上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「嘘つきは辛抱の始まり」#117】

弟子を取れ、取らないで言い争う草々と小草若。この二人は結局ケンカになってしまうんだよなぁ・・・。見かねた喜代美に制止され収まるが・・・。
草々には草々の思いが有って、小草若には小草若なりの思いがあるのだろう。上手くかみ合わないとぶつかってしまうんだけど、その根っこにそこまで差異があるとは思えないんだよねぇ。
草若が病院に担ぎ込まれ、今日明日の命と知り、草々と小草若は二人で抱き合って泣いていたし。

四草の処に居候して、バイトしながらでも落語家を続けると言う小草若。今の自分の力では誰よりも不足している事を、小草若自身が一番解っている。だから少しでも実力を伸ばす為に、自分を鍛えようとする小草若。
草若の名前を継ぐのはお前や、と草々に言われ、戸惑いつつも「うん」と言う小草若。
相当プレッシャーが大きい、そう思ってる小草若の心の中を、草々が気付いているかどうか。
「俺等が(此処を)守っておく。」と言う草々に、ちょっと遠慮がちに「家賃は払うてな。」と言う小草若にはちょっと笑った。でも家賃収入は大事だよね。

小浜の病院で静を看病する清海。娘にばかり負担を掛けている事を詫びる静。もう何年も入院したままの状態の静だけど、あまり良くないのだろうか。
平気そうに振舞う清海だけど、こっちも小草若同様、内心では複雑な思いを抱えたままの状態に見える。根がいい子なだけに、爆発した時が怖そうだ。
跡を継ぐ事を周囲から暗に言われているかの様な清海、そして草若の跡継ぎはお前だと、誰からも言われ、プレッシャーが掛かっている小草若。
今の二人は、何処か似たような境遇なのかもしれない。

晩御飯の席で並んで座る草々と喜代美。向かい側には今迄草若が居た。
改めて草若がこの世には居ないと認識させられてしまう二人。
だから喜代美は、そんな雰囲気を変える為にも、草々に上座に座るように勧めたのかもしれない。
でも、恐れ多くてどうしても座れない、と葛藤する草々。ちょっと判るぞソレ。尊敬する草若の後釜だなんて・・・草々にはそれくらい重みのある席なんだろう。喜代美よりもずっと子供の頃から、草若の子供だったからね草々は。

結局弟子志願の男、木曽山勇助と会う事にした草々。朝からそわそわする青木夫妻、何故か下座でくつろぐ小草若。
そんな小草若に「主なら上座に座れ!」と怒る草々。でも小草若は、そういうのが駄目なんだろうな。
荷が重いのに今は耐えられないとしか見えない。下座で気楽に居たい。
ケンカする二人を尻目に、しれっと上座に座る四草には笑った。それも計算ずくなんだろうけど。四草はそういうキャラなんだよね。
木曽山君を面接する徒然亭の兄弟子達。この場合は若狭も「姉弟子」って言うのかな。褒めちぎる勇助の言葉に、すっかりハートを鷲掴みにされる兄さん姉さんだけど、どれだけトラブルメーカーなのか、全く想像つかないわ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。