上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちりとてちん「ここはどこ?私はだめ?」#53】
「今度のちりとてちん、最後迄やり遂げる自信、ありますのんか?」
小梅は喜代美の目を見つめる。喜代美はただ、黙って頷く。そんな喜代美の目から涙が溢れる。
小梅はいつも、喜代美のする事に異を唱える事は無かった。
喜代美が、自分の力で仰山笑う事を見つける為に模索する姿を、優しく見守っていた小梅。
時に優しく、時に厳しく、喜代美が迷ったり悩んだりした時には、年長者として温かいアドバイスを送った。
そんな小梅が、今度は小梅自身の為にスペインへと旅立つ。かつての芸者仲間に誘われ、向こうで三味線の指導をすると言う。

喜代美は高校時代の三味線の稽古で「ちりとてちん」が上手く弾けずに、途中で投げ出した事がある。
草若から課せられた「ちりとてちん」の稽古も、不器用な喜代美はなかなか上達しない。一度に二つの事が出来ずに草原から何度も指導され、その稽古風景を草若の酒のアテにされつつ、何とかやってはいるものの、目に見える成果が未だ出ない。そんな毎日に落ち込んでいた喜代美。
でも其処に現れた小梅の姿を見た途端、堪えていた喜代美の感情の糸がプツリと切れた。

喜代美の落語が聴きたい、という祖母の願いに応えようと、おぼつかない口調でノートに書いた「ちりとてちん」を見ながら、一生懸命披露する。
だが、祖母の「それでお終い?」という、イマイチな反応をする姿に、更に落ち込む喜代美。
自分は落語家に向いてないのか、と悩む喜代美に小梅が言う。
そうかもしれない。でも、向いてないからと言って、他に向いているものを探すのか?

小梅を見つめる喜代美。祖母の言葉は更に続く。
喜代美の姿を見て、自分もスペインへ行こうと決めた。残りの人生、自分も仰山笑って生きてみたくなった。
今更、外国語の勉強なんかしたくないけど、好きな事を遣り通す為には、キツイ思いも苦手な事も乗り越えていかなければならない。

「仰山笑うて生きるって、そういう事では」と優しい口調で語る小梅。

いやもう、ホント耳が痛い。小梅さんの言葉が心に沁みました。確かに、努力なくして栄冠は得られない。
あ~もうメンドくさい・・・と逃げていても、何も身に付かないんよね。なんだか自分が諭されているような気分だ。
小梅さんは70歳過ぎても、思い切り良く飛んでいった。正典や秀臣が心配する気持ちもよく解るけど、小梅さんはイキイキとした人生を、自分で切り開こうと選んだのだ。
一生懸命小梅を心配する秀臣が、実の母を気遣う息子みたいで、ちょっと泣けたよ・・・。
正典は納得していた。でも小次郎は・・・母親が居なくなると知って気が抜けたようになっていたけど、小次郎も自分が仰山笑う為に、何か行動を起こすんだろうか??

スペインの海鮮物を自分が焼きたい、という幸助。根っからの職人なんでしょうな(笑)。そんな事書いていたら、シーフードいっぱいのパエリア食べたくなってきた~。

不器用な喜代美だけど、箸の持ち方が美しい。よく躾けている、と小梅の前で喜代美を褒める草若。
では「ちりとてちん」を選んだのは、箸のシーンが多いからなのか。
草若は実に注意深く、人を観察しているのだな。

箸って、意外とヘンな持ち方してる人って多かったりする。居酒屋等で、ナイフの柄を握る時と同じ握り方で、箸を握ってる人とか見ると、もうビックリする。
鉛筆握りと一緒の人なんて、結構多い。そう言う私も、直る迄に相当時間掛かった。
学生時代はソレで通用しても、社会人になって変な握り方してると、色々と損をする。例えば接待の席で箸の握り方が変だったら、相手に与える印象も悪いよね・・・。

小梅が訪ねてきた夜、「寝床」では皆揃って宴会が始まる。炭坑節に合わせて踊る小梅。本物の芸者が見せる芸に、皆が楽しそうに調子を合わせている。
アッ、四草も笑顔だよ~珍しい(笑)。皆揃って・・・皆?あれ?草々が居ないよ。
売れっ子芸人、小草若だって居るのに、草々が居ないのは不思議だ。何でだろう?
もしかしてこれも伏線なのか?


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。