上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍師について書かれた本ってあるのかな~と思いつつ、本屋で探して見つけたのがこの本。
戦国参謀 頭の使い方―日本の歴史を変えた軍師列伝 (知的生きかた文庫)

歴史の授業は学生時代の頃から好きで、特に日本史、時代は室町~安土桃山、江戸辺りの授業は真剣に聴いていた。そんな大昔(笑)を思い出しつつ、昨年の大河ドラマ「風林火山」の影響もあってか、軍師について色々と読んでみたくなった。

この本で取り上げられているのは武田家軍師・山本勘助、今川家軍師・雪斎や、もうひとりの武田家軍師・駒井。
そして伊達家軍師・片倉小十郎。これは「独眼竜政宗」でも政宗の名参謀として描かれていたキャラなので記憶にある。
来年の大河ドラマ「天地人」での主役、上杉家の家臣・直江兼続など、ドラマ好きにも興味深い人物が沢山描かれている。
風林火山の最終回で政虎が"首実検"という言葉を発していたけど、放送時は意味は何となく解りつつも、細かい部分は全然知らなかった。
だがこの本の、首実検について書かれていた内容に、「ああそうか~成程ね」と、僅かだが知識が増えた。
九州の戦国時代は殆ど記憶が無いのだけど、読んでいると、九州の大名にもこれだけ色々な事が有ったのか、と知ることが出来て面白かった。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。