上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養女として山本家にやってきたリツだが、「娘として」を強調するものの、やっぱり勘助はリツが苦手。ストレートで素直なリツの言葉にうろたえる勘助。
勘助、一家の主でありながら、部下の太吉の嫁おくまにも頭が上がらない。武田家臣の前では腹黒い策士でも、家に戻るとそんな姿は微塵も伺えない(笑)
そして真田家も、勘助に対しては遠慮ない。心許せる人達だからこそ、無遠慮な物言いが出来、また勘助もそれを楽しんでいるのかもしれない。

今週の見所はハゲ祭り。あああ、やっぱ真田様のハゲ頭は似合わん。「よう似合っておる」とTV画面の向こう側で言われても、「そうか~ヘンだよう(泣)」とコッチ側でツッコミを入れてしまう。でも鬼美濃のスキンヘッドは怖いくらいに似合っていた。
そして勘助。夕陽がハゲ頭を染める演出にちょっと苦笑(笑)
とてもアタマが眩しゅうございました。内野さん、似合うよなぁツルツルハゲ頭。

武田家臣だけかと思っていたら、長尾景虎の侍女、浪も出家してしまった。しかも景虎上洛中に。
景虎を一途に想い続ける浪の姿はいじらしく、切なかった。それにしても景虎、前回の上洛でも浪に土産買って来ていたのね。ううむ美味しいポジションだよ浪。御屋形様の間近に居てお世話して、愚痴まで聞いて。
でも、それが余計苦しいのだろう。いくら思慕の念を抱いても、己が心が苦しくなるだけ。他の者に嫁ぐよりも景虎への思いを貫く為には、出家して尼僧となるしか道はない。
浪タンには泣けましたハイ。

由布の話をする晴信と勘助。かなり萎えたぞココは。そんなに大事にしていたか晴信。大体お前様は、生前「目がコワイよぅ」なんて言ってなかったか(笑)
それとも夜な夜な枕元に由布姫の亡霊でも現れるのかいな。生きてる時にもう少し構ってあげれば、ヒス起こしまくる事もなかったかもしれないのに。化けて出られても、そりゃ晴信、アンタが悪いわな。

平蔵が久しぶりに出てきた。う~ん、今の穏やかな幸せを守るのも男の仕事だと思うんだけど、それは女の視点で見ればそうなのであって、男としては「もっと大きな事を成し遂げたい」って気持ちが働くんだろう。ああ見えても、一応平蔵にも上昇志向はある訳で。
でも「大きな事を成し遂げたい」って宣言し、実行したはいいけど見事に失敗し、膨大な借金と人の繋がりがバラバラになった例など世の中には幾らでもある。平蔵には「小物のお前には無理だ、止めとけ」と言いたいんだけどね~。平蔵本人よりヒサの方がよっぽど、平蔵の事を良く判っていそうだ。だが、どうしてもやりたいって奴は、止められないわな。
そして娘の名前が「ミツ」。はぁ~私なら嫌だ。昔好きだった女の名前を我が子に付けるなんて・・・。そんな訳で、ヒサの人としての器の大きさに感服。
しかし、宇佐美に言われた「人の心を操る」なんて事が平蔵に出来るかな。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。