上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜代美って本当に、金回りのよさげなアフォ男に好かれるんやなぁ(笑)
友春といい、小草若といい・・・。喜代美に惚れている二人が遂に初遭遇。何や、二人とも赤いシャツ着て、カッコまで似てるやんか(笑)
しかも、商店街の真ん中で、二人でツッコミ漫才?やってるし。
小草若(こそうじゃく)と聞いて即、イソギンチャクみたいや、と出てくる友春も、頭の回転は速そうだ。
「オマエん家TV無いんかい!」と小草若に言われて、「32インチや!」と言う友春。これなら若狭塗箸製作所の立派な社長になれる・・・筈。多分(笑)。って言うか、おまいさんも芸人になれるんじゃないか?
こんな二人がナビゲーターを務める11/3の「ちりとてちんスペシャル」楽しみですねぇ。おっと、その前には「土スタ」で喜代美と草々の中の人が出演。
土曜の午後は風林火山の再放送も観るから、NHKつけっ放しだわねウチは(笑)

小草若と友春、ふたりは魚屋食堂の前で、つかみ合いの大喧嘩。ここがポイントなのね。そう、魚屋食堂の大将、幸助が駆けつけた。あ~この辺のテンポのよさが、本当にステキだ。その後、喜代美を車で誘い出した友春の顔には、しっかりと喧嘩の傷跡が残ってるのがリアルだった。
そんな友春相手に、「もし結婚していたら・・・」と喜代美の妄想炸裂。
結婚、社長就任から即、死ぬ展開かいな(笑)友春気の毒やね・・・と言いつつ、展開の速さにやっぱり笑ってしまう。
喜代美の不用意な一言が、明日、どう展開するのか見ものですねぇ。

そして、いつも冷静沈着な順子が、今日は目を見開いてフリーズしている・・・。一体順子の目に何が映っているのか!?
全身真っ白のスーツに身を包み、サングラスを掛けたその男。
「はい。いかにも、五木ひろしです。」

うわぁぁ本物だよぉ、と喜代美頭の中真っ白。
と、とりあえずおか~ちゃん連れてこなければッ!

でも家に戻ったら、正典と小次郎が、乾燥機を巡って喧嘩の真っ最中。
糸子に五木ひろしの話をしても、全く取り合ってくれない。それどころか、正典に逆に文句言われる始末。

仕方ないからサインだけでもと思い浜辺に戻れば、順子がちゃっかり自分の店の分のサインをゲットしていたが、肝心の五木ひろしは居なかった。
あ~あ、折角家族を喜ばせよう、って思ったのにね。

五木ひろしの代わりに小草若を家に呼んだ喜代美。和田家の人々を相手に、寿限無を披露するが、どうも芳しくない。
感心してるのは糸子さんだけだったよ・・・。
このシーン観ていて思い出してしまったのが以前、柳眉の落語の後で言っていた、尊建の言葉。「俺なら寿限無か、時うどんやるのに」ってやつ。
もしかすると、草々の辻占茶屋なら和田家の人々も和むんだろうか、な~んてつい思ってしまった。

電波に乗せて草々に仕返しメッセージを送る小草若。草々、相当悔しそうだったよ・・・。あの番組ってどう見ても、「ひるどき日本列島」へのオマージュだよなぁ絶対に(笑)

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。