上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「一難去ってまた一男」#67】
2年前は高座で固まり、周囲をハラハラさせていた若狭(喜代美)。今ではすっかり話し方にも余裕が出ている。
寝床寄席、徒然亭一門会も大人気。ほぉ、今では5日連続公演なんて事やってるんだ。
年季明けは今年一杯、と思い込んでいた若狭に、それを決めるのは師匠だから、師匠がエエと言うまでは明けないと言う草原。
その言葉に驚く若狭。更に四草が追い討ちを掛ける。

「ま、お前の場合は10年掛かっても明けへんやろな。」
も~四草兄さんったら相変わらずですな(笑)若狭すっかり萎れてますぜっ。

今日は2年間の間にどんな変化が有ったかをダイジェストで説明。小浜では、正典の箸は相変わらず、糸子は魚屋食堂でパートを始め、正平は地元の大学に進学。
小梅はスペインに行ったまま、時折手紙をよこす。小次郎は奈津子の処に居候。完全ヒモ生活かと思っていたら、ちゃんと稼いでいるらしい。
お互いを「小次郎」「奈っちゃん」と呼び合う仲で、傍目から見ても結構仲良し♪
それでええのか~と思う喜代美だけど、それでいいんだよ。本人達は満足してるし、何より仲がいいではないか(笑)

5日連続公演の打ち上げはやっぱり寝床。皆が盛り上がってる中で、一人呑んだくれる小草若。
レギュラー番組がまたも減ったのだ。それを四草に言われ、周囲は驚く。
ヤサグレてる小草若のビールを取り上げ、精進せぇと怒鳴る草々。それを煩そうに見る小草若。
小草若が2年掛かって増えたレパートリーは2席、若狭でさえ5席出来るのに、何年落語やってるんだと言う草々。

あああ、アタシ駄目だわ。他人と比較して説教する手法って大嫌い。説教自体は悪いとは思わないけど、比べて怒られるのって、どれだけ自尊心傷つけられるんだろう。
「15年もやって、若狭ごときに負けてどないすんねん。」って・・・。若狭本人が聞いてるのに、比較対象として持ち出すのねアナタは。
草々ってストレートで陰日向の無いヤツだって判ってるんだけど、こういう風に言う処はやっぱどうしても好きになれん。
だから言われた方の小草若だって、当然面白くない。草々の大事にしている座布団を投げつける。
あのさ~草々、半分は自業自得だよ。

で、案の定いつもの様に喧嘩が始まる。草若に一喝され、二人の喧嘩は止まるが・・・。
少しは自制する事を覚えい!って言われる二人だけど、とりあえず草々は、相手の気持ちになって少しは考えようよ・・・。
小草若も、少しは聞く耳持とうよ~。そうは言っても、苛立つ気持ちを抑えられんのやろな・・・。

その時、「一門会すっぽかして逃げた、クサレ噺家の言う事とは思われへんなぁ~。」
と現れるのは天狗芸能会長、鞍馬だ。

こんな狭い店一杯にした位で復活したつもりか?安い看板やな徒然亭っちゅうのは、と笑いながら言う鞍馬。
草若は険しい表情をしている。
その時、鞍馬の前に歩み寄り、啖呵を切る喜代美。
「狭い店でも私共には大事な高座。それを愚弄する様なご発言許すわけには参りません。さ、出て行っとくんなはれ。」
若狭の態度に恐れをなした鞍馬、秘書共々慌てて出て行く・・・んな訳無いやろ。
途中から喜代美の妄想かいな。相変わらずねアナタも(笑)

しかし鞍馬会長って、究極のツンデレおっさんやね~。散々、徒然亭一門を貶める様な言い方をして、実は一門会を天狗座で開く要請、いや事後承諾だもんね。
「一門会で出した損害は、一門会で返せ。12月25日、天狗座、夜7時開演。カレンダーに書いとけ。」
そう言って店を出る鞍馬。その後ろ姿に向かって深々と頭を下げる草若。沸き立つ一門。
喜代美は訳がわからない。「何?ど~いう事?」と戸惑うが、磯七に、鞍馬の言っていたのは、天狗座からの正式な出演依頼だと言われ、やっと状況を理解する。

小草若は鞍馬を追いかけ、今回の件のお礼を言う。なのに会長、小草若に対し「知らんなぁ」と言い放つ。呆然とする小草若、遠くでサイレンの音が聞こえる。
小草若の心にも警報が鳴っているのだろうか。ふとそんな気がした。
立ちすくむ小草若を、じっと見つめるのは草々。

若狭の年季明けは、一門会の出来次第と言う草若。その言葉に驚きつつも、喜びを噛み締める喜代美。
席に戻った草々に早速報告する喜代美。それを聞いた草々も「すごいやないか、もうちょっとで一人前や!」と大喜び。
草々のこういう処はすごくいいんだよね。素直に喜び、素直にお祝いの言葉を言う。笑顔でいっぱいの草々、草原も喜び、「前祝やろう!」とジュースを勧める。

若狭にとっては、明るい未来を予感させるような状況なのに・・・草々が一門を去るってナレは、一体何なのよ?最近のナレーション、すご~く怖いです~。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとすごく喜びます
鞍馬の前でタンカ切る若狭を、甘利虎泰の前でタンカ切る葛笠村のミツ、と脳内変換してしまいました。今週は日曜も貫地谷さん見たので、もうブッ続け状態ですね。
昨日の風林火山の最後で、川中島から300年~薩摩~で篤姫につないでいたのですが、「川中島から約450年~大阪」の方が、私にはツボなんですよねヘヘヘ。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。