっぱいある。でもそんな処が、より人間らしくて魅力に溢れていたんじゃないだろうか。
お父ちゃんも、お母ちゃんも、正平も、小次郎叔父ちゃんも・・・個性が際立っているし、それは大阪の人々にも言えている。草原も、草々も、小草若も、四草も・・・熊五郎や咲や、磯七や菊江。奈津子の「肉じゃが女~ボタン付け女~」には笑ったし、最後に自らが肉じゃが女になっていたのには泣けてしまった。可愛すぎるよ奈っちゃんたら。
面白いモノを作ろうという作り手の意気込みは十分伝わった。だからファンの集いや、公式に掲示板設置等が実現していくのだろうな。しかし朝ドラの公式に掲示板とは・・・底抜けにビックリしました~。
そんな型破りな面白さを味わえた「ちりとてちん」。キメ細かな作りに毎朝ワクワクしながら見続けた。勿論全部欠かさず見たし、それも一日に何回観た事だろう。その度に泣きもしたし、大笑いもした。
作る側、見る側の熱い思い程に数字は出なかった。でもこの出来の良さなら、DVD買ってもいいよなぁ、と思えたのは風林火山に続いてだよ、ホントに。

良いドラマを見せてくれて、本当に有難うございました。

FC2ブログランキング にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。