上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「子はタフガイ」#95】

冒頭から喜代美の得意げな表情。あれ?何でこんなに自信満々な表情なんだろう。おかしい。
と思っていたら妄想だった(笑)やられた。
実際はクラスメート達の前で少し強張っている状態だよ。それを見る順子の表情が、やれやれという感じでありつつも暖かい。
今日は初めて親友に聞かせる落語だもんね。上手く行くといいね~。
で、順子は喜代美に何を言いかけていたんだろう。昨日の正平の事かな。

出合ったばかりの頃を思い出す糸子と正典。季節は春。
20歳の糸子さん。和久井さんのリアル20歳位って、海苔屋のOL演じてた頃ではないのかな。あの頃とあんまし印象変わらんわ。
糸子が暴走する処は今も昔も相変わらずだ。正典、何も言ってないのに"言った"って(笑)。でもカワイイから全て許す(笑)。
小さな雑貨屋さん。あの時代は普通の雑貨屋さんかなって気もするけど、今の時代にあんな感じだったら、此処はレトロポップな店だなって気がする。
こういう雰囲気の雑貨屋さんって好きだ。路地裏とかでひっそり営業してるのを見つけたりしたら、宝物を発見した様な気になるかもしれない。
店内に和の小物とか、チープな感じのアクセとか綺麗に並んでると、つい長居しそうになる。

素朴な疑問だけど、鯖江と小浜って結構離れているんじゃないのかな。土地勘無いのでイマイチ判らないからググッてみたけど、列車で2時間位?
でも正典の雰囲気が、ちょっと散歩に・・・って感じだ。

正典の一人称が"僕"だよ。さすがに"ワシ"ではないのか~若いなぁ。
でも店の外のベンチで、ところてん?を食べてる時は"ワシ"になってた。あれ、いつの間に・・・慣れたからかな?
1970年代初め頃の風景。ほのかに色がついたセピア色の思い出。なんだか二人とも初々しくていい感じ。
糸子に向かって、蕎麦を四角く伸ばせないクセに~と笑う糸子母。ああ、ここからなんだ元は。糸子だって最初は蕎麦打ち下手だった。娘時代の糸子と母とのやりとり見てたら、喜代美に教えてる時の事を思い出してしまった。

開演寸前に、五木ひろしから電話が。ちょっと遅れるから高座延ばしておいて下さい・・・と言われ、喜代美パニック。
草々に伝えようとあたふたするが、伝える事が出来ずに開演してしまった。喜代美、絶体絶命。
このピンチをどうやって乗り切るのか、そして糸子と正典の過去は、更にどんな風に描かれているのか・・・明日、明後日がホントに楽しみになってきた。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。