上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日が第2話。
59歳の新人教師高林。でも生徒と接する姿を見てると、とても新人とは思えない。
技能が卓越した集団の世界とは言え、人を育てる経験を積んでるからだろうか。いつの間にか自然体で、生徒の中に入っていける先生だ。

そんな風に馴染んでしまう高林先生に比べ、時任先生は何処かギクシャクしている。
剣道部を強くする為に乞われてきた先生。だけど自分の不注意で、練習中のケガを隠していた生徒に激しい稽古を付け、更に悪化させてしまう。

自信を失くしていく時任先生。そんな時任先生に、さりげなく気を配る校長先生の目が穏やかだ。
脇役の演技も目が離せない。
天童先生はいつも厳格。でもこんな雰囲気の先生って(今はどうだか知らないけど)自分の学生時代には必ず居た。其処がまた妙にリアル。

時任先生に剣道の稽古をつけてもらう高林先生。それは、顧問を外れようとする時任先生に、自分が剣道部を見るから、先ず剣道を知るために教えてくれ、というものだ。

時任先生がりりしくて、つい見とれてしまった。なんだか随分とかっこいい雰囲気だよ。
高林先生との打ち合い、生徒である田辺が宝物にしている言葉・・・様々な事が、逃げそうになっていた時任先生に自信を取り戻すキッカケとなった。
話の最後は見事に纏め上げている。観てると1時間があっと言う間に終わる。やっぱり今日も引き込まれてしまったよ。面白いわ、このドラマ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。