上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福士誠治がNHKドラマに帰ってきた。今度は髷ヅラだ。
戦後の達彦のシーンでは散々、ヅラ彦だの何だのと好き勝手に書いたが、今度は正真正銘のヅラである。

首席家老、桑山又左衛門(佐藤浩市)の若き日を振り返るシーン。
33年前の又左衛門は上村隼太(福士誠治)という名で、下級武士の次男。
そんな隼太には桑山家への婿入り話が持ち上がる。だが桑山孫助(蟹江敬三)の娘は不器量という噂。

原作読んでないので、今日はキャラクター把握するのに精一杯だったよ・・・。
福士誠治→佐藤浩市へのバトンタッチという、NHKドラマヲタには美味しいリレーなので、これもまた非常に楽しみではある。

隼太の仲間、寺田一蔵(三浦アキフミ)の婿入り先は、宮坂類(涼風真世)という5歳年上のバツ4。
ううむ5歳って、たった5歳?・・・これ以上は突っ込むの怖くて出来ません。
正月に涼風主演のミュージカル「マリー・アントワネット」観たけど、この役はキレイにハマってたな~。
着物姿も妖艶な類の髪が、わずかに乱れている様も色っぽいが、隼太の髪がわずかに乱れているのも、類に決して負けていない(笑)
ふき(佐藤仁美)の着物の合わせ目や、白いふくらはぎを盗み見ては、悶々とする隼太にワタクシもニヤニヤしてしまいました。

来週も色々ありそうで。これは見逃せませんね。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。