上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「笑う一門には福来る」#148】

オープニングの挨拶の打ち合わせ中に、妄想に入ってる喜代美。子を宿した事が喜代美の集中力を奪っているんだろうか・・・。
しかし妄想の中の草々ってば、現実よりも喜代美に容赦ない気がするんだけどなぁ。丁度、喜代美が出会ったばかりの頃の草々と同じ感じがする。
話の最中でもつわりが治まらない喜代美、兄さん達も心配する。心配の仕方も性格が出てるが、言う事が一番ドライ&クールなのは、四草の「今からやったらまだ、番組変えられんやからな。」かもしれない。

つわりが酷ければ、初日の高座は止めておいた方がいいかも・・・と言う草々。喜代美は大丈夫だと言い張るけど、大丈夫そうには見えない。
絶対に無理したらあかん、と草々は気遣う。へへっと笑う喜代美だけど、無理してるのは見えている。
で、高座では何をかけるのかと言えば、今回は「愛宕山」。最近感じる違和感、落語を自分で作ってかけるのは面白い。けど違和感は拭えない。
自分が出会った最初の落語が「愛宕山」だから、原点に立ち戻って、落語と向き合ってみようという心なのか。
魚屋食堂に来た小梅、ほぼ同時に現れた秀臣と静。秀臣は清海に任せて、完全引退なんだろう。友春に「気楽なもんやで。」と言われているが、そんな友春、幸助に「わしも早よぅ気楽な隠居生活送りたいんやけど、うちは跡取りがまだまだやさけぇ~。」と言われる。墓穴掘ったな友春(笑)
松江は喜代美の妊娠を、何処から仕入れたんだろう。どのみち、和田家の誰かである事には間違いなさそう。

喜代美が稽古をしていたら、小次郎が「おめでとうさ~ん」と現れた。何かお祝いをせなあかんの~と脳天気に言う小次郎に、金儲けの匂いを嗅ぎ取る喜代美。指摘すると拗ねて寝転がる小次郎。
どうせ私は宝くじの一発屋って・・・(笑)
しかしそれに伴って、またも子供の妄想をしてしまう喜代美。
「どうせ私は、青木家の貧乏神ですよ~だ。」と拗ねてひっくり返る子供。さめざめと泣く喜代美にイラつく草々。
「お前がちゃんとせえへんからや~!母親の姿見て、娘は成長すんねん~。」
・・・どうも喜代美の妄想世界での草々は、喜代美と出会ったばかりの頃の未熟な草々のままなんだが。
そんな妄想を振り払い、小次郎に帰る様に促す喜代美。稽古があるから、と切り札を出せば、小次郎だって居座るわけにはいかない。
小次郎が帰った後、溜息をつく喜代美。シンドそうやのう。

糸子が階下から上がってきた。シンドくないか?と訊く糸子に、大丈夫とは言うものの、やっぱり大丈夫そうには見えないのは、糸子も薄々察している。
それでも娘とお腹の子供の為に、栄養取らせようと蕎麦を持ってきた。
そこで忍者ネタを披露する糸子さん。おお懐かしい。昔もそんな事言うてたな。あれは確か、喜代美が寝床寄席の為に蕎麦打とうと思い立って、糸子に電話してた時だったっけね。
蕎麦を食べる喜代美。母親の前では美味しそうに食べるが、見てない処で全部吐いてしまった。

草々に愛宕山の稽古をつけてもらう喜代美。其処に現れる糸子。
「ちょっとエエけ?」と言う糸子に、明らかに邪魔そうな空気を漂わせる喜代美。
草々は「あ、どうぞ」と義母が居る事には異存が無い。

糸子、何か言いたそう。言いたいのだろう。娘の気持ちは判っている。
判っているけど、今の喜代美は自分一人の身体ではない。
草々に「ちょっとの間、この子を休ましたってもらえませんやろか。」と言い、「お願いします。」と頭を下げる糸子。
母親の唐突な発言に、明らかに不快な色が喜代美の顔に出てきた。
「ちょっとお母ちゃん、勝手に何言うとん!」半ばヒステリックに、母親を責める喜代美。
しかし糸子は喜代美に構わず続ける。初日に高座に上がるのは、今の喜代美ではキツイ。母親の素直な思いだ。身体がシンドイのは、母として見ていればすぐに判る。
いくら喜代美が「何も無い、越前蕎麦だって全部食べた。」と言い張った処で、母親の目は誤魔化せない。
食べたものを全部吐いたと知り、草々の顔色も変わる。草々だって喜代美の体調、お腹の子供の事を第一に考えてるから、無理はさせたくない。
しかし喜代美にしてみれば、ひぐらし亭は師匠の悲願。そのオープンの日に、ただ見てるだけの自分なんて考えたくない。

それでも今回は堪えて欲しい。

そう願う母の言葉に、喜代美がキレ気味に言う。

大丈夫、自分の身体の事は自分が一番判る。

糸子は喜代美の口調にも怯まない。糸子だって譲れない。自分の為でなく、喜代美の、草々の、そして未だ見ぬ孫の為に言っている。
「アンタは昔、お母ちゃんのお腹の中に居ったんや。」
喜代美は思わず母の顔を見た。いつになく強気な糸子。
お腹の中に居た娘が今、子供を身篭ってる。自分にも経験があるから、血を分けた娘が同じ様な思いをしてるのではないかと気にかける。
精一杯虚勢を張っても、それが続かないであろうという事が予測される。
今、一番すべき事は何かを、喜代美に教える。どれだけ疎まれようとも、糸子は喜代美の母親なのだから。
母と娘のやりとりを黙って見ていた草々が言う。
それは喜代美を諭すものだった。糸子の言う通りにしてほしい。自分だって、喜代美とお腹の子が一番大事。
糸子の援護をしてくれた草々に感謝し、頭を下げた糸子。そうまで言われては、喜代美も納得せざるを得なかった。

誰も居ない客席から高座を見つめる喜代美。此処で多くの人を笑わせるつもりだった。師匠の夢が、上方落語の悲願だった小屋がオープンするのに、自分は何一つ出来ない・・・。
沈んだ心の喜代美の前に「ビーコ」と、聞きなれた声がした。
声の方向を見ると、順子が笑顔で立っている。喜代美の妊娠を知って、お祝いを言いに来たのか。
順子の顔を見て、何かが切れたかの様な喜代美。
「順ちゃん・・・。」と、もう泣きそう。体調を気遣う順子に「順ちゃ~んっっ」と泣きつく喜代美。こらこら、そんなに順子の首を絞めたら苦しいぞ~。

当分休養を命ぜられた喜代美、ショックを受けた自分の気持ちを順子にぶちまける。こういう人がいるのって、喜代美にとっては幸せだ。同年代の女性、子供の頃からの友人。
母親や夫とは違う視点で、喜代美の支えとなる存在だ。
喜代美は言う。自分なりに頑張ってきた。小屋の初日は、言わば自分の落語人生の総決算、晴れ舞台みたいなものだ。
それなのに兄さん達と一緒に高座に上がれず、一人隅で見てるだけなんて。

「いざという時に役立たん、相変わらず不器用で間の悪い、脇役のビーコのままや。あの頃のままや。」

う~ん。何故此処まで自分を卑下しなけりゃならんのだろう・・・。ちょっと卑屈すぎな気がする。妊娠した事を間の悪い、と言ってる様にも見えて、正直言って嫌。
三味線ライブに出られなかったのは、いくらやっても上手くならない三味線に嫌気がさして、自分から投げ出した結果ではなかったか。
今回とは違うじゃん。今は体調優先、それを周囲も理解してくれているのに。
上がれるかもしれなかったステージを投げ出した学園祭、上がれる実力は周囲も認めていたけど、身体の事を考えて止められた、ひぐらし亭オープニングセレモニー。

「また私は、上がりたいステージに上がられん。高座からお客さんの笑顔を見る事が出来ん。こんなんやったら、お祖父ちゃんとの約束守られん。仰山笑うて生きていくことが出来ん。」
聞いてるのが順子で良かったな。

順子が言う。
「ホンマに、トラウマになっとんやなぁ。」
それでも大丈夫。伊達に13年も修行を積んだ訳ではない。似た様な経験していても、同じ結果にはならない。
「きっと何か、新しいものが見えてくる筈やで。」
しかし順子はホント、冷静やのぅ(笑)。
果たして喜代美の目には、どんな新しいものが見えるのだろう。
FC2ブログランキング にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。