上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人には運命に従う人と立ち向かう人の2種類ある。そなたは後者の様だ。」

上村隼太(福士誠治)が密かに憧れていた楢崎家の娘、千加(松岡璃奈子)。
だが杉山鹿之助(斎藤工)の嫁になる事を聞かされ大ショック。酒に酔った勢いで上村家の女中ふき(佐藤仁美)と一夜を過ごしてしまう・・・。
「ふきの胸元に顔を埋める隼太の図」が何と表現して良いのやら(ニヤニヤ)。

太蔵ヶ原で桑山孫助(蟹江敬三)に会った隼太は、桑山と会話しているうちに、その考え方に惹かれ、遂には長女・満江(安藤サクラ)と結婚する事を承知する。

結婚が決まった隼太に「おめでとうございます」と言うふき。
その表情が、何とも言えず苦しそうで切なそうで。ふきは隼太の事、好きだったんだよね・・・。

ところで不器量と言われる桑山の娘だけど、別にフツーだよ。っていうか、祝言の時の姿なんてカワイイじゃん。大人ヴァージョンが石田えりだもん。ステキな奥様ですよ。

で、桑山家ってのは女性が強いのかね。隼太が満江に、飯をよそおう様に差し出した茶碗を「ワシが」と黙って受け取る孫助。
どうやらこの家は、加音(澤田亜矢子)が一番強いらしいが。仕方ないか、婿養子だものね孫助さん。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。