上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた喜代美の目に飛び込んだのは、父と息子が深刻な表情で言い争いをしている姿だった。
えっ!?コレは一体何事?と思わせておいて、実は・・・。
「卵1パック88円~おひとり様1パック限り~」を巡っての親子げんかだなんて(笑)
「オヤジは1回しか行ってないやん!」って、家族総動員で卵確保かい(笑)
あ~でも、コレよく判るわ。私だって子供の頃、砂糖1袋●x円」なんて時には、母親に買い物に駆り出されたもんね。
「アンタちょっと買ってきてよ」とか言われて、買いに行ったものさ。
こういう細かい演出が、妙にリアルすぎて笑った~♪
晩御飯のシーンの卵焼きは、この1パック88円の卵なんだろうな、って思いつつ観てたよ。

喜代美の大阪での「自分探し」が、半年経っても見つけられない事を怒る正典。小次郎が「半年そこらじゃ見つけられんやろ」と喜代美のフォローをするものの、正典の矛先は小次郎へ。
40年経っても見つけられんもんな、と言われ拗ねる小次郎。
スマン、不覚にも笑ってしまった。でも小次郎、独男でニートのままだから、兄貴に文句言われても仕方ないわな。
雑誌「サブリナ」効果で客足が増えたけど、それも一時的なもので、今じゃ他所で作った安物の箸を細々と売る生活。そして箸ブームの際に購入した乾燥機。ローン返す前に壊れてしまって、和田家の中もちょっとギクシャクしていた。

一方、大阪では「寝床」で喜代美を待ちわびる小草若。
「ナンコツ100人前、取り消すでぇっ!」と言われ、あたふたする熊五郎と咲。
って言うか、100人前もオーダーして、寝床の客全部にご馳走しても余りそうだけど。
なんて細かい事はキニシナイんだろうね、小草若。
ツケで呑みに来た草若からの情報で、実家に帰ってる事を知る小草若。
夜に口笛吹いたら、ものすごい剣幕で草々が掴みかかる。
「夜に口笛吹くなぁ!泥棒に入られたらどないすんや!」

草若師匠の処なら、入っても金になりそうなモノが殆ど無さそうな気もするんだけど(笑)。
それにしても草々、「夜に爪を切るな」とか「夜に口笛吹くな」とか、よく知っているなぁ。
実は入門前までは、おばあちゃんっ子で、迷信とか諺とか聞かされて育ったんだろうか・・・。律儀で礼儀正しい処は、幼少期にしっかり躾けられたと見えるよ。

草若師匠、呑み代はシッカリ小草若にツケてましたな(笑)

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。