上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かねが亡くなってから1年。春一番なのだろう、強い風が砂を巻き上げる。
今日は一周忌。
山長での法事、桜子は久しぶりに職人達と会う。皆が「若女将、若女将」と慕ってくれる。ここでの桜子の笑顔は好きだ。
マルセイユで演奏していた時も、キラキラと目を輝かせていた。
先週迄の事は、とりあえず記憶から無理やり抹殺しておこう。

でも笛子は気付いてたんだね。そりゃあ女の勘を侮ってはいけない。ビックリする程、細かい所をしっかり観察してるからねぇ。
性格は全く違っても、幾つになっても、笛子姉は妹の行く末を心配する。

キヨシは拝金主義者になっていた。「金が全て」って、アンタそれどっかで聞いたよ。
金こそ正義、の発想になってしまったキヨシも、ある意味戦争の被害者なのかも。
本人は気付いてないだろうけど。
そして自信満々の求婚も、再度あっさり桜子に退けられる。
だから無理だって何度も言ってるのに。

そして杏子。この人ってシャーマンなのか?そんなに予知夢を立て続けに見るものなのか?
笛子の身の上に起こる事は、多分、子供じゃない様な気がするんだが・・・。

杏子の夢に出てきた「蟻」。
砂塵の中に立つ人影を桜子は見た。
達彦に駆け寄り、しがみつく桜子。
無表情だった達彦の表情が、僅かに動いた。

かねはあの世に行って、ビックリしてたかもしれない。
居ると思った達彦は、此処には居なかった。
で、かねは下界を見ると・・・居るじゃん達彦。
あの世で拓司に事の顛末を聞くかね、なんてのを想像した。

達彦は表情を失っていた。戦地で何を見たのだろう。
プライベート・ライアンの冒頭みたいなシーンを、実際に何度も体験してしまっていたら、と思うと・・・凄く嫌だ、想像したくない。
私達が目にする事が出来るのは、ニュースの映像と、戦跡だけ。後は体験者の話だ。
これは実際の体験の、ほんの僅かな部分に過ぎない。
サイパンの戦跡を見た時、青い空と海が見える岬の慰霊碑が、何処か物悲しく感じた。

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ





達彦さん、やっと帰って来てくれましたね(涙)
最近は観たり観なかったりで、観ても「ながら観」だったけど、
坊っちゃんが帰ってきたとあっちゃあ、これから最終まではしっかり気合いをいれて観られそうです!
【2006/09/07 16:24】 URL | ひやむぎそうめん #-[ 編集]
アタクシ、福士君はこのドラマ観るまで知らなかったけど、若いのにイイ表情見せるなぁ、と感心してます。
こんな素直な弟が居たら、姉はすご~く楽しい気分になるかも。

あっ、勇太郎も素直でイイ子だった。
【2006/09/08 00:08】 URL | snowflake #-[ 編集]
笛子姉ちゃんがサザエさんならば、勇太郎君はカツオちゃんってことですよね(笑)
有森家にはワカメちゃんがふたりいますが。ってサザエさんネタこんなに引っ張ってすみません(^_^;)←すごくハマッちゃって…!

勇太郎君、無事に戦地から帰ってきたわりに、地味な扱いでなかなか出番が無いですね~。。。。
【2006/09/09 00:51】 URL | ひやむぎそうめん #-[ 編集]
東大卒のカツオ・・・(笑)あまりにも出来が良すぎて、本物のサザエさんも躊躇しそうですね。
ワカメちゃんと言うと、どうしても2歳の加寿ちゃんを思い出してしまうんです。詩月ちゃん、ホント可愛い~。
【2006/09/09 08:01】 URL | snowflake #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。