上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「一難去ってまた一男」#70】
小草若の部屋が出てきたのって初めてか。意外と片付いている様に見えるけど、ちょっと微妙。
インテリアはいかにも"男の一人暮らし"って感じで、黒×メタリックな印象だ。等身大POPは「なにわ情報局」の宣伝広告用に作られたものかな。部屋中に貼られた自分のポスターと、吊るされた沢山の衣装が、片付いてるけど何処か雑然としてる印象だ。
とりあえず服はクローゼットに仕舞おうよ~。それじゃ女の子もビックリだよ~。
でも奈津子の部屋の方が、もっとビックリするか(笑)

マンションを訪ねた草々を問い詰める小草若。何故、草々が殴った事になっているのか。「殴ったのは俺や。」と言う草々。小草若は訳がわからない。
小草若は「ええカッコ」なんて言ってたけど、草々はカッコつけてる訳じゃない。

そもそも草々って、他人の目はあまり気にしてない。他人の目を気にするような男なら、丈の合わないスーツなんか着やしないと思う。モッサモサの頭のままでいたりしないんじゃないか。スーツは「ずっと着ていたい」と思うから着てるのだろうし、モジャモジャ頭は願掛けだった。
尊建の件も「こうするのが最善」って直感的に思ったから、自分がやった、って言ったんだろう。

真実を伏せてまで、草若と小草若の絆が落語でより一層結ばれる事を願う。家族の居ない草々にとって、両親の愛に包まれて育った小草若は羨ましい存在。
草々の本心を理解した小草若の大きな瞳が潤む。どこへ行く、と言う小草若の問いに、これまた目を潤ませた草々が「オンナのとこや。」と虚勢を張る。
草々、本気で泣いてたよね?目が赤くなってたよ。演じていて、気持ちが本当に高ぶったんだろうな。
どこまでも意地っ張りの次男と三男。あんた達、ホントはお互い大好きなんやろ~?そう思ったら涙が出てきた。

草々が居なくなって気が抜けたような喜代美。掃除も進まず、縁側で物思いにふける喜代美の姿に、「大丈夫か」と声を掛ける草原。
草若や草々が居なかったら、落語の道を選ぶこともなかったもんね喜代美。特に草々の、落語に対する熱すぎるくらいの情熱を見てるから、炎の塊みたいな男がいきなり消えたら、火が消えた様な気分なのか。

何故小草若の代わりに罪を被ったのか判らない、と言う喜代美に、草原は、判らなくもないと言う。草々なら身代わりをやりそうだと。
16年前、草々と出会った頃の事を語りだす草原――――。

中学生時代の草々って、以前草々も言ってたけどフツーのサイズだ。でもなんか、大きな草々と雰囲気似ているわ。
座布団に頬擦りしたまま眠りこけてる姿が、初々しくてかわいいではないか(笑)
あの座布団は草若から譲ってもらったのか、と納得。その時の嬉しそうな笑顔が、実にカワイイ。武士のコスも似合いそうだよ(妄想ワールド突入中)。
しかし草々って、相当記憶力良かったのね。それが父親の作った座布団だと判ったのは何でだろう。何か特徴があるのかな。

草原の落語「鴻池の犬」をたった一度でほぼ暗記してしまう草々。本来は頭が良いのだろうね。以前、喜代美に「辻占茶屋」の下座やらせた時も、喜代美のミスに機転利かせて話をつないでたし。

草若に乞われて弟子となり、大阪に出てきた草々。家族が出来て嬉しかっただろう。特に志保さんの姿に、殆ど記憶の無い母親の温かさを感じる事が出来てね。
そして昔の小草若。こっちもまた、雰囲気良く出ている子だ。草々と同じくらいの背丈、ちょっと生意気そうな態度。草々と共に、いいキャスティングだと思った。

草々と小草若、出会った頃からそんな風だった、ってのを聞いた喜代美も、思わず笑ってしまう。
落語に一生懸命だったのも、そうしないと自分の居場所がなくなるから。そう思って必死だった草々、何であんな言い方をするのか、やっと理解出来た。
自分の気持ちを上手く言葉に出来ない。勿論お世辞とかも言えない。素直な気持ちの人間だけど、上手く言葉に表す事が出来ない。
だからあんな風に、上から目線の暑苦しい言い方をするのかもしれない、って気がしてきた。草々本人には、偉そうなモノ言いの自覚なんかは無くて、ただ必死に訴えてるんだろうね。

草々のスーツ、あれは初高座祝いとして、志保に買ってもらったものだった。母親代わりの志保さんに買ってもらったスーツだから、丈が合わなくなった今でも、大事に着続ける草々。まったく、どこまでまっすぐな奴なんだろう。名は体を表す、って言うけど、一(はじめ)という名の通り。ちなみにステラに書いてあった・・・青木一ってね。風林火山目当てで買ったステラだから"ちりとてちん"のネタバレ、読まないつもりだったのに~。

尊徳に謝る草若のシーンがあったけど、一緒に柳宝も居るから、殴った理由は尊徳も判ったんよね。
よく判らないんだけど、弟子が礼儀を欠いた発言したのを知った上でも尚、そういう態度ってアリなんだろうか。なんだか、尊徳の器の小ささばかりが強調されていて、すごくイタイ人に見えるんだけど。
確かに、弟子が怪我して高座に上がれないのは悔しいし、怒る気持ちも判るんだけどね・・・。
芸さえ出来れば礼儀知らずでもOKなのだろうか??

草々の部屋、片付けられた荷物の中に、愛用のスーツを見つける喜代美。思わず胸に抱く喜代美。
草々を実感したかったんだろうか。
ガタガタと物音がする。「草々兄さん・・・?」の声が期待で大きい喜代美。
なのに、そこへ現れたのは小草若。「小草若兄さん・・・。」一気にトーンダウンする喜代美。
すまん、その落胆っぷりの激しさに笑ってしまった。ところで何しに来たんだろ小草若、と思ったら・・・。
「喜代美ちゃん・・・。」思わず抱き締める小草若。
いや、それより先にすることあるんじゃないの小草若よ。喜代美は驚いた表情で、固まっているよ・・・。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとすごく喜びます

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。