上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雑把でガサツで鈍そうな草々。熱々の金網を手で持ち、塩辛い味噌汁を一気飲みする位、味オンチ。ご飯は特製大茶碗。
だけど、師匠の事となるとスゴク敏感に察知する。昔の話を師匠の前でするな、と喜代美に釘を刺す。
草若の事に関してのみ、とても気配りが効く男なんだな。

なんか糸子さんと似ているなぁ。糸子も、喜代美の事となると天性のカンが冴えまくる。草若の事を「お父さんに似ている」と和田家の人々に説明してる下りは、「ああなるほど、さすが親子やね」って思った。
喜代美の感じた草若への第一印象は、糸子も察知していたんだな。
お祖父ちゃんの事が大好きだった喜代美、亡くなった時、ずっと涙を流していた喜代美。
もし今でも、正太郎(米倉斉加年)が生きていたら、喜代美もヘタレな性格は、少しは軽減されてたかもしれないけど。
もしかしたら、草若は祖父に等しい存在となってくれるかもしれない、喜代美が笑って人生を送れる様になるかもしれない。
そんな風に糸子さんは思ったのかな、って思いつつ観てました。

そんな喜代美も奈津子の処で週三回働くことに。
で、行って見たのはいいけれど、資料の山と、吊るされまくったスーツの暖簾の向こうに見えたのは、颯爽とした奈津子の姿じゃなく、ボサボサ頭にメガネ姿の奈津子だった・・・。

うははは、これは笑った。会社員じゃないもんな奈津子さん。オンとオフのギャップに喜代美もビックリ。
ヘトヘトになるまで片付けた喜代美に、奈津子は次の企画の為に小草若へのコネをつけようと、喜代美に草若への橋渡しを頼む。
インタビューが自分に任されるかも、と聞いて、またも妄想ワールド全開(笑)

草若の愛人と勘違いした小草若を、バッグで思いっきりひっぱたいた喜代美。
そんな喜代美を怒るどころか、自分の持ちネタ?で返す小草若。まさかと思うが、惚れたのか喜代美に(笑)
何処か、自分ワールド全開な清海兄・友春(友井雄亮)とイメージが重なるな、確かに。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。