上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪して家庭を顧みない母・加乃子(高畑淳子)が登場。出来のいい娘つばさ(多部未華子)を見てると、なんでこんな破天荒な母親からこんないい子が…なんて思ってしまう(笑)。
まだ2話だから判らないけど、「だんだん」よりは面白そう。キャラ立ってる人物が多いし、朝から派手なケンカ見せてくれる辺り、どこか「ちりとてちん」を彷彿とさせる。
春の朝ドラって「どんど晴れ」や「瞳」などの駄作ばかり続いてたけど、久々の良作の予感?
放浪とホーロー看板をひっかけてる小技、少々効いたスパイスって感じで今のところは好感持てるけど、しばらく様子見てみようかな。でもつばさがカワイイから、多分毎朝観る予定~。
しかし知秋(冨浦智嗣)の声、最初聞いた時は女の子かと思った(笑)
スポンサーサイト

テーマ:NHK 朝ドラ「つばさ」 - ジャンル:テレビ・ラジオ


『腹が減っては戦は出来ぬ』よりは、『伏線なければ話にならぬ』の方がとても似合ってると思います。
今回は兼続の「愛と義」で桑取村を味方に付け、兵糧ゲットだぜwというお話でした。
どうでもいいツッコミですが、諏訪御寮人の息子・勝頼と、油川夫人の娘・菊姫って一緒に住んでるのでしょうか?まぁ一応、(異母)兄妹だから?
更にあの、天然ボケ入った於琴姫(油川夫人)の娘である菊姫って、そんなに勝気な性格誰から受け継いだんでしょうか。晴信?それとも信虎まで遡る??
菊姫と夏美のキャラが被って見えます。勝気な設定がもう、ね(笑)
菊姫もさぞかし、前向きなヒロインなのでしょう。

今日かろうじて良かった処は、兼続しか見てないお船に遂にキレる信綱さん。いやよくぞ言った(笑)
後は、兵糧がどれだけ必要なのかを計算して見せていた処。小学校の社会科の授業みたいでとても解りやすかったです。
それ以外に、良かったと言える所が思いつかないですね。スイーツ(笑)対象というよりも、小学生向けに書いてるんですかね、今年の話は。

景虎サイドは金積んでたのにもかかわらず、兼続の愛と義の精神で心を動かされた桑取村は、景勝サイドにつく事になったそうです。はぁ~。
毎度思うんですが、この程度の話でいいのなら私でも書けそう(笑)
更にワケわからんのが、兼続が桑取村への道のりで会った、怪我して動けなかった老婆を助けたのはいいけど、その老婆にいきなり刀を預けてしまう処。
兼続というキャラが私には理解不能で、全く感情移入出来ません。この「預ける」って行為、この老婆トメが村の長と関係ある地位の高い者だという事を、兼続が知っていてやってるのなら、まだ少しは解らなくもないんですけどね。知らないで刀預けるなんて、只の阿呆にしか見えないですね。
そして村の者からボコボコにされても座り込みする兼続って、雨の中で座り込みしてた夏美みたいで、思わず爆笑してしまいました。これが軍師の器なんでしょうか。やっぱり理解不能だわ。
もし、風林火山の時代の武田軍団がこの時代に全盛期だったら、調略だけで越後は楽に落とせるんじゃないでしょうか。勘助一人の知恵で、あっさり陥落しそうだ(笑)

で、兼続は来週、武田に潜入するそうですが、越後の関係者という身分を伏せてるんでしょうか?
明らかにしてるんなら、わざわざ潜入しなくても良さげな気もするんですがどうでしょう。
塩売りの商人にでも化けて潜入するんですかね~。そんな策士でもなさそうだけどw
「どんど晴れ」のストーリーを次回予告に貼り付けても、全く違和感の無い大河ドラマ「天地人」の感想を終わります。しかし謙信死んで、ますます薄っぺらくなったな(笑)

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ


先週の『イケメン』に続き、今週の『なんてったって本丸』…。もう全く笑えないんですが。
大河ドラマ枠より、木曜8時枠のほうが似合ってるんじゃないでしょうか。そんな事を考えながら観てました。
今まで観なかった層を取り入れる為に、こんな風にしてるんですかね。色々と勘繰ってしまいます。
今回の話、景虎の葛藤はまぁまぁ観れたけど、お船と初音がすごくウザイっと思ってしまったのは私だけでしょうか。
初音はアレですかね、忍者兼お小姓ですかね(笑)こんなキャラ要らんやろフツーに。

お船に至っては・・・勇ましいのか凛々しいのか判らないけど、なんであそこで出てくるのか判らないです。
っつか、只のでしゃばりに見えるんですが。今回の件、兼続が絡んでなかったら出てこなかっただろアンタは…ってツッコミたくなってしまいました。で、信綱には全然無関心だもんな~(笑)
信綱が嫉妬に狂って、お船と兼続に派手に復讐する…なんて展開があるなら、これからも観ますけど…って、まるで昼ドラやんw
ここまでの話の展開全てにおいてだけど、唐突で雑な感じばかりが残ります。とって付けた様な感じ、とでも言ったら適していますかね。
尤も朝ドラ「どんど晴れ」も常に唐突感は有ったから、似たようなものになりそうな気はしてたんですが、やっぱ予想通りでした。

毎週毎週、いつか面白くなるのではと微かな期待を抱きつつ観てましたが、観終わった後に必ず「風林火山」DVDを観ていました(笑)
だってストレス溜まるばかりなんだも~ん。

勝頼が出てくる処までは頑張って観ようかなと思います。勘助があれだけ入れ込んでた由布姫の息子ですしね。

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ


地デジに変えたのがつい最近なので、全く気付かなかったのですが、BS-hiで「純情きらり」を再放送しているんですね。今放送している話が、2年半前にあれだけ嫌悪した"魔の2週間"辺りなんですが、今観ると、何故かサラリと観れてしまいます。
「ま~こういう感情も有りかな~」なんて思って観れる様になったのは、自分のモノの見方が変わったからだと思いますが。
しかし冬吾の台詞は、「だんだん」の石橋さんがサリーミュージックに居た頃、のぞみとめぐみに対して、音楽の世界に誘う為に口説いていたのと同じ位に思わせ振りだわ(笑)
いやぁ、イケメンに真顔であんな台詞を連発されたら、大抵の女性は心が揺れるんじゃないでしょうか。もっとも人を好きになる要因って、顔だけじゃないですけどね。
そんな事を色々考えていたら、あの時の桜子も許容出来る様になりました。

本放送していた頃ですが、原案となった『火の山―山猿記』も読みました。ドラマのイメージとは違うし、正直言って読みやすくは無いのですが、頑張って最後まで読みましたよ。
もし読むなら、じっくりと腰を据えて読まれる事をお薦めします。

火の山―山猿記〈上〉 (講談社文庫)火の山―山猿記〈上〉 (講談社文庫)
(2006/01)
津島 佑子

商品詳細を見る

火の山―山猿記〈下〉 (講談社文庫)火の山―山猿記〈下〉 (講談社文庫)
(2006/01)
津島 佑子

商品詳細を見る

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


ドラマはボチボチ観てたんですが、書く時間が取れなくてずっと更新していませんでした。最近は少し余裕出てきたけど、前のペースで更新出来るかは未定です。
昨年秋以降、ドラマは少し観ていました。「七瀬ふたたび」とjか「上海タイフーン」とか。どっちも面白かったですよ。今年は「浪花の華」と「QED~証明終了~」はほとんど観ました。
「だんだん」と「天地人」も観てます。が「だんだん」は感想書くほどハマれないし、「天地人」に至っては・・・(笑)
私、大河ドラマで居眠りしたの初めてだわ(笑)本気で退屈すぎて。
御館の乱に入ったら面白くなるのかな。あと一ヶ月位は辛抱して観ようかな~と思いますが・・・そこまで持つのか自分。
戦国上杉モノだからちょっと期待してたのに、今の所は期待ハズレです。確かにイケメンは揃ってるけど、話が面白くないから飽きてしまいます。

コメント欄は当分休止します。ご了承下さい。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。