上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる事なす事全て裏目に出てしまう・・・家族を喜ばせたいと思っているのに、自分の何気ない一言が騒動を呼び、今度は祖母にまで不快な思いをさせてしまった。
哀しげな顔の喜代美。

喜代美がふと向こうを見ると、見覚えのある人影が・・・もっさり頭に、丈の合ってないスーツ姿の大男。
あ~っ草々さんだっ!

「焼鯖食べに来た!」って言ってたけど、それだけじゃない。
草々の姿を見てると切なくて苦しくて「聞いてられません!」と喜代美に言われた【次の御用日】を、技術が未熟すぎて「聞いてられない」と勘違いしたままの草々。

それじゃあ、聞いていられる様に、と一生懸命練習した。この辺りが草々エライんだよなぁ。で、それを工房で喜代美に聞かせる草々。
草々の熱のこもった噺に、元気を失くしていた喜代美の心も少しずつ晴れる。
噺に夢中な草々を、じっと見ている喜代美。
「ああ、やっぱこの人の事好きだ」って気持ちがよく伝わる。
祖父・正太郎が今際の際に「喜代美がいつも笑っていられる様に」と残した言葉。
草々の落語で笑顔を取り戻した喜代美。
そして、何事かと聞きつけた和田家の人々も、いつしか笑顔でいっぱいになる。

大好きだったおじいちゃんの命日、皆が笑って過ごせますように。
喜代美の願いを、草々の落語を通じて、正太郎が空の彼方から叶えてくれたのかな。
良かったねぇ。ホロリとした金曜日でした。

糸子さんスゴイね、さすが母親だ。娘が失恋した事をいとも簡単に見抜くなんてね。
それは「涙の匂い」の違い。いろんな涙の匂いを嗅いできたんだな。
それはまさしく女のカン、ってヤツか。

そして友春。父・秀臣にまで話してしまったからさぁ大変。「ウチの息子と喜代美さんの婚約を・・・」と、和田家の面々に至極真面目に語りだす秀臣。
友春にはまだまだ、小草若といっぱい張り合って笑わせて欲しいものだと切に願うよ。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。