上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「両親が居ないから、自分が家長として有森の家を守らなければ。」という責務からなんだろう、笛子の態度がキツイのは。
産婆開業しようとする杏子にダメ出しするのも、そんな笛子の責任感の所為。だからついつい、キツい口調になってしまう。
要するに余裕が無いんだよねぇ。もう一杯一杯になってる。
桜子はともかく、杏子はもう大人なんだから、認めてあげればいいのに、って思ってしまう。
でも笛子は彼女なりに心配してるのだろう。おっとりした、気の優しい杏子が開業しても、仕事として成り立っていくのか。むしろ人の下について働いた方が、安全なのではないか、と。
今で言う処の起業家、といったら大げさかもしれないけど、事業として成り立っていくかを心配してるのだろう。
確かに人助け、でも報酬を貰わなきゃ仕事としては成り立たない。奉仕じゃないんだからね~。
杏子の性格なら奉仕ばっかりしそうだもんな(笑)

もう年末の設定で、桜子帰郷な訳だが・・・。キヨシお前は振られた、って事認識してるのか(笑)
「桜ちゃんも帰ってくる。」って、そのアヤシイ笑顔は一体(笑)
いい加減に新しい女、見つけなさい。

そして今日、坊ちゃんブログが更新されてるよ。
野木山さんの髪型の理由って、そういう事ね(笑)

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。