上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「地獄の沙汰もネタ次第」#109】

和田家の人々は本当にニギヤカだ。喜代美見てると、ホントにいい家族に恵まれたな~って思う。
ちょっと怖いお父ちゃん、誰が見てもオモロイお母ちゃん、脳天気でお気楽な明るい叔父ちゃん、冷静かと思いきや、叔父ちゃんそっくりと化した弟・・・。
これだけ楽しい家族に囲まれてる喜代美って幸せ者だ。お金には不自由してるかもしれないけど、血の通った温もりのある家庭が、今の喜代美を育んだ。
それが自分にとっての財産なんだけど、今の喜代美は気付いてるかな。
家族の出来事を話す喜代美、それを面白そうに聞いている草若。喜代美は気付いてないけど、その生き様自体が既に落語みたいなんだから、そこからネタをひねり出せばいいのだけどな。
自分ではつまらないと思っていても、他人から見れば面白い。
それって、言われないとわかんないよね~。だって自分じゃ「つまんない」って思い込んでるんだから。
師匠に言われた事で、喜代美開眼した??
小次郎の宝くじネタをミックスして、即興で作ったのかな。草若の前で創作落語を披露する喜代美の姿は、本当に自然体でハマっている。
古典で男を演じるより、うそ臭くなくていいじゃないのさ。

師匠が一日だけ戻ってきた。外泊許可を貰ったのは、弟子達に稽古をつけるためだ。
地獄八景亡者戯を五人の弟子達に聴かせる為に、稽古場に帰ってきた草若。
師匠の真剣な表情、弟子達の神妙な面持ち。辛いんだけど、ピンと張り詰めた様な緊張感に、観てる方も背筋が真っ直ぐ伸びた様な感覚になってしまった。
これが実質最後だなんて・・・ナレは哀しい内容だったよ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。