上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「嘘つきは辛抱の始まり」#120】

正平が塗箸を作っている。金箔を貼る正平の姿に、半ばうっとりとした表情の正典。
嬉しくて仕方がないといった表情の正典。跡継ぎに悩まなくていい~とウキウキだけど、正平の表情見てたら、そうすんなり行きそうには見えない。
しかし糸子さんったら正直(笑)。正平の貼った金箔を褒める正典に「これスゴイの?」と聞く糸子。
確かにその道のエキスパートでないと、その凄さって判らないよね。

喜代美が天狗座の楽屋に行くと、草原が来ていた。勇助の様子について話していたその頃、草若邸には清海が居た。喜代美の居ない隙を敢えて狙ってきた清海。
こういう処を見ると、奈津子の洞察力の凄さに感心してしまう。以前の清海に算段の要素などは皆無だった。
だが今は、完全に計算しながら行動している。果たしてそれが、上手くいくか否かは草々次第だが。
草々の前だと表情が昔に戻る清海。すごいわ、喜代美に見せた表情と全然違う。
19歳の頃の、ほんわかした可愛らしいお嬢さんを演じているのだろうか。
あの頃と変わっていないと言う清海だけど、変わっていないのは落語に対する姿勢なだけで、清海への気持ちは今の草々には全く無い。
草々だって恐竜頭から少しは進化しているよ。喜代美を思いやる気持ちも十分に持ち合わせた人間になっているのだから。

初めて草々の落語を聴いた日、お守りを渡したらいきなり抱き締められたあの日、手料理をご馳走になったあの日、東京行きに揺れる中で、行かないでほしいと言われたあの日・・・。
清海の時間は止まってるんだなぁ。東京に行ってからどれだけの出会いが有ったのか知らないが、草々以上に好きだと思える相手には巡りあっていないのだろう。何となくそんな気がする。
甘酸っぱい思い出に浸っているのは清海だけで、草々にとってはもうセピア色の思い出に変わっている。だから笑って清海と向き合える。
時間が解決してくれるもんなんやな~と言われ、清海の表情が一変する。ああ、やっぱ怖いよ今の清海。
それでも食い下がるのか清海。「いつ私の事、好きになってくれたんですか?」なんて聞いてる清海だけど、もう痛すぎるから止めなされ。
それでも、喜代美には負けたくないんだろうなぁ。あれだけヘタレだった喜代美が、今は自信に溢れた生き方を送っている(と清海には見えている)。
実際、自信に溢れているかは謎だけど。未だに「冬の水溜り」だなんてヘタレた事を、ほんの数日前に言ってた時は笑ったが。
草々は清海の質問にも、サラっと答える。恐竜の化石の話を聞いた時、いじらしいな、って思ってしまった。
でももう、草々には今がある。清海との事は過去の思い出、今の清海は喜代美の幼馴染。そういうポジションにしか無いのだけど、それでも清海は必死に食い下がる。
今度は落語の稽古を見たいと言う。肉じゃが女がじわじわと本領発揮、徐々に迫ってくる。
ヤバイよ喜代美、早く帰ってきて~。

その頃小浜では、竹谷が正典の箸を褒めていた。確実に先代のレベルに近づいていると言う竹谷。この人は知ったかぶりばかりするけど、箸を見る眼力だけは本物なんだろう。
店頭で聴いてる小梅も嬉しそう。竹谷の話は更に続く。
製作所と合併はしないで良かったかもしれんなと言う竹谷、でもそんな話、小梅は初耳だ。
だってスペイン行ってた時の話だからね~。しかし竹谷さんのネタって、奥さんの井戸端会議みたいだ。
だが今、製作所は本当に危ない状態なのだろう。竹谷の話に表情が厳しくなる小梅。

草若邸に小草若と四草が来た。台所で何かをしている勇助に声を掛ける四草。ねずみを捕まえて追い出そうとしていた、と言う勇助をじっと見る四草。
四草がそんな目で見るから、私は良からぬ想像をしてしまったじゃないか。例えば給水管に(略)。
一体四草は、勇助の何を見抜いたのだろう。明るく振舞う勇助だけど、小草若は上手く騙せても、四草は騙せない。
このドラマの登場人物って、お人よしの人たちと、見透かす人達の落差の激しさが、何とも言えず味があるわね。
台所でそんなやりとりをしていた頃、稽古場では草々の落語を清海が聴いていた。拍手している清海、褒められ、ちょっと照れる草々。
今度は「景清」が聴きたいと言う清海。うわ~。あくまで、付き合っていた頃を思い出させようとする算段、無意識なのか意識的なのか。
そんな清海の下心など知らない草々、景清はハメモノが入るから一人では出来ないと言う。
ふと三味線に目をやる清海、高校時代の三味線ライヴを思い出す。ま、まさか自分がやるとか言い出さないよねこの娘は。

でも草々の心が清海に無いのは直ぐに思い知らされる。喜代美が戻ってきたのだ。
ひぃぃぃ、喜代美を見た途端、肉じゃが女が内心で舌打ちしているよ。ああ恐ろしい。
喜代美に向かって「勝手にお邪魔してゴメンねぇ」なんて言ってるけど、言葉と表情が全然違うのがまた怖い。
景清のお囃子やってくれ、と草々に言われ「えええ」と言う喜代美。二人の会話に夫婦の空気が流れている事を思い知らされる清海。
更に、指慣らしさせて下さい、と三味線を弾く喜代美の演奏に、目を見開く清海。

もしかして清海は認めたくないのかもしれないけど、あの頃とはもう違うんだよ。
自分の居場所を見つけようと来たのかもしれないけど、もはや此処は清海の居場所じゃない。
喜代美と草々の間で、居心地悪そうな清海の姿が可哀想だった。喜代美は自分の居場所を自分で見つけたが、今の清海は、未だ見つけられない。

だが二人は気付かないんだよね・・・。まぁ仕方ないか、草々と喜代美だもん。
清海を夕食に誘う二人、遠慮する清海だけど「小草若も喜ぶやろ」と言われ、結局一緒に夕食の席についた。
兄弟子達も揃って賑やかな席、咲が出前のお造りを持ってきた。
清海を見て、何かを気付いたかの様な咲。えええ?ちょっと待った咲さん、何か知ってるんだろうか?それとも培った女の勘?清海のネガティブなオーラ、咲には見えるんだろう。
そして徒然亭に掛かった一本の電話、受けた喜代美が勇助を見る。目を逸らす勇助。
電話の主は木曽山家の人?

「ちりとてちん」が今日(2/22)でクランクアップしたニュースをやっていた。映像では青木君、和久井さん、そして貫地谷さん。
喜代美を演じきり、涙を流す貫地谷さん。青木君が貫地谷さんに接する姿がほんの一瞬、草々と重なって見えたわ。
放送は3/29迄。遂に残り1ヶ月かぁ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。


テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。