上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アタシ落語家になるっ!」と言いつつ、正典に自分の気持ちを上手く説明出来ない喜代美。
確かに、他の人に判りやすく説明するのって難しい。喜代美は直感で動くタイプかな。
その点、正平は逆だね。喜代美の気持ちを理路整然と説明する正平君、頭も良さそうだ。そして小次郎もまた、判りやすい例えを出す。
「色物と白いもの一緒に洗ったら染まるやん。それと一緒。落語家の家で落語に触れてたら、染まるのも当然。ダメなら最初から、落語家の処に住む事を認めんなや。」
いや~いい事言うね。それを聞いて妙に納得する小草若。いいのかイロモノ芸人になるけど(笑)
そして小梅さん。喜代美が落語が好き、と言う姿に「好きやから言うてお祖母ちゃん、 いちいち米米クラブのメンバーにならへんで。」 と。
でも、三味線名人の小梅さんなら、米米には似合いそうだ。三味線演奏をバックに歌うカールスモーキー石井とジェームス小野田は、すご~くアリかも。
でもこれが「好きやから言うてお祖母ちゃん、いちいち聖飢魔Ⅱのメンバーにならへんで。」だったら・・・(笑)
でもこれも有り得るかなぁ。閣下と三味線は似合うと思う。じゃあ「好きやから言うてお祖母ちゃん、いちいちXのメンバーにならへんで。」・・・話が逸れすぎた。

言い出したら聞かない喜代美。頑固な処は祖父、父譲りだよね。
そんな喜代美に勝負に勝ったら認める、と言う糸子。それはどう見ても、喜代美に勝ち目は無さそうな、大根おろしの量を競う勝負だった。
糸子は喜代美を試してるのだろう。今まで、はなっから勝てない、出来ないと判ると、直ぐに投げ出す喜代美の姿を見ていた。先日の蕎麦打ちでも、結局打ったのは糸子で、喜代美は切っただけ。
そんなヘタレ根性の娘が、落語家になりたいと言い出す。言い出しておいて「やっぱり出来ない」と投げ出したら、今度は他に迷惑が掛かる人が出てくる可能性がある。
喜代美の言葉が、単なる思い付きで言ってるのか、本当に心から願ってるのか。
先ずは糸子との勝負を、投げ出す事無く最後までやり遂げられるか。それを試していたのかな、って気がする。
最初から、喜代美に勝てる可能性は無かった勝負だった。でも、3分間でどれだけ多くの大根おろしを作れるか、って勝負だったハズ。その手段までは不問だったと思う。だからハンドミキサーで、ほんの僅かだけ母より多くの大根おろしを作った、ってのはアリなんじゃないかな。
とにかく、量だけは喜代美が勝った。それにしてもハンドミキサーが、こんなに重要なアイテムになってるなんて思わなかったよ。

その勝負を「こんなオモロイ勝負、見ないテはない。」と楽しそうに言いつつも、真剣に見ていたよね草若。
「おかあちゃんの負けや」と糸子が言った時、フッと微笑む草若。それは無言で、糸子からバトンを受け取りました、という合図だったのかなぁ。
「このお嬢ちゃんが何処まで本気か、今度は私が試させてもらいます。」と言ってる様にも見えた。
喜代美に課せられた次のハードル。それは多分、母が出した条件よりも更にキツイ高さではなかろうか。
喜代美の弟子志願に、あっさりと「お断りします」と言う草若を、果たしてその気にさせられるか。
明日は喜代美の根性が、更に試される。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。