上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「地獄の沙汰もネタ次第」#107】

言葉にならない衝撃だった。あと僅かしか時間が無いと言う糸子の言葉。
喜代美の頭の中は真っ白になる。

草若が倒れた事を知らされる、小草若の呆然とした表情。
医師から草若の病状を聞かされ、顔面蒼白の弟子達。
病院からの帰り道、菊江さんの店で涙を零す小草若。震える手で九官鳥の平兵衛に水をあげようとして、その器を取り落としてしまう四草。
これから出番を控え、表情を必死で作ろうとする草原。一生懸命に笑おうとしているのに、哀しみがこみ上げて来て・・・そんな草原観てたら泣けた。
そして内弟子部屋では、気力を失ったかの様な草々と喜代美。

それぞれが、草若がいずれ死ぬという現実を前にする姿に涙した。ホント、観ていてキツイです・・・。
更に泣けたのが、大阪にやって来た小梅さん。糸子の様子が変な事に気付いたんだろうな。その表情がとても温かいから、観ていると涙が溢れて止まらなくなった。

病室で「ヒトシ、すまんなぁ。」と弱弱しい声で小草若に詫びる草若に泣いた。
喜代美が泣きながら「大事な人が遠くに行ってしまうのはイヤです。」と言う姿に、「俺が先に死ぬのがかなわん言うのやったら、お前が先に死ぬしかないやないか~」と言う師匠に涙しつつも、やっぱ人を笑わせるプロだなぁ、なんて思ってしまった。
人はいずれ死ぬ。頭では解っていても、喜代美みたいな気持ちになってしまうのは判る。自分にとって大切な人、家族同然の人がこの世から居なくなる・・・それを想像するのが怖い。
正太郎の死に辛い思いをした喜代美。人の死に触れたのは、恐らくあの時が初めてだっただろう。その哀しい思いを二度としたくない。
でも、人はいつかは別れが来るんだよね・・・今日の師匠の言葉、噛み締める様にして聞いていた。

お前の落語で、俺を笑わせてくれ。
死ぬその時まで、周囲の哀しい顔なんて見たくない。草若の心の中は、そんな気持ちなんだろうか。
師匠の言葉に、喜代美がやる気を出した。
「やってみます。」と言う喜代美。どうか笑わせてください。精一杯に。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。