上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86年、SuBに転職した久子は、ミヤケの時と同様、順調に成績を伸ばしている。そんな久子が初日に挑戦状を渡した末長とは、憎まれ口を叩き合いながらも、何処か仲がいい雰囲気。
外車を売る為には自分を磨く事が必要と考え、カラーコーディネートの勉強や美術館巡りをする久子。
一生懸命に走っている久子は、キラキラと輝いている。そんな久子をいつも見ている末長。
末長が惹かれていく気持ちもよく判る。
久子のセールスの仕方って、本当に女性だな、と思った。確かに性能や技術の高さは、カタログを見れば誰でも判る。
でも、車に乗った時の心地良い感覚をイメージするのは、セールスのトークがキーポイントかも。
久子の車の売り方って、洋服を売るのと似てる感じがした。

転職した大森は随分と雰囲気が変わった。久しぶりに皆で集まって食事するのも、高そうな酒や食事を注文しては、自分の奢りだと言う。
それまで何処かコンプレックスを感じていた大森だけど、自分が優位に立った事をアピールしたかったんだろうか。金も仕事も女も・・・全てお前らよりも成功している。
男同士の張り合い・・・みたいなものかな。実際、こんな風に張り合う感覚って有るのかな。女性なら判るんだけど。
久子と真理子の会話には、思わず頷きそうになってしまった。それは相手を思いやる気持ちも勿論有るけど、やっぱり自分の方が優位なのよ・・・的な感覚。
"家庭を持って子供が居る私の方が上よ"的な匂いを漂わせる真理子。
それに対して、「今は仕事が楽しくて仕方ない。やりがいも有るしね。」と、仕事が出来る喜びをさりげなくアピールする久子。友達だけど、つい張り合う様な言葉を交わしてしまう。

末長が世田谷支店の店長に・・・と聞いた時の久子の表情。複雑なその表情は、一緒に居られなくなる事の寂しさなんだろうか。
でも直ぐに、笑顔で拍手を送る久子。末長が久子に好意を持っているのは解るけど、肝心の久子がどう思ってるのか。友情以上に感じてるのかワカラン~。
なんて思いながら観てたけど、食事に誘ったりプレゼント買ったりしてる処を見ると、久子の中にも恋心は有るのかもね。
そんな二人の初めてのデートは、暮れも押し迫った夜。東証の大納会が有ったのなら、仕事納めだったのかな。
ふたりで食事して、バーで飲んで・・・って、正しいデートコースだよ久子~。
それなのに色気の無い会話といい、"100年早い"発言といい・・・。久子ってば、車売る時の器用さは何処へ行ったんだよぅ(´Д⊂)
末長は本気だったし、素直な気持ちをぶつけてきたのに・・・肝心の久子が本心を出さない。
もっとも、出せない気持ちは判る。自分の方が年上だし・・・と、何処か引け目を感じてしまうのかもしれないけど、末長はそこを見ていたのではなく、仕事をする久子の姿勢に惹かれていたのだと思う。
つい軽く茶化してしまったのが致命的だったね・・・。末長も33歳なら、そんな久子の気持ちを見抜いてくれても良さそうな気もしたけど、まだそこまで理解出来る程ではなかったのかな。
自分から恋のチャンスを逃してしまった久子。この辺りの描写の細かさは"巧いな~"と思った。
次回で最終回。ずっと走ってきた久子の行き着く先は、果たして何処なのだろう。
そして、いつまでも若々しい光枝さんが、予告では老けていた~。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ
スポンサーサイト

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


本来の趣旨とハズれてきそうなので、ニュース(福岡)の分だけ別ブログに引越します。
「ニュースなっとく福岡」及び、それに伴う記事は全て移動の対象としています。
もし今後も希望される方は、恐れ入りますがコメント欄にメアド頂ければ、新アドレスを返信致します。
(フリーメールのアドレスで構いません)

頂いたメールアドレスは、ブログアドレスの返信以外に使う事は有りません。
ちなみに新ブログはping飛ばしてないので、検索で出る事は多分無いと思います。
検索除け設定をしているのは、見知らぬブログで流用されるのを少しでも防ぐ為です。
尚、コメントにメアド記述される場合[管理者にだけ表示を許可する]に、必ずチェックを入れて下さい
移行作業が完了致しましたので、随時お返事を差し上げています。
スパムコメントは削除していますが、それ以外の方には全てお答え致しています。
大変お手数をお掛けいたしますが、ご理解頂ければと思います。

今日のスタパのゲストが駒田さん。久しぶりに観た気がするけど、こんなに横に(ry)だったっけ?
現役時代のイメージしか残ってないから、随分印象変わったな~と思った。
巨人時代は流石に全く覚えていなかったが、横浜時代のなら未だ記憶にある。
それでも「もう10年も経つのか・・・」と、スタパでの現役時代の映像観ながら思い出した。
あの頃のベイスターズって凄かったよなぁ。

で、夜は久しぶりに『バッテリー』を観た。う~ん、やっぱ観てるこっちが気恥ずかしくなる。
野球ってフィルターを掛けてるからソフトに見えるが、ハズして観ると・・・。
豪の代わりに自分がキャッチャーやる、って言ってた東谷君が、なかなかのオトコマエではなかろうか。
美形とはちょっと違うが、"漢"って雰囲気が良いなぁ。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


僅かな時間だったけど、やっぱ濃いわこの兄弟(笑)
十分楽しめました。2ヶ月前に終わったのに、ものすごく懐かしい感じがしましたね。
早々兄さんは少し髪型変わったかな。四草の毒舌、これ聴かんと『ちりとてちん』じゃないよね~(笑)
小草若の妙なテンションに笑いました。よかったね主役で・・・って、3人が主役やろ!?
4人揃っていたのが"底抜けにぃ~"良かったです。放送まで待つのが楽しみ~!
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


ガンちゃんの詰襟姿って大学の應援団みたいだ・・・と思いつつ観ていた『ふるさと一番』。でも良く似合っていたよ。
そんな事を思いつつ、スタパまでのつなぎで久々に『瞳』を観たら、田中幸太朗が出ている。
最初誰だか判らなかった。で、『瞳』では職業"webデザイナー"だそうな。
そのwebデザイナーが2週間も入院していた理由もよく判らないけど、オーバーワーク続きでダウンでもしたのだろうか。
その割には、一日20通も恵子にメール送ったり・・・と、随分と暇そうなwebデザイナーだけど。
今期の朝ドラは早々に脱落したから、今日のも真剣に観てないので"どうでもいいや~"と思ったけど、田中幸太朗が出てきたので、ついネタに取り上げてしまった。
が、次はもう無いだろうな・・・。香坂弾正は好きだったんだけどなぁ。
終わった処で定時ニュース観た後、スタパに早乙女太一登場。素顔で観ても整った顔立ちだ~。
口数は決して多くないから、武内アナが話してる時間の方が多かったけど、時折見せる笑顔はなかなか可愛かった。
何で早乙女太一がゲストなんだろう・・・と思っていたら、『歌謡コンサート』の番宣。
夜、いつもは観ない歌謡コンサートまで観てしまったわよ(笑)
綺麗なだけでなく、上手く言えないけど存在感が凄い。これで16歳なんだ~と感心してしまった。
ちなみに今週は五木ひろしも出演していた。
やっぱり今でも、この人の顔を観る度に『ちりとてちん』糸子さんの、「ひろし~」がイメージとして、脳内でリンクしてしまっている・・・。未だ離れそうにない(笑)。

FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


前回見た時は、「毎週有るのかなこのコーナー?」って思っていたけど、場所毎なんだ。
黄金色の冠を戴いた芝田山親方にビックリしつつも、何だか「愛嬌有ってカワイイ~」なんて思ってしまった。
場所毎に親方こだわりのスイーツが出てくるそうだが、今後も要チェックかな。九州場所後に何処が紹介されるのか、今からすごく楽しみ♪
しかし、この時間帯にスイーツのアップと、それを本当に幸せそうな表情で頂く親方が画面に出てくるのは、観る方には目の毒すぎて・・・(笑)。どれも美味しそうだよぅ。
先日は三度揚げのかりんとうの輝きに、かな~りそそられてしまった。

それにしても、大乃国時代からは想像つかなかったけど、親方がそこまで甘いもの好きだとは・・・ホントに知らなかった。

第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業
(2006/09)
芝田山 康

商品詳細を見る

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事はブロとものみ閲覧できます

もう今回は、30分殆ど笑いっぱなし(笑)。今週は逸馬(福士誠治)&信三郎(斎藤工)よりも、坪井喜八郎(小倉一郎)や中嶋勘解由(佐戸井けん太)等のキャラに笑わされた。
先週、中間管理職の悲哀を少しだけ見せてくれたこの両名。今週は更に深く、いかに苦労しているかを掘り下げて見せてくれる。こ、こんなん有りなのか(笑)

エスケープした遠山金四郎(柴田恭兵)に苦労が絶えない坪井。猫の千代丸が行方不明となり、顔面蒼白の中嶋。鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)に知れたら・・・と狼狽しまくる中嶋に、気の毒だと思いつつも笑いが止まらん(笑)
機嫌よく外出先から戻ったのに、千代丸が居ないと知った瞬間、鳥居の表情が豹変する。このドラマの面白い要因って、鳥居様の力がかなり有ると思うんだけど。しかし鳥居ってホント、千代丸の事を溺愛してるのね。

で、当の千代丸はと言うと、佐和膳でサボってる遠山の胸に抱かれている。
今日こそ佐和(井上和香)に告白しようと決めた逸馬、何故か一緒についてきて酔っ払ってる坪井、信三郎に加え、千代丸を探しに来た鳥居&中嶋。
鉢合わせしない様にと気配りする佐和。今回は佐和が一番オトコマエだったかもしれない(笑)。鞍馬天狗の幾松みたいなポジションなのね~と、タンカ切る姿を見て思った。
中嶋&坪井は、先週の一件以来、お互いの立場が似通ってる事に意気投合。二人の姿を見てると、なんか時代劇のコスプレした現代劇みたい。

ところで佐和膳の折り詰めを待っている信三郎の母・のぶ(浅田美代子)&茜(近野成美)&仙人(藤村俊二)は、晩御飯にありつけたのか気になる処なんだけど(笑)。
もうひとつ気になったのが、何故、千代丸は佐和の店に居たのか。
悩んでいたら相方が「千代丸って名前なら多分オスだよ。佐和の処に行きたかったんじゃないの。」と言う。
ああそうか。いつも鳥居様に抱っこされてる千代丸だけど、やっぱり佐和に抱かれたかったのか~。そりゃ佐和の胸の中なら、さぞかし心地良かろうって・・・(笑)
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


転機が訪れたのは久子だけではなかった。様々な人に訪れる"転機"が描かれていた今回の話。
高村と入れ替わるかの様に、今度は柴田がアメリカへ行く。真理子と気持ちがすれ違い気味だった柴田だけど・・・結局、そう収まるのか~。
しかし真理子ってば、隆男を試していたのか?だったら、最初からついていけばいいのに。
やっぱりメンドくさい女だと思ってしまった。どうしても好意的に見れない真理子なんだけど、皆で集まった後、久子が、岡野を喪った悲しみを吐露した時に、久子を抱き締める真理子はいいな~って思った。ああいう描写はキライじゃない。

谷口って仕事バ●だったのか??そりゃちょっとビックリしたわ。
仕事も出来る、女も適当に・・・ってキャラだと思っていたから、新人カーコンパニオンに入れ込んでるのを見て、またビックリ。見た目と違って意外とウブだったんだろうか・・・。
「仕事一筋で来た人ほど、のぼせると深みにはまるって言うからね。」と言う、藤山さんの言葉が全てを表していたんだ。
で、そんな谷口を狂わせた留美子には、計算高くて、したたかすぎて・・・笑ってしまった(笑)。自分の売り時を計算している辺り、『やまとなでしこ』の桜子を彷彿とさせた。それでも、桜子はまだ愛嬌あったけど・・・。

ずっとミヤケモータースで頑張ってきた久子だけど、此処ではもう、自分の可能性が拓ける事は無さそうだ。
そんな時に高村が助言する。「今の営業所だけが、車を売る場所じゃないだろ。」
ミヤケだけが自動車ディーラーじゃない。輸入車でもやっていけるんじゃないか。

久子にとっての"転機"となった高村の一言。

ミヤケモータースを離れた久子が、新たな道に挑戦する。折りしも時はバブルの頃。
SuBのトップセールスマンに「1年で抜いてみせる。」と言い切る久子は、本当にオトコマエだった(笑)。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


7回表にカープ・前田のタイムリーで3-3の同点。だけど7回ウラにホークス2点で5-3になり、更に8回ウラ、松中の満塁HR。
ライトスタンドに飛び込んだ打球に、狂喜するホークスファンが映る。
ここで9-3だから流石に今日は勝つだろう・・・と思っていたら、9回表にカープが1点入れて9-4。
でも結果はホークスの勝ちだった。ヒーローインタビューは勿論、満塁HRの松中。
実況が田中アナってのは声で判ったんだけど、解説が誰だか判らない。
サイト観に行けば載ってるのは判っていたけど・・・。う~ん、それってちょっと悔しい(笑)。
で、一生懸命考えたけど、結局最後に田中アナが「解説は・・・」と言うまで判らなかった。
答えは、『伊東勤』さんだったよ~。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


18時のニュースを観ていたら、広島の動物園に居る熊に、広島カープがバットを贈った話をしていた。
ツキノワグマのクラウド君が、黒いバットで器用に遊んでいる。
「か、かわいい・・・。」なんて思ってしまった(笑)。
そこでニュースは終わったのだけど、登坂アナも・・・笑っていた~。
3月までは13時のニュースに切り替わった時、結構フッと"笑ってるな~"と思った事は何度も有ったけど、最近はあまり観てなかった。
久しぶりに、登坂アナの笑顔らしい笑顔を観た様な気がした。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


滝山にどうして、あんな質問してるのかさっぱり理解出来ん(笑)。幾島って、もっと聡明な人だと思っていたんだけど・・・違うのかな。
直球勝負する人じゃなくて、策士だろうと思っていたけど。もっとも、私が真剣に『篤姫』観ていないから、読み違えたんだろうか・・・。ホントに"血迷っていた"んだ。
篤姫が橋から落ちそうになった瞬間、一瞬見せた家定の表情。ものすごく情報量が詰まった様な表情の変化は良かった。
私は『新撰組!』挫折したから、山南さんは知らないのだけど『オードリー』以来に観る堺さんは、"やっぱり上手いな~"と思った。
しかし"良いな~"と思うのが家定だけでは、少々ツライ。宮あおいも上手いんだけど、桜子ほどにドキドキさせる要素は無い。大奥に入った篤姫観てると、どっかで観たな~って気がしてw。海軍に八丁味噌を売り込みに行ってた桜子と、ついダブりそうになった。
他に見所が無い訳ではないのだけど、(私が)心惹かれる要素が無い。もし、春画全開で見せていたとしても、苦笑するだけだなw
家定が鴨を追っかけていた時は何も思わなかったけど、篤姫が追っかけてるのを観た途端、ア○○ックのCMを思い起こさせてしまうのは・・・ねぇ。
単なる偶然なのか、それとも故意なのかは判らないけど。やっぱり、家に居た時は"ながら観"でイイや、今年の大河は。
"家に居なけりゃ録画してまで観たい・・・"って気には到底、なれそうもない。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ


妄想と夢オチは『ちりとてちん』で、散々鍛えられていたから大丈夫よ(笑)。
だから冒頭の逸馬(福士誠治)の妙な様子も、すんなり観ていた。あれ観てたら、"此処にも喜代美みたいなのが居る~"なんて思ってしまった(笑)。

今週の逸馬は失敗をした。盗みの罪で捕まった卯吉(川野直輝)だが、実は真犯人は違っていた。卯吉の無実を信じていた母親。だが放免された時、卯吉の母は既に帰らぬ人となっていた。
父親が切腹した理由を知りたい信三郎(斎藤工)。その死因に、老中・水野忠邦が関わっていた事を突き止める。しかし家の事、母の事を思えば深く追及する事が出来ない。
そんな信三郎を見た逸馬が「じゃ俺が調べる」ってなイキオイで動こうとするが、遠山金四郎(柴田恭兵)に制止される。
無鉄砲な逸馬を諌める金さん。冷静な言葉の裏側には、部下に対する思いが溢れている。
『トップセールス』の岡野所長みたいに、実に渋くてカッコイイ上司だ。

仕事を失敗しない奴は居ない。転んだ時、何を掴むかで人の価値が決まる。
仕事ってのは、自分の為にやるものじゃない。

金さん、深いです・・・。

無鉄砲な部下に、いつもハラハラさせられる坪井喜八郎(小倉一郎)が、鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)に呼ばれた理由は、「自分の部下になれ。」だった。
鳥居に「近う寄れ。」と言われて近づく坪井だが、猫アレルギーなんだろうか(笑)。
近づけば近づくほどに、クシャミがとまらない坪井。
そして坪井がクシャミをする度に、ビクッと身体を震わせるネコの千代丸。坪井様もネコも大変だわ。
結局断った坪井だけど、その後で南町奉行所の中嶋勘解由(佐戸井けん太)と共に、中間管理職の悲哀を見せてくれたのに、ついつい笑った。お互い苦労が絶えませんな~。

盗賊の兼松が出てきた処で、"何かこの人、ユカイに似てるな~"と思いながら観ていたら本当に田所"ダイアモンド☆ユカイ"豊だったよ~(笑)あ~ビックリした。
ユカイの演技観るのって、「TOKYO POP」以来だ。あの映画って、デビュー前のX(X-JAPAN)が、一瞬出てくるんだがw。
それにしてもユカイを観てたら、久々にRED WARRIORSの"バラとワイン"が聴きたくなってきた・・・。


そして今週もやっぱり、30分では追いかけきれない位にネタが詰まっていた。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


『N7』終わって、じゃ野球観ようかな~と思いつつ、そのままにしていたら、『クローズアップ現代』に森本アナが登場。思わず最後まで観てしまった。
それからBSでやってる野球に変えたら、またもホークスはライオンズに大敗している。しかも、今日も2桁失点。
喜ぶのはレフトスタンド(の一部)に陣取る、ライオンズの応援団だけ。
それにしても10年前も同じ様な事を思ったけど、いつ観ても、あの旗振りが揃ってる処は"見事だわ~"と、つい感心してしまう(笑)
そんな事を思いつつ、『845』観よう~とチャンネルを変えた。
昨日に引き続き、今日も守本アナだったよ♪

そんな事してるから、『なっとく福岡』のレビューはますます遅くなる・・・。
果たして何人がアレ読んでるのか、さっぱり判らないのですが(笑)
それでも週末までには、何とか帳尻合わせたいです。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


今週の時代背景は1980年。
「まさか所長が・・・」と「まさか所長に・・・」と、二度ビックリした展開だった。
所長が病で倒れる辺りの展開で、やっぱり草若師匠の姿を重ねてしまう私(重ね重ね申し訳ない)。
その辺りで多分、所長との永遠の別れになるのだろうな~なんて、薄々察しながら観てたけど、まさか久子が岡野所長に、"父親以上の感情を抱いていた"なんて、全く想像外。
だからキスシーン見た時は「えええええ!?そうなのか~!」だった。しかも一緒に寝ているというオプションまで付いてるし。
でもあれって、え…っと、"添い寝だけ"よね!?次週で、久子の出産シーンが有ったら・・・ってのは杞憂かw

"察しつつ観ていた"と言えば、柴田家の夫婦の微妙なズレもだ。
毎日仕事で深夜帰宅の夫、娘と二人で過ごす時間が余りにも長い真理子。
先に休んでいていいと言う隆男に「鬱陶しい?」と聞き返す真理子。
真理子ってかなり空気読むタイプだな。しかも相当、深読みする性質かと思えた。その深読みが的を得ているのかどうかは判らないけど、その度にいちいち言われているのなら、確かに鬱陶しいかもしれない。
仕事に打ち込む事で、久子への微かな想いを消し去ってきたのかなぁ隆男って。でも肝心の久子は、もう完全に過去の記憶になっている様だけどね。
取材で真理子の処に来た吾郎が本音を漏らす。隆男が全然休まず働いていると言う真理子に「寂しすぎるよな。話するのが、夜食の時だけだなんて。俺ならもっと一緒に・・・。」と言う吾郎。
吾郎はまだ真理子の事、忘れてはいないんだよね。

20年振りの父との再会。母の店の常連客から聞いた目撃情報を頼りに、寄席に足を運ぶ久子。
そこで見たものは、寄席の呼び込みをする父、浩太郎の姿だった。
子供の頃の父の姿しか覚えていないから、あの頃の気持ちのままで接しようとする久子。でも浩太郎には、そこに至るまでの自分なりの事情が有った。そして今の生活が有る。
別の女の人と暮らしている父の現状を知った時、久子の怒りが爆発する。
母と自分は、ずっと二人きりだった。母は女手ひとつで苦労して、自分を育ててくれた。その間、父は別の女の人と一緒だった・・・そんな思いが一気に久子の気持ちを揺るがせたのかな。
父親に怒りをぶつけて飛び出す久子。

父親に会った事で、仕事にも身が入らない久子。様子がおかしい事に気付いた岡野所長と経理の邦子が、久子の相談に乗る。
母・光枝に話そうと考える久子に「黙っていなさい。」と制止する邦子。
自分の体験と重ね合わせて話す邦子の言葉には、久子を説得するするだけの十分な重みが有った。邦子さんのご主人は特攻隊だったのか。

だが浩太郎の消息を光枝に告げたのは岡野だった。黙っているつもりだった久子の代わりに、嫌な役を自ら買って出てしまう岡野。
聞かされた当初、光枝は一生懸命平静さを保とうとしていたが、終いには「お帰り下さい。」と言い放つ。
何故、家庭の事情にまで・・・と思ったけど、後に光枝から感謝されていた岡野。
「久子に聞かされていたら、自分も娘ももっと辛かったと思う。」
礼を言う光枝に、"ああなるほどね~"と思った。人の気持ちを深く思いやる事の出来る岡野所長だから、敢えて自分が出たのか。
車売る時も、それぞれの家庭の事情をちゃんと把握してるしね。

代替の時期が来ていた横山家の営業を、入院した岡野の代わりに任された久子。
その横山家はと言えば、ご主人は毎日深夜帰宅、娘も遅くにしか帰らない。家に居るのは妻と浪人生の息子だけ。
アルコールに依存する妻と、家庭内暴力が抑えられない息子。1台目の車を買ってくれた頃は、幸せいっぱいの家族だったのに。いつの間にか、すっかり歯車が狂ってしまっていた。
そんな横山家の様子を気遣い、足繁く通う久子だけど、所長代行としてやってきた柴田と営業方法についてぶつかってしまう。
本社の意向で、効率良く数字を挙げようと営業にハッパを掛ける柴田だけど、そのやり方は営業達には伝わらない。
「所詮メーカーから送り込まれた人間だから。そんな風にしか自分を見てくれない、現在の日本車の状況をまるで理解していない。」と、居酒屋で大森や高村と呑みながら愚痴る柴田。
でも其処で、独断で動かない処が柴田君なのかな。入院中の岡野に相談してる辺りを観ていたら、柴田なら岡野所長の気持ちを汲んで、上手くやっていけそうな気がした。
実りを得る為には、耕す時間も必要だ・・・。」と言う岡野。
耕さずに刈り取り続ければ、いずれ何も実らなくなる。」
この言葉って、すごく深いな・・・と思った。

久子が横山家を訪ねた時、息子・敦也が居間でバットを振りながら暴れていた。家中のモノを叩き壊す凄まじい光景に、久子も一瞬及び腰になる。
椅子の陰に隠れ、久子に「警察を・・・」と言う早苗だけど、その言葉に更に反応して、いっそう手が付けられない状態の敦也。
その朝に父親と揉めた事が、暴れた原因だった。
駆けつけた岡野が部屋に立て篭もった敦也に呼びかける。ドアを開けようとした途端に、岡野に突っ込んでくる敦也。
敦也の身体をしっかりと抱きとめ、必死で語り掛ける岡野。
車を買ったばかりの頃の横山家の様子、敦也は待ち望んで産まれた子、家族に喜びを運んで来た子だと、敦也に言い聞かせる岡野。
帰ってきた横山が、「一体何事なのか?」と憮然としている。そんな横山に久子が言う。

もっと向き合って。逃げないで。見捨てないで。

それは自分の父、浩太郎に一番言いたかった言葉なのだろう。

戦後から高度成長期を経て、今もなお一生懸命働いてきた理由は、明日の幸せを夢見てだった。でも辿りついた先に見たものは、バラバラになった家族、汚れて捨てられた車。
岡野所長って、車を売る事が本当に好きなんだ。車と共に、家族の幸せな笑顔を見る事が好きなのだろうな。だから営業先の家庭の事にも、真剣に向き合えるのかもしれない。

車を希望に変え、喜びと共に売ってくれ。」

それがトップセールス・久子へ遺した、上司としての岡野の最後の言葉。

岡野の葬儀が有った夜、浩太郎が店に訪ねてきた。
久子ときちんと向き合おうとする父。
そんな風に向き合えるのも、以前、光枝に言われた事が有ったからかな。
「逃げてばかりいないで、一度位、久子と向き合ったらどうなのか。」
久子が車のセールスを始めたのは、幼い頃、父の車に乗せてもらった思い出が鮮烈だったから。
本当はボロボロのセコハンでも、久子の思い出の中ではピカピカの新車だった。

借金を返したら直ぐに戻るつもりだった。でも、いくら働いても借金は嵩む。
その時に空いた心の穴が、帰りたい気持ちを飲み込んでしまう。
心に出来た"後悔"の穴。その穴と向き合うのが怖くて、ずっと逃げているうちに戻れなくなってしまった。
浩太郎の言葉を黙って聞く久子。
「生きた分だけ後悔も増える。抱えて、踏みとどまって生きていくしかない。」
そう言いながらお好み焼きを出す母・光枝。
この時の光枝さんは、いつもの様に、威勢のいい明るい光枝さんに戻っていた。

「お前はもう、お日様の向こうまで走ってるよ。」そう言う父は、少しだけ眩しそうだった。
車を売る時の久子は輝いている。何事にも揺るがない自信に満ち溢れている。
久子はこれからも、ずっと走り続けるのだろうな。

FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


喜代美だけをメインに編集すると、やはりどうしても物足りない感が否めないけど、それでもよくまとめていた方だと思う。
本編を全部観ているから、足りない処は脳内補完出来るので特に不満も無いのだけど、元々が濃厚な作りになっているから、削ってしまうと面白さが激減してしまう。もっとも、それは言っても仕方ないんだけどね。総集編だし。
ただ、清海と草々の恋物語を削っていたので、その後の喜代美にプロポーズする草々はすんなり観れた。あれって本編で見た時は、正直言って「う~ん・・・」って感じだったから、無いなら無い方が私はいい。その方が見易かったわ。
そうは言いつつも、東京に旅立つ清海が喜代美を抱き締める処が入ってるから、初見の人には???だったかもしれない。
しかし総集編になると、本当に普通のドラマに見えてしまう。あの面白さは喜代美と、それを取り巻く人々の人間模様だ。話によっては、喜代美がサブキャラにもなる。
そう思うと、やっぱり最初から全部見たい。塗り重ねたものが輝き出す過程を、何度でも観たくなってしまう。
っつ~事は、やっぱDVDを買ってねという制作サイドの囁きなのだろうか。
"未だ釣られはせんぞ~"と思いつつ、昨年末は風林火山総集編の放送後にamazonに行ってしまった私(笑)
もう観念して、さっさと釣られてこようか。



FC2ブログランキング にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


光枝と久子を見てると、やっぱり親子だな~と思ってしまう。気性の激しい処は良く似ている。久子は年を重ねたら、光枝そっくりになりそうだ(笑)。
仕事が面白くて仕方がない久子。成績もグングン上昇し、今やトップセールスマンの谷口に迫りつつある。
久子のアイデアが次々と採用されていく。野菜の10円セールで営業所に客を呼び込み、車の試乗会へと誘う。社員の家族も招待され、感謝祭は大賑わい。
後日、子連れの女性客が来ても相手にしない男性社員達。だが久子は、その姿にある事を思いつく。
翌日、展示場の一角にキッズコーナーを設ける久子。
こういう発想が出てくる辺りは面白い。男性では思いつかない事を、女性である久子のアイデアが新しい風を吹き込む。
今ならフツーに有りそうだけど、70年代なら珍しかっただろうな~なんて思ってしまった。
でも、会社の為によかれと思って頑張る久子だけど、他の社員の気持ちは見えていない。一人で張り切っている久子に、醒めた目線を送る他の営業達。
子供が遊ぶ為のスペースに大人向け週刊誌を放置していた森に注意したら、逆ギレされてしまう。
森にしてみれば"ちょっと成績いいからって何をエラソーに"って感情だ。そりゃ悔しいだろうな。後から入った女性社員が、グングン成績を上げていく様を見るのは。
次第に孤立していく久子。

久子が半年ほど通う小峰酒店。トラックの買い替えを勧めようとしているのだが、なかなか「うん」と言わない店主・勇夫。車の件はともかく、久子とは明るく会話をする勇夫だ。
勇夫の息子、雄二は谷口が営業担当だ。食品会社に勤める雄二は、既存の酒屋や食料品店とフランチャイズ契約し、コンビニ化を図っている。そのターゲットに、父親が経営する小峰酒店も含まれていた。そして雄二は、その為の配送車を谷口と商談している。
"情"を最大限に使う久子と違い、谷口の手法はあくまで"理詰め"。計算され尽した手法で成績を上げていく谷口。この辺りの描き方も、面白いと思った。
営業のやり方で激しく激突してしまう谷口と久子。そして勇夫と雄二の間には、何やら親子の確執の匂いが・・・。"何だか草若と小草若みたい"と思ってしまう私(すいませんねw)

バーで呑む柴田と高村。高校時代からずっと抱き続けてきた、久子への溢れる想いを語る高村。黙って聞く柴田。
それを何故告げないのか、そう問いかける柴田に「お前がいる。」と答える高村。
「俺はもう、結婚している。」と言う柴田。その横顔に、心の奥底に沈めた久子への気持ちが、少しだけ垣間見えた様な気がした。
家に戻れば、真理子からは妊娠を告げられる。その言葉に一瞬言葉が出てこない柴田。
嬉しそうな真理子の表情が、次第に不安げになる。が、すぐに柴田は子供が出来た事を喜ぶ。
真理子もそこまでならカワイイ女なんだけど、何故わざわざ、仕事中の久子の処にまで行っては、自分の妊娠を言うのか。そうやって久子に言う事で、自分の幸せを噛み締めているんならかなり嫌な女じゃん。そもそも、何でこんな面倒くさい性格の真理子と久子が、友達なのかも謎だ。
柴田が傍に居る事が、真理子にとっての心の平安なのかもしれないけど、身体は其処に有っても、気持ちが真理子の傍に無ければ、多分ずっと安らぐ心は得られないだろうな。

ヤな女と言えばもう一人、晴美が居る。だけど晴美は真理子と違い、久子に直接ぶつかる。嗚呼こっちの方が遥かにマシ。久子とお互い罵りあっているけど、その方が後腐れがなさそう。

雄二は言う。父親があの酒屋にしがみつくのは、自分への当てつけだと。
トラックが店にやってきた16年前、長男が海で溺れ死んだ。新しいトラックと長男・健一の跡継ぎ宣言に浮かれていた勇夫。
海で溺れる雄二を助けようとしたのは健一だった。その時父は酒に酔いしれ、溺れている息子に気付かなかった。
勇夫が気付いた時には既に、健一は波にさらわれていた。
帰りの車中で雄二に「お前の所為だ。」と言ってしまう勇夫。これって言われた子供にとっては、かなり酷。父親からこんな事言われたら、雄二があんな風になるのも仕方無いかもしれない。
だがそんな自分の心の弱さを責め、それを一生忘れない為にトラックに乗り続けていたと言う勇夫。
忘れない為にという気持ちと、やり直す為にという気持ち。だからトラックの状態は、16年前と何一つ変えてはいなかった。
父の真意を知り、自分が抱いてきた父に対する誤解を、かつて自分が父に贈ったお守りと共に投げ捨てた雄二。

久子のやり方に決して好意的では無かった谷口が、勇夫のトラックを見て、その行き届いた手入れをされた状態を見抜く辺りは結構好きなシーンだ。全てとは思わないけど、あれは久子の力を認めた瞬間だったのかな~って気がした。判りあえたら、良きライバルとしてお互い成長していける関係になれるだろうな。

高村が久子を抱き締める。毎週誰かに"ぎゅっ"とだよ久子ってばw
柴田の代わりにはなれないかな?と言う高村だけど、誰かの代わりになんて出来ない、と言う久子。
高村君はとても優しい。が、もう少し押しが強い男だったらどうだったかな~、なんて想像してみたけど、やっぱり久子の方が何処までも一枚上な気がしてきた。

FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)の策略で捕らえられた藤堂逸馬(福士誠治)と仙人(藤村俊二)。さぁどうなる!?と思っていたら、武田信三郎(斎藤工)が助けに来た。
偽の長尾、実は鳥居の家臣・中西という事が皆の前で明るみになり、逸馬と仙人の縄は解かれる。だが農民達は解放されない。
本物の長尾を捕らえたら農民達を解放する様にと言う仙人。捕まえられなかった場合は逸馬が切腹しますって・・・。仙人ったら、そりゃないでしょ~w
この爺さん惚けたフリしてるけど、実はしっかりしてるんじゃ??
とぼけたキャラと言えば、遠山金四郎(柴田恭兵)も何処か飄々としてるけど、この人もずっとこのキャラなのかなぁ。っつか、桜吹雪はいつか披露してくれるんだろうか?
鳥居が何故、金さんを目の敵にしてるのかもよくワカランのだけど、そのうち明らかになるんだろうか。実に謎が多い人だ。
鳥居が、自分が妖怪と呼ばれてる事を金さんに言う。"このままじゃ済まさんぞ"と暗に誇示してるんだろうけど、そんな鳥居に"物の怪の類は信じない"と切り返す金さん。これは笑った。
次週は野球中継で1週お休み・・・って事で、公式ではお詫びのおまけに動画配信中
しかしホント、二人並ぶと爽やか~。5月の空みたいだ。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。