上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「人のふり見て我が塗り直せ」#87】
深刻な表情で現れた喜代美。おろした髪が大人っぽい。ポニーテールばかり観てたから、何か新鮮。ずっとこうしていたらいいのに。演技の邪魔なのかな??
今迄の事を草々に詫び、バッグの中から婚姻届を出す喜代美。
大阪に帰って一緒に出しに行こう。そう懇願する喜代美に草々が言う。
自分もイライラして悪かった。だが今帰る訳にはいかない。喜代美の事をもっと理解したくて小浜に来た。

「もしオマエが、俺の思うてるような女やなかったら、そん時は・・・別れる。」
喜代美呆然。「えぇ?そんなぁ・・・捨てんといて下さいぃ~。」と、草々の腕にすがる喜代美。
「私、草々兄さんが居らんかったら生きていけません!」って言う喜代美。
なんだか、演歌の歌詞みたいなセリフだよ喜代美。草々も意外だったんだろうな~。
「そんな事言う女やったんか。初めて知った。」と言う草々。それを聞いて慌てる喜代美。
気持ちは解る。湿っぽい女と思われて、余計嫌われたらイヤだ~っ、って思ったんだよね喜代美は。
でも草々の場合、言葉に裏の意味が無い。額面通りに受け取って大丈夫そうだ(笑)
単純に、喜代美の「捨てないで~」に意外性を感じただけなんだろう。ウラが無いだけに紛らわしい男だよ草々。

表の騒々しさに正典が出てきた。正典に窮状を訴える喜代美。
ああっ、そんな処で身内の特権を使おうと目論んでるな喜代美。義父に「娘を泣かすな」と説教されたら、草々も言う事聞くって思ったやろ?
妄想で勝利を噛み締めているが、現実では逆に説教されてしまう喜代美。
「あんまり一君を困らしたらアカンど。」
は?ハジメ君?何でおとーちゃんがハジメ君って・・・え?何?草々兄さんの、正典の言葉に同調する様な表情(笑)一体二人の間に何が有ったのよ???
って気分か喜代美の心中は。

肩を組み立ち去る正典と草々。残された喜代美はポカ~ン。
おか~ちゃんは?と正平に訊く喜代美。

魚屋食堂に現れた喜代美に説教される糸子。「エエ年して夫婦喧嘩なんてしとんねん?」と言うが、アッサリと糸子に逆襲される。
まぁ、喜代美も夫婦喧嘩しているから、説得力の無い言葉ではあるが。
糸子の言葉を聞いた松江、目が輝く。
「ナニナニ~?ビーコちゃんも早速夫婦喧嘩?」
松江、ビッグなネタに嬉しさ一杯だな(笑)「要らん事言いふらさんといて~」と糸子が慌てても、もう遅いわ(笑)。

家出しても家の事は気になる糸子。皆元気にしてるか?ご飯食べているか?喜代美と草々が居たら作り置きのカレー、すぐ無くなってしまうな~。また幸助が戻る頃を見計らって喧嘩しようか、と矢継ぎ早に言う糸子。
そんなあからさまに、松江が居る所で焼鯖ゲットの算段ですかい糸子さん(笑)。
やっぱり魚屋食堂の利益が心配になってきた・・・(笑)喧嘩の仲裁に焼鯖ばかり振舞っていたら、儲けが激減するんじゃなかろうか。
糸子さん、家出する為にわざわざカレー作って出てきたのね。先の事まで考えて家出するなんて・・・主婦の鑑(笑)。
でもさ、ぬか床はどうなったの?毎日かき混ぜないとダメになる、って以前言ってたけど、今ではもう無いのかな?
小梅さんから預かったぬか床とかでなければ、別にいいんだけど・・・(笑)

心配なら帰れば?と言う喜代美に「帰らん」とふくれっ面の糸子。そんな糸子に困り果て、順子に「何とか言って」と順子を探すが、その頃順子は・・・。

順子は海岸に居た。松の木にもたれ、波打ち際で戯れる親子連れを眺める順子。子供に視線が行くが・・・子供?子供が何故気になるのか順子。
そこへ友春がやってきた。
二人で会う約束でもしてるのかな。時間を決めて、此処で会おう・・・みたいな。
「またお父さんに怒られてしもうた。」と順子にボヤく友春。そんな友春を、そっと後ろから抱き締める順子。
向き直り、正面から順子を抱き締める友春。

白昼に抱擁する二人、松江さんや幸助さんの耳に入らないか、かなり心配になってきた・・・。
順子に自分の不安な気持ちを訴える友春。大勢の従業員の上に立って、会社経営する事なんて出来ない。
そんな友春を順子が一喝する。「情けない事言わんといて。」
アンタのお父さんは跡を継いでもらいたくて、アンタみたいなアホに一生懸命仕事教えてきたんやろ?、と言う順子。
「アホ言うな」と友春が言うが・・・。愛すべき"アホ"なんよね、順子の場合は。この子の言葉は額面通り受け取ってはいけない(笑)。草々とは違うからさ。
親の気持ちも考えられない人間、私はキライ、と言う順子に「俺の事キライなんか?」と戸惑う友春。
だからウラの意味なんよ順子の場合は(笑)。友春には理解しづらいだろうな。
そんなメンドくさい表現すな~って思ってるかもしれん。

「頑張り!立派な後継ぎになり!」本心で言う順子。嬉しそうな友春。この二人は美男美女やな~。

友春さん、と名前を呼ぶ順子。何か言いたそうなんだけど、躊躇している様にも見える。でもアホぼんは・・・気付かないよな。順子、何か言い足りない感じがするんだけど!?
友春が順子を呼ぶ時、今迄は「魚屋」だったけど、もう「順子」って呼んでるね。

和田家の工房で箸を磨ぐ草々。見守る正典。筋がいいな、弟子になるか?と正典に言われ慌てる草々。
「俺には落語があるんで、申し訳ありません。」と謝る草々に、正典が笑顔で「本気にしなんな」と言う正典。
でも、箸を磨ぐ事で、落語に対する思いが深まったのかな。以前正太郎が言っていた言葉が甦る正典。磨いだ箸に現れる模様、稽古を積み重ねた落語・・・共通点を見出し、また新たな落語に対する思いを噛み締める草々。
草々、小浜で色んな発見をしてるんだ。家出して良かったんじゃないかな、草々にとっては。喜代美は穏やかじゃないだろうけどさ。

そんな草々に、正典は自分の不安な思いを話す。近すぎる相手には本心を言えなくても、ほどほど近い関係(義理の息子)草々。男同士、伝統芸能を継ぐ者同士、心が通じやすい処もあるのだろう。
糸子の前では強気でも、本当は不安で仕方ない。父親みたいな職人の域に達する事が出来るのか。
でも今更、兄弟子である秀臣に頭を下げるのは、どうしても出来ない・・・。

お父ちゃんにとっても、誰かに本心を話す事が出来て、良かったんじゃないのかな。やっぱ草々、家出した事がいい方に作用してるのかもしれんな。喜代美には申し訳ないけどな。塗箸を教わっていた頃の秀臣と、今の秀臣は何か大きな変化があるのかな。
「何であんなに変わってしもうたんやろ・・・」と言う正典。変わらざるを得ない理由があるんだろうか、秀臣には。

正平は草々に尋ねる。喜代美と本当に別れるつもるりなのか?と訊く正平に、思う通りの女性でなかったら。と言う草々。でもそれは、別れる為の理由付けを探しているのではなく、やっぱり思ったとおりの女性だった、と言う理由を見つける為だった。
草々にとっては否定でなく肯定、前向きの理由探し。でも草々の言い方じゃなぁ・・・(笑)
意味は一緒でも、紛らわしいよ。だから正平も確認したんだろうけど。
「なんで?」と聞き返す草々に、苦笑いする正平。子供みたいな大人の扱いには苦労が耐えないね。

今日は糸子の作ったカレーで晩御飯。草々の前でいい所を見せようと張り切る喜代美。
でも福神漬の容器の中が空っぽ。正典にはスカタンと呼ばれてしまう。
草々の視線に慌てて弁明する喜代美。狼狽しまくりの喜代美が、ちょっと気の毒になってしまうが、やっぱり笑える。このどんくささが憎めなくて、カワイイんだけどな。
そんな喜代美に助け舟を出す正平。本当に、正平には気が休まる暇がなさそうだ。
明日、草々を小浜の街へ案内してはどうか?と提案する。その案に興味を示した草々。
「オマエの育った街をよく観てみたい。」と言う草々に、喜代美にとっての挽回のチャンス到来だ。
笑顔で「世話が焼けるなぁ」とボヤく正平。キャラの中で一番大人なのは正平君だもんね(笑)

やっぱり恐竜ヲタとしては化石発見の場所に行きたい。草々は喜代美に場所を聞く。
地図を開き、喜代美の顔を見ながら「行きたないか?」と尋ねる草々。
え?草々が、喜代美に気を遣っている~。これはもしかして初めて?喜代美の心中を察しようと草々なりに考えたのか。進化したんだな草々。
辛い思い出の場所なら止めておこうか、と言う草々。でも喜代美は、そんな草々に「化石の苦い思い出だって、私の生きてきた道に変わりはない。」と言う。
喜代美もホント、以前に比べたら大人になったなぁ。草原兄さんが感慨に浸るのもわかるよ。
そんな喜代美の言葉に笑顔いっぱいの草々。「勝山行こう!行こう行こう!」って子供の様にハシャぐ草々。笑顔になる喜代美。こんな時の草々はかわいい子供だ(笑)図体はデカイけどな。嗚呼、やっぱ恐竜と被ってしまうよ。

翌朝、山登りの格好で出掛けようとする二人。その時、順子が現れた。
「何処か行くん?」と訊く順子に「うん。」頷く喜代美。こういう時、空気読みすぎる順子の性格なら何も言わない。言えないのが哀しい。
「ほしたらエエわ」と、店から立ち去る順子。
喜代美の中には疑問が湧いたかの様な表情だ。草々はもうすっかり、化石の山へGO!と言わんばかりの勢いだが。
店の外に出た喜代美、順子の後姿が気になる。
トボトボと歩く順子。今まではいつも喜代美が順子に泣きついてばかりだった。その順子が朝早くから、わざわざ自分に会いに来た。
何かおかしい。何の為に順子は来たのか。
喜代美のカンが働いたか?「ごめんなさい。やっぱり今日は止めとく。」そういい残し、順子に向かって駆け出す喜代美。
訳がわからない草々。「おい、若狭~!」と叫ぶ草々。

今日の見所って言葉と表情かな。キャラによって、言ってる事通りの意味を持つ言葉と、裏側の意味を持つ言葉を発してる。深い意味の無い言葉でも、表情に深い意味が込められていたりする。
ホント、"ながら見"が出来ない朝ドラだ。

スタパで五木ひろしサンが出てた。今週の出演シーンをチラ見せしてくれたけど、ほんの少しだったのにすごく笑える(笑)。五木ひろしを見た瞬間の、和田家の人々のリアクションがとにかく楽しい。本放送が楽しみだよ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。