上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「立つ鳥あとを笑わす」#110】

若狭との二人会で、地獄八景を演じるつもりだった草若。だけど今の状態では無理だ。
だから4人の兄弟子達に、自分の代わりに地獄八景を演じてくれるようにと頼む。
病室で稽古をつける草若。四草、小草若にアドバイスをする草若だけど、草々は褒められている。一緒に聴いていた看護師も小さく拍手してるよ。
だが草々は褒められているのが我慢出来ないのか、自分の目標を更に高い処に置いているのか。
「ええなぁ~」と褒められるよりも、色んな処を指摘されたいんだな草々。でも昔の草々ならともかく、今の草々は師匠の目から見ても、技術力が上がってるんだよ。だから褒めてるんじゃないのかな。
喜代美が後ろで一生懸命口パクで一緒にやってるのが、熱心というかカワイイと言うか・・・しかし今のアナタがやるべき事は、他にあるのでは???
草原の稽古でも後ろで口パクしてたけど、草若に「何か飲む物が欲しい。」と、上手くかわされたな。

しかし、草々が家で一生懸命稽古してるのに、邪魔するかの様に大きな声で「ええなぁ~兄さん等は~」なんて言うのはどうかと思うんだけどな。
自分が師匠との付き合いが一番短い・・・って、またかよ喜代美。どんだけ卑屈なんやろ。
付き合いの長短とかいう見方しかしていない処が情けないわ。言ってる事が未だに子供やないの喜代美は~。
草々も以前は子供だったけど、最近じゃすっかりいい感じに大人だ。子供並に拗ねてる喜代美に「お前だって小さい頃に出会ってるやないか」と喜代美を諭している。
嗚呼、草々ってばいつの間にこんなに成長したんだろ。

草々に言われて、自分が師匠の落語に出合った頃、草々が何をしていたか聞き返す喜代美。でも草々はその三年前に師匠の落語を聞いている。
それを知って落ち込む喜代美。すまん、マジでこういう処鬱陶しいわ。
早い遅いで一喜一憂してるけど、どうでもいい事を重要視するのが頂けないわね。やっぱり今でも、自分からビーコを無意識に選ぼうとしてるもん。

小浜に転校した時の事を思い出す喜代美。草々もエーコとビーコのエピソードは知らなかったから、その名前の由来と、自分からビーコを選んだ喜代美には少々呆れ気味。
自分で選んでおいて「エーコの裏側のビーコ」って思い込んで・・・小さい頃から進んで日陰を選んでいた喜代美。それを後悔しつつグズグズ言うても、そりゃ知らんわな。

でも、そんな風に落ち込む喜代美に「そうやって落ち込んでいたから、すーっと落語が入って来た。だからこそ落語に出会えたんや。」なんて見方をする草々の成長っぷりに涙したよ。
随分と立派になったね草々。本当に感心してしまう。喜代美も少し見習おうよ。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。