上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術なら遥かに達彦の方が上だった。でも桜子は、達彦でさえも敵わない聴力を持っていた。
即興で弾いた西園寺の曲を、たった1回聴いただけで再現し、更にアレンジも加える事が出来る。
学生だった時分に見た、桜子の能力。あれを見せられて、達彦も桜子の「本当の力」を知ったのだ。

恐らく今でも、技術なら達彦が上だと思う。
でも、磨けば必ず光る宝石だと知っているから、達彦は桜子の音楽への道を開こうとするのだろう。

亨は目の所為で、内向的な子供になっていた。
「見えなくなるのかな・・・。」と、しょんぼりする亨が、まるで本当に其処に存在するみたいで・・・TVを見てる自分の目が、不覚にも潤んでしまった。
道端の桔梗を手に取り、亨に持たせる桜子。
「花の感触を覚えておけば、瞼を閉じていても見えるんだよ。」と亨に語る。
代用教員時代もそうだったが、子供と居る時の桜子は穏やかで、優しいお姉さんだ。

外で遊びたい盛りなのに、見えないから外に行っちゃダメって言われるのは、ツライだろうな。
姉達はあや取りに夢中で、自分に構ってくれないしね。

桜子の処に、一人で行こうとする亨。
犬に吠えられて逃げ出した亨に、遥か彼方の幼少期を思い出してしまったよ・・・。

それにしても亨ちゃん、カワイイなぁ。ほんと子役の子って、皆かわいい~。

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ





本当に子役のみんなはかわいいですね~(*^_^*)
回を追うごとに、すくすく育ってますね。ふふふ。。。

それにしても、笛子さんは昔先生をしていたわりに、子育てに不器用というか、客観性に欠けるというか。
もう少しおおらかに子育てをしたらいいのになぁ~と、つい思ってしまいます。いくつになっても、思いこんだら突っ走る性分健在というか(笑)
性格もサザエさん並みに、愛嬌があったらいいのにな。
【2006/09/21 09:31】 URL | ひやむぎそうめん #-[ 編集]
他人の子には冷静でも、自分の子の事になると、周りが見えなくなっちゃうんでしょうか、笛子って。
桜子にまで八つ当たりらしきものを見せた時は、「まぁ落ち着いて、茶でも飲みなさい。」と差し出したくなりました。
旦那様が大らか(過ぎ)な冬吾だから、ちょうど良いのかもしれませんね。
【2006/09/21 22:46】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。