上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「瓢箪から困った」#55】
寝床寄席の演目が決まった。

徒然亭 若狭「ちりとてちん」
徒然亭 四草「崇徳院」
徒然亭小草若「寿限無」
徒然亭 草々「宿変え」
徒然亭 草原「寝床」
徒然亭 草若「愛宕山」


日々の雑用の合間にも一生懸命稽古する喜代美。「寝床」での昼食を終えたのだろう、中から出てきた磯七と菊江が喜代美に、「落語会、楽しみにしてる」と声を掛けるが、磯七の豊富な落語の知識が、かえって喜代美を緊張させてしまう。

酒、お造り、茶碗蒸しにうなぎと、誕生祝の粋なお膳が目の前に浮かぶような感じ、とか腐った豆腐を目の前にした時のリアクションが難しい、とか。
そんなん、入門三ヶ月の喜代美に期待しないでくださいよぅ(笑)。すっかり固まってしまってるやん喜代美ちゃん・・・。

正典の箸を大阪の百貨店で扱いたい。先ずは500膳欲しい。
竹谷が持ってきた話に、和田家の人々は驚く。バブルも崩壊していたこのご時世だから、小次郎も驚くが、この話受けてもらえたら、半分は前金で支払うという。
裏が無ければ良い話なんだけど・・・すんなり行く話なのか、ちょっと心配。塗箸500膳って・・・売価250~300万くらいかな。
その話の為に、明日大阪へ行くという竹谷。「明日」という言葉に反応する糸子。「何時ごろ・・・」と問う糸子の言葉を遮り、竹谷に感謝の言葉を述べ帰す正典。
「あああ~」と未練がましい糸子に「遠くから見守るだけにしておけ」と言う正典さんが、実にカッコイイ。
気になるけど、喜代美はまだ、内弟子修行中の身だから遠くから見守るだけにしよう。
そう決心してるから、糸子さんにもビシッと言うんだろうな。お父ちゃんの威厳が溢れるいいシーンだ。
でも糸子さんが、これをすんなり受け入れるとも思えんのだが(笑)。

落語会当日。華やかなお祝いの花が沢山並ぶ「寝床」のカウンターに、ひときわ異彩を放つ籠がある。
焼鯖を差した籠、あしらわれた緑は葉蘭か。上手い事アレンジしてるな~(笑)。
魚屋食堂の文字を見つけ、その贈り物が順子からだと知り、うるっと来る喜代美。
これって、大阪に用事がある竹谷さんが順子に頼まれて、仕事のついでに運んできたのかな。こういうのって、フツーに宅配便とかで受け入れてくれるか謎だけど、竹谷が運送屋になってたのなら納得(笑)
バンの中は、さぞかし魚臭かっただろうな、と想像するとミョーに笑える。

そして喜代美宛の花はもうひとつ。それは清海からの花だった。色とりどりに綺麗にアレンジされた花を前に、清海に八つ当たりした時の記憶が甦る喜代美。
花のお礼に、清海に電話を掛け、かつての非礼を詫びる喜代美。こういう事が出来るようになったのは、喜代美の心が少し温まったからなのかな。
清海は小草若から話を聞き、喜代美に花を贈ろうと思い立った。こういう気遣いが出来る処は、清海は人の心のウラを読んだりしない、本当に素直に受け止める子だからなのだろう。
清海みたいな性格は理想だけど、アタシにゃ無理で御座いますよ。
「落語会見においで」の喜代美の一言で、後々苦しむ結果になるのではと、ついつい余計な心配をしてしまう・・・。

磯七が喜代美の為に髪を結う。いつもオジサンやコドモばかりだから、カワイイ女の子の髪を触れるのは嬉しい、と言う磯七。
その目じりも下がりっぱなしだが、喜代美の髪を結い上げた姿は本当にカワイイ。見とれてしまったじゃないか(笑)
そんな嬉しそうな磯七に、我も我もと押し寄せる師匠&兄さん達。だが四草は一味違う男だ。
「平兵衛の毛に艶出しお願いします。」と九官鳥の籠を差し出す四草。この男の脳内には、一体どんな思考が詰まっているのか全くもって謎だ(笑)。

小梅が旅立つ前に置いていった桜色の着物。菊江は喜代美に着せながらはしゃぐ。
いつも葬式用の着付けばかり手伝ってるから、こういうのって嬉しい。
喜代美の下へ訪ねて来た奈津子も喜代美を取材。そんな時、草々が外から喜代美を呼ぶ。中から出てきた喜代美の着物姿を見て、言葉を失う草々。
そんな草々の前で恥らう喜代美。嗚呼、それなのに・・・。

「高座用の着物は、高座の直前に着るもんや。そんな格好してたら雑用が出来へんやろ!」

この男は全くもう~。言ってる事は確かに正しい。でも、相変わらず相手を見てモノを言う、って事が出来ないのか。
でもそんな草々に「まぁそう固いことを言うな。」と言う草若。
師匠が居てヨカッタね、喜代美ちゃん。
どうも草々の、人を追い詰める様な言い方は好きになれない。それが例え正しい事を言ってるのだとしても。でも草々もまだまだ、成長途中の人間なんだろうな・・・。
草若は喜代美の着物姿に、ふと何かを思いついた様子。ひとり部屋に戻り、何かを探し出し、箱から取り出す。

そして開演。あと10分したら喜代美は人前で喋らなければならない。
緊張する喜代美。そんな喜代美の緊張をほぐそうとする小草若。
「どないしたんや、喜代美ちゃん~。」と陽気に語りかける小草若に「若狭や」と言う草々。
あ~やっぱ、アタマ固そうだ草々って。
「誰しも初高座の時は緊張するもんや。」と喜代美の緊張を和らげようとする草原に、しれっと毒針を刺す四草。
「草原兄さん、今だに緊張するでしょ。」と言う四草に「それを言うな」と草原がこづく。四草、フッと笑みを見せる。そんな四草君が、たまらなく可愛いのでございます(笑)

そこへ現れる草若。何かを持っている。
弟子の初高座の時は、今までも何かをしてあげたが、それはずっと嫁に任せたままだった。だから自分は何をしていいのかわからない。でも・・・。
草々に簪を差し出し、「これを若狭の頭に付けてやり。」と言う草若。
その簪は、小草若にも草々にも見覚えがあるものだった。
草若は喜代美の気持ちを知っている。だから草々に・・・と託したのだろう。ところが草々、上手く簪を差せない。そんな姿に苛立ちを覚えた小草若が手を出す。

「いててて」と顔をしかめる喜代美に、「こういう事は一番弟子の俺が・・・。」と、草原が買ってでるが、その横からすっと手を差し出す四草。
「なんやねん~お前。寂しいんか?」と草原に言われ、無言でショボ~ンとうなだれる四草。
今日もイイ味出しまくりの四草兄さんですね。

そんな光景に、「皆で差してやれ」と草若が言う。兄弟子達は簪に手を添え、喜代美の髪にそっと差す。
兄さん達の手がアップになるが、小草若の指の美しい事と言ったら・・・細くしなやかな指、綺麗ですねホントに。

鏡を覗き込む喜代美に草々がしんみりと言う。
「おかみさんの、形見の簪や。」
黒く輝いてる花に見えたけど、素材は貝と珊瑚なのかな?簪の事はよく知らないんだけど、上品な感じだ。

さて、徒然亭若狭、出番まであと僅かなんだけど・・・。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。