上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アタシの片思いだった。」
桜子は皆の前で、冬吾へ揺れたかつての思いを締めくくった。
正直に話す、と言うから何処まで話すのかと思ってはいたが、どうやら桜子も処世術を身に付けていたらしい。
かつて、山長での帳簿付けをふみに任せ、桜子を陥れようとするふみの所為で、取引先にまで迷惑を掛けた事があった。あの時桜子は、事実をありのままに言った。だが職人達から総スカンを食らうという、苦い経験がある。
事実だとしても、言っていい事と、そうでない事がある。

桜子は、達彦の前で99%の真実を明かした。が、冬吾の気持ちまでは明かしていない。
達彦にとって、余計な事まで伝える必要なんかない。
全てを明かせば、達彦だけでなく、笛子に与えるダメージすらも大きすぎる。

正直で居る事が、いつも正しいわけではない。
笛子が結婚する前、冬吾に会いに来させようと腐心した桜子に、嘘の知恵を授けたのは八重だった。その目論見に見事にハマり、笛子は上京した。
それは、動かない事象を動かす為の嘘だった。
片思いだったという桜子の嘘は、動きすぎた事象を抑える為のものだ。
そして冬吾も黙して語らず。当然と言えば当然か。良い方に解釈すれば、敢えて真実を語り、波風を起こす必要は無い。
悪い方に解釈すれば、いざという時に何も言えない男。
もしも全てを白日の下に晒せば、いくら何でも、あの時点で達彦は去るだろう。
あそこまでの告白なら、達彦も「淋しい思いをさせて済まなかった。」で許せる。
編集された回想シーンだけなら、精神的絆と解説されても納得出来る。

でも真実は笛子の言うとおり、もっと抜き差しならない状況だった。
傍に居て欲しいと冬吾は桜子に言った。
一緒に居ると苦しい、とふたりはお互いに言ったのだ。

何度も書いたが、他の異性に心が動くことを悪いとは言えない。桜子も冬吾も人間だ。
だが立場をわきまえず、本能のままに自分の心情を相手に伝えた無神経さが、見ていて勘に触った。一番不愉快だったのはその部分だった。
言った本人にしてみれば、嘘偽りの無い正直な感情なんだろう。
その正直な冬吾への感情を吐露する事が、更に笛子を深く傷つけていた。
身体の繋がりより、心の繋がりを見せられる方が余計に傷つく。
桜子本人に悪気も邪心も全く無い。だが、相手の事には全く気が廻っていない。
だから今迄、自己中心的性格だと言ったのだ。

笛子も必死だったんだろう。自分は絵のことはさっぱり理解出来ない。
だが自分が出来る範囲で、冬吾の助けになりたい、という思いが一層強くなったのは、自分の居場所を確保すると共に、桜子の陰に怯えたからじゃないのだろうか。
桜子と冬吾の絆はとても自然で、お互いを深く理解している。それは笛子にも判る。
その絆が強まり、いつか自分の家庭をも壊されるのでは、という深層心理が働いたのではないだろうか。
結果的に笛子は暴走したけど、結局その原因を突き詰めたら、冬吾と桜子の精神的恋愛に起因するんじゃないだろうか。

笛子を何故選んだのか、ずっと疑問に思っていたが、笛子自身が冬吾に問うた。
同性の目から見て、冬吾が語る笛子の長所は、とても良い所には思えなかったけど(笑)。ただ「そんな笛子に魅かれたから結婚した」って言いたいのだ、という事はよく判った。
桜子とは共通点が多いが、笛子とは全く無い。それが冬吾の目には、却って新鮮に映ったって事か。
冬吾の愛は、桜子と笛子、両方に有るのが見えた。
桜子への愛は、自然体で、お互いの方向性が一緒だから気持ちが安らぐ。
笛子への愛は・・・自分に無いものを持っていて、自分が甘えられる場所を作ってくれる。
冬吾、ちょっとズルイぞ(笑)と改めて思った。

杏子は笛子に「浩樹も亡くなった妻子の位牌に手を合わせている。相手の思いを独り占めなんて出来ない。そういう気持ちも受け入れてこその夫婦」みたいに言ってたが、義妹と精神的不倫だったケースは、また違うんじゃ・・・。
随分強引だったが、この問題は此処で幕引きとなった。
要するに、一時期は冬吾にグラついたけど、それは片思いだったと正直に話す桜子、それすらも受け入れる達彦の器の大きさ、って事を描きたかったのか?
あの2週間は、単品のエピソードとして見ればよく出来ている。西島さんと宮崎さんの演技も凄いと思った。でも全てを繋いだとして・・・ホントに必要か、あの2週間。
繋いで見ると、達彦との再会の感動が白々しく見えてしまって仕方ない。
アタシには無用の長物にしか思えないので、やっぱり「黒歴史」にしておこう。
桜子の事は嫌いではなかったが、あのお陰で、どうしても醒めた目で見てしまう。

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ





一話も欠かさず見てきたのですが、実は録画ミスをしてしまい、
詳しいあらすじを紹介しているサイトを検索していて
こちらにたどりつきました。
いちばん知りたかったのは、桜子が冬吾についてどういったのか?
それについての冬吾と笛子、杏子の反応です。
いくつかのサイトを回って、セリフも含めて、なんとなく状況がわかっただけに、
録画ミスが本当に悔やまれます。
桜子の性格上、前回達彦にああ言われたからには
冬吾に一時は心が動いたという事実は伝えなければ
気がすまなかったのだと思います。
もし、それで達彦が離れていったとしても…です。
ずっと以前に笛子も杏子も桜子の気持ちには気付いていた。
気付いていたからこそ、絵を描いている冬吾といっしょに
桜子をいさせてあげたのだと思います。
もちろん、冬吾の気持ちも知った上でです。
この物語がよく出来ているなぁ・・・と思ったのは
三姉妹の書き分けのうまさです。
桜子の自己中心的な、けれど、まっすぐな性格は末っ子ならでは、と納得します。
同じく、自分の気持ちになかなか正直になれず、
自分のことより周囲の目や体裁を気にする笛子は長女らしいし、
そんな二人に挟まれて、いつも冷静で客観的に
物事に対処する強さを持っている杏子は、いかにも次女です。
彼女たちの性格はその境遇が作りだしたもの。
私自身が3人兄弟(女・男・女)の長女なのでよくわかります。
だから、私は桜子のまっすぐさが羨ましいです。
杏子の強さも同様に羨ましいです。
自己中心的というより、桜子は、
いつも自分に正直であることを周囲から許されて生きてきた、
とてもしあわせな女の子なのだと思います。
だから、私はこのドラマの登場人物はみんな大好きです。
本当にただの自己中心的な子だったら、冬吾のこともあきらめなかったと思います。
桜子は自分勝手という意見は、今までもいろいろなサイトで目にしてきました。
でも、私にはそう思えないのです。
彼女は人として肝心な一線だけは、いつもきちんと守ってきたと思いませんか?
はじめての書き込みなのにながながとすみません。
でも、どんな逆境でも笑顔をたやさない桜ちゃんは、やっぱり妹みたいに可愛くて
ついかばってしまいたくなってしまったので。
そう。末っ子ってそれだけで得なんですよ。



【2006/09/18 03:48】 URL | かるまんぼう #OFe0UBUI[ 編集]
自分の信じた通りに進もうとするまっすぐさと正直さ、それは桜子の魅力です。
戦争の前まではそう思って見ていました。多少自己中な処が有っても、それが桜子らしさだと思っていたので、好き嫌い抜きに、微笑ましく見ていました。
海軍に売り込みを掛ける度胸の良さ、女将修業を必死にこなす健気さ、かねを最後まで看取ろうとする責任感の強さ、この辺りまでの桜子に、違和感を感じる事は無かったのですが・・・。
確かに、いつも自分に正直であることを周囲から許されて生きてきた、というのはよく判ります。桜子を取り巻く周囲は、猛進する桜子を暖かく見守ってきました。
でも、桜子を自己中と言う人達(私も含め)つまり実世間では、そこまで良い方に解釈してくれる人ばかりではない、という事だと思うのです。
桜子の自分に正直な姿が、必ずしも、いつも正しいとは思えないのです。
肉親なら許せても、他人はどうでしょうか。その正直さが、他人を傷つける事もあるのです。
高校時代の友人が桜子の性格に良く似ていたのですが、あまりにも正直故に、初対面の人がいきなり口を利かなくなる事が、何度か有りました。
悩む彼女の話をよく聞くと、私が聞く限りでは余計だと思える事を言ってる様子でした。でも本人は、全く悪気が無いのです。
近い関係の人なら指摘しても、初対面に等しい全くの他人が、わざわざ指摘する事は、先ず無いのではと思います。
あのドラマで桜子を取り巻く人達は、桜子の事をよく知っている人達です。
よく知っているからこそ、多少のワガママも、許してしまえるのだと思います。

冬吾への感情を悪いとは思いません。
ただ、冬吾に向かって「一緒に居ると苦しい。」と発言した時点で、私にはアウトでした。
冬吾も桜子に対し、同様の発言をした事が、見ていた私には萎えるだけでした。
あの2週間のエピソードを見ていた間は、本当にキツかったです。
それじゃ観なきゃイイ・・・と思われるかもしれませんが、それでも絵になる美しさを持つ二人、達彦と桜子は、やはり最後まで観たいんですよ。
【2006/09/18 22:50】 URL | snowflake #-[ 編集]
はじめての書き込みにもかかわらず、
こんなにも真摯にお返事をいただけたこと、感謝しております。
人によって、どこでアウトにするか、という点は違うと思うので、
観なきゃイイ…とは決して思いません。
同様に何が正しくて、正しくないか、という線引きも人それぞれかと思います。
言葉は、それを発する人よりも、受けとる側に解釈が任されることがほとんどです。
桜子を自分勝手だと思う人たちを決して悪いとは思いません。
筆力が足りなくて、そのような印象を持たせてしまったとしたら、
申し訳ありませんでした。
ただ、数あるサイトの中で、snowflakeさまの記事がもっとも理性的だったので、
私も率直な感想を述べさせていただいた次第です。
そして、もし実社会で桜子のような人がいても、
私はきっと許してしまうタイプの人間なのだと改めて思いました。
…というか、思えば私の友人はそんな人たちばかりのような気がしなくもありません。
100人の人がいれば、100通りの思いがある。
通りすがりの者に、こんなにも丁寧なお返事、本当にありがとうございました。

余談ですが、もし福士君のファンでしたら『19borders』というドラマをオススメします。
かなり長い作品ですが、全話、すでにDVD化しています。
人物関係がとても複雑な青春群像劇ですが、福士君が全編坊主頭で主演している、なかなかよく出来たドラマです。

機会がありましたら、ぜひご覧になって下さい。
【2006/09/19 01:18】 URL | かるまんぼう #OFe0UBUI[ 編集]
人によって許容範囲は違うので、それに対して思うところは全く無いです。
私は、その時に自分の思った事をそのまま書いただけです。
同じ放送を見て、他の人が全く正反対の思いを持ったとしても、それはそれで良いのでは、と思っています。
人の数だけ思いがある、ってその通りですよね。
ただ、私自身は「アレは受け入れられない」って事だけなんです。
否定の考えを書くのは、結構勇気が要りました。どう書けば誤解の無い様に伝わるか、と何度も文面を読み直しました。
会話で伝えるのと、書いたものだけで判断されるのは全然違うので、妙な誤解されるとイヤだな・・・と思いつつ、それでもまだ言葉が足りないかもしれない、と今でも読み直したりもします。
実社会に居たら許せるか否かも、その人の事をよく知ってたら、私は許せるかもしれません。友人だったら「言い過ぎてるよ」と多分私は言ってる事でしょう。
でも殆ど面識が無かったら、多分黙って、そのままフェードアウトすると思います。

現在は仕事で拘束される時間が、移動時間を含め12~14時間なので、平日に自分の時間を取るのが難しいのですが、来春以降、時間に余裕が出たら「19borders」観てみたいと思います。
率直なご意見を頂けた事、本当に嬉しかったです。有難うございました。
【2006/09/19 23:46】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。