上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「時は鐘なり」#74】
若狭の高座も無事に終え、次は四草。
いきなり中国語で挨拶。戸惑う客席を尻目に「今日は中国語で、崇徳院と言う話をやらせて頂きたいと思います。」と言う四草。
客席騒然、だが四草は顔色ひとつ変えず、マイクに顔を近づけ、上目遣いで観客を見ながら一言。

「嘘やっちゅうねん。」

うは~やられた。これには朝から騙された(笑)。中国語版の落語を聴いてみたいとは思ったけど、それはTVだからであって、ナマで聞く現場ならサッパリ判らんよねぇ。
そして「嘘やっちゅうねん」と、観客を相手にしても"しれ~っ"としてる四草に笑った。

小草若が「鴻池の犬」をやると聞いてザワつく客席。それにすかさずツッコミを入れる小草若。
「何ビックリしてはりまんねん、寿限無だけやと思うたら大間違いでっせ~」と客を笑わせる。枕の話し方の流暢さを見てると、本物の落語家に見えてしまう。本職は狂言師、伝統芸能の世界は共通性が有るのでしょうか。
枕の流暢さは何処へやら、下手に演じる「鴻池の犬」だったけど、フツーにやったらかなり上手いだろうなと思えた小草若兄さんでした。

小草若の落語を聴きながら、涙で顔がグシャグシャの草々。草々は言い方はキツイし偉そうに言ってばかりで、すぐに小草若と喧嘩になっていた。けど、一番近い"兄弟"だから、草若師匠の実の息子だったから、それだけ気になる存在だった。
そんな小草若が「寿限無」以外の落語を、下手ながらも一生懸命に話している。弟の奮闘振りを見て、色々とこみ上げる思いがあるからこそ大泣きしていたのかもしれない。

草々の出番が近づく。
座布団が取り替えられるのを見て、はっとする喜代美。自分が繕ったけど、草々に渡しそびれたあの座布団が其処にある。草々の背中を見る喜代美。
ヒグラシの紋が入った羽織の背中が、出番に向け気持ちを集中させる。
ピーンと張り詰めた様な空気に包まれ、高座に向かう草々の背中を、小草若がポンッと叩いて気合を入れる。
おお、これは何ていいシーンなんだ。目から汗が出てくるよ。さっき泣いてた草々、背中叩く小草若。喧嘩ばかりの関係から、変化してきたって事なのかな。

草々の演目は辻占茶屋。六年前、師匠の穴埋めをしようと試みた時は失敗したけど、今日は違う。
堂々と話している草々。陰で心配そうに草々を見守る、柳眉と尊建。尊建が拳をぎゅっと握りしめ、口を一文字にして見守る。柳眉は兄の様な眼差しで草々の高座を見守る。
ライバル二人の、それぞれの思いが垣間見える。

中入り。楽屋でお茶を入れる喜代美に草々が言う。
「待ち針刺さってたぞ!」と言う草々に、狼狽する喜代美。
すいませんと謝る喜代美に「ウソや」と笑顔の草々が礼を言う。「ありがとう。」

その言葉に、喜代美の顔が笑顔になる。貫地谷さんの満面の笑み、この表情って愛嬌あって好きなんですよねぇ。

中入り後、草原の演目は「蛸芝居」だ。思う存分演じる草原に客席は大笑い、緑は夫の姿に目を潤ませつつ、笑顔で小さく何度も頷き、拍手を送る。
これは泣けた。サラリーマン時代、暗い顔をしていた草原が今、大好きな落語を演じ客席を沸かせている。何度も映る緑さんの表情が、本当に嬉しそう。そんな姿を見ていたら、またも目から汗が出そうになった。今週は面白いぞ「ちりとてちん」。

最後は草若。袖で見守る草若のライバル、柳宝と尊徳。
草若の枕は6年前の志保の件だった。当時、一門会をすっぽかした事を詫びる草若。
話の内容にしんみりする客席、鞍馬の眉がピクリと動く。
枕が深刻なネタで、客が笑っていないからだろうか。でも草若の枕は其処では終わらない。
余命三ヶ月と聞かされビックリ、一刻も早く嫁さんにパンツの置き場所を聞かなあかん、通帳、印鑑・・・へそくりが有るなら、その場所も・・・という内容で客を笑わせ、「愛宕山」を話しはじめる。
一門会は大成功、拍手の嵐の中、5人の弟子達と草若師匠が深々と頭を下げる。
幕が下りて袖に下がると、其処には鞍馬が居た。

鞍馬が草若に向かって、黙って頷く姿にジーンと来た。この人ってホント、口は悪いが、徒然亭一門の事は気にかけてはいたんだな。
ものすごく判り辛い、年季の入ったツンデレなんだよね鞍馬会長(笑)

寝床での打ち上げ。ご馳走が並んでるよ~。鶏の丸焼きもあるよ~(笑)クリスマスらしい演出だ。
そんな席で、糸子が草若に年季明けを迫る。正典が「コレで明けなければ、師匠に闇討ち仕掛ける」と言った事まで暴露する糸子。
当然、大慌てな正典(笑)まぁ、勢いで言ったジョークなんだよね。嫁さんだけに聞かせたつもりだったんだろうけど、糸子さんがそんな面白い事、黙ってる訳ないじゃ~ん☆

「恐ろしい家族やな~」と笑う磯七。草若は「闇討ちされたらかなわんな~年季明けや。」と喜代美に言う。
喜代美愕然。待ちに待った年季明けなのに、勢いで明けてしまった。もっと感動的な気分を味わいたかったつもりなのか。
なし崩し的に明けてしまった年季に、グズグズ言う喜代美。複雑な表情の喜代美を他所に、周囲は盛り上がる。
奈っちゃん、決定的瞬間やっ、と小次郎が奈津子を急かす。
その言葉に、草若に向かって、再度年季明け宣言をリクエストする奈津子。草若もノリノリ(笑)
アクション付きで「年季明けやっ!」と楽しそう。

大晦日、除夜の鐘が鳴り終わったら年季明け、と改めて草若が言う。その言葉に糸子が「大晦日は喜代美の誕生日」と言いだす。
えええ、そうなの?知らなかったよ。じゃもうすぐ22歳か。

大晦日が誕生日なんて、ひとつもええ事無かった・・・とグチる喜代美。あっこれは、この空気感は、あわれの田中と対決した時の喜代美みたいだ。
夏休みとか冬休みとかに誕生日あると、学校の友達に祝って貰えないよね~。正月近くの誕生日なんて、プレゼントとお年玉が一緒だったり、クリスマスが近ければ、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントが一緒だったり。クリスマスケーキが誕生日ケーキだったりね。
子供の頃って、こういう些細な処が気になるんだよな。大人の目で見れば、一回で済ませたい処なんだけど(笑)

喜代美の話を受けて、糸子が話を始める。
大晦日の晩、すでに陣痛は始まっていたんだけど紅白を見ていたという糸子。大好きな五木ひろしの出番まで堪えていたけど、「ふるさと」の途中で生まれそうになった。
あ、アカン、産まれるう~と分娩室に運ばれる糸子の耳に、五木ひろしの歌声が響く。

子供が産まれるまでの出来事が、やっぱり糸子さんらしくて笑った。でもその後の糸子さんの話は、すごく印象に残った。

喜代美が生まれてきたお陰で、正典と糸子はようやく本当の家族になれた。二人の故郷が出来た。二人の血を受け継いだ喜代美は、正典と糸子の心の拠りどころ、ふるさとだと言う事なんだろう。
生まれた場所だけじゃない、自分で作っていくものでもある・・・って言う糸子さん、ステキだ。
磯七さんも「えらいええ話、聞かせてもろうた。」って拍手してるし。と言うか、いつの間にか糸子が話題の中心になってる(笑)喜代美ったら、すっかり拗ねてるよん(笑)

と言いつつ、一門会も成功し、年季明けも約束され、繕った座布団は草々に使って貰えてサイコーな夜だと喜ぶ喜代美。だが草若の次の言葉に、一気に動揺する喜代美だった。
年季明けたら内弟子じゃないから、部屋を出ていかなければならない。しかも動揺するのは喜代美だけでなく、草々もだった。
さっきまでの笑顔が消えた、草々の心中や如何に。

草原のトナカイ姿、小草若のサンタ姿に笑った。進んで着てるのか、賭けでもやって負けたのか。でも体格だけで言えば、草原がサンタの方が似合いそう。トナカイは四草でもいいじゃん。
普段クールに澄ましてる人の被り物姿、見てみたいなぁ。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとすごく喜びます

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。