上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物の八丁味噌の需要がどれだけあるのか。
取引先を何件も廻り、署名を集めた達彦と桜子に、仙吉は目頭を熱くする。
塩加減を誤ったが故に味噌を腐らせ、そんな自分に年齢を感じた仙吉。
一旦は引退を決意したのだった。
しかし仙吉が引退したら、次の頭は誰がするんだろう。
キヨシが居れば、恐らく彼が次の職人頭だったかもしれないんだが。
もう山長には戻ってこないのかねぇ、キヨシ君。

料亭の女将にかけ合う桜子。本物の味を説く桜子の熱意が、女将の心をも動かす。
桜子が山長発展の為に、本腰入れて尽力したら・・・。
どっちかというと、ピアニストとしては達彦の方を見てみたいのが本音。
桜子は音楽家よりも、ビジネスウーマンとしての才覚を振るってる処を見てみたい。
だって海軍のエライ人も、料亭の女将も、桜子の熱心さに前向きになったしね。

しかし、演奏会の日が迫ってるんだったわね。
ピアノと女将業の両立に忙しくて倒れたのかと思ったら・・・。
「おめでたです」と看護師に言われ、一瞬「?」となる達彦。
福士君は、本当に間の取り方が上手いなぁ。
こういう処を見せられるから、"俳優"福士誠治の極意を更に見たくなる。
あと1週間で、達彦坊ちゃんも観れなくなるのかと思うと、ちょっと淋しい。

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ





山長の物語もっと見たかったですね。味噌屋は桜子に
任せて、達彦はピアニスト。いい感じです。
仙吉さんやキヨシくん、かねさん達がとってもいい味を
出してくれていたので、”岡崎・山長物語”として独立して描いて
くれると面白いと思うんです。

NHKに投書しよっかな?snowflakeさんいかがですか?

【2006/09/23 11:25】 URL | maron #Iht/auok[ 編集]
土曜の夜の1時間ドラマで、4~5回シリーズでやってくれるなら見たいです。マチベンみたいに。
かねがバリバリ現役で仕切ってた頃の山長で、拓司も生きていた頃で・・・。
時々、磯とのバトルも見れたら、もう言う事なし(笑)ですね。
【2006/09/23 11:40】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。