上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演出の巧妙さ、とでも言うべきなのだろうか。
達彦の帽子をスッとおろし、サッと頬にキスする桜子。
そこだけ一瞬スローモーション。

見ていて思わず「あっ」と声が出た。
「やられた~」って感じ。それも心地よさの残る。

昭和初期を舞台に、70年代少女マンガのエッセンスを加え、
暖かみのある空気感を表現しているドラマになっていると
思う。

ちなみにこのドラマ、見てみようと思ったきっかけは戸田恵子。
(だってガンダムのマチルダさんだも~ん。)
しかし、磯とかねの、どこか楽しげな嫌味の応酬は、見ていて結構
楽しかったりする。

ついに、自分の思いが桜子に届いた達彦に待つ運命は如何に。
第9週も、目が離せません。

テーマ:純情きらり - ジャンル:テレビ・ラジオ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。