FC2ブログ
【ちりとてちん「立つ鳥あとを笑わす」#115】

ドラマの中でも人が亡くなるシーンって、悲しく描かれているんだけど、悲しい中にも生への達成感みたいなものが感じられた草若の最後。
弟子達に自分の持てるものを全て渡し、ゆっくりと流れる時間の中で、関わる人たちと語らい、気持ちも穏やかになっていった草若。
危篤状態の中で微かに笑う草若、意識だけが天狗座に飛んでいて、弟子達の高座を最後まで見守っていたのかと思うと、その親心に涙が溢れてきた。
悲しいと言うよりも、上手く表現し辛いんだけど「良かったね師匠」みたいな感覚かな。これで心配する事はこの世には無いので、あの世を楽しんで、お酒もいっぱい呑んで下さい・・・うわ~ん、ってな感じだ。
行かないでと言うよりも、糸子さんが言ってたみたいに「送ってあげるんやな」みたいな言葉の方がしっくりくる。
若狭の高座が終わり、4人の兄弟子達が地獄八景を演じている。でも其処には師匠も一緒に居る。
師匠の言葉を感じながら、思いっきりアホに徹する四草。その勢いの良さと、吹っ切れた様な軽やかさに泣き笑いしてしまった。
底抜けに明るく、勢いがある小草若の落語。徐々にノッてくる小草若の姿に、(本当は狂言師だと解っていても)生の落語をやっている処を聴いてみたいなと思ってしまった。
団体割引にはチョット笑ったよもう(笑)。
堂々と高座を務める草々には、師匠も言う事は何も無い。ただ、落語と同じ位、若狭も大事にしてやらなアカン、と言い残した草若に思わず頷いてしまった。
草原が居てくれて助かったと言う師匠。確かに、リアルで助かった面がいっぱいあるだろうな。
個性が強く、我も強い連中を上手くまとめていたのは草原だ。扇の要みたいな兄さんが居てくれたから、皆がバラバラにならず、キレイな形を成していた。
喜代美の人生も塗箸かもしれないけど、徒然亭一門もキレイな模様が出ている塗箸へと磨かれているんじゃないだろうか。
草原の高座が終わったその頃、草若が現世に別れを告げた。
徳利とお猪口を持って、天狗座の控え室に現れた草若。ステージに挨拶に向かう準備でもたつく喜代美に別れを告げる為に現れたのか。
そんなシーンには思わず泣き笑いしてしまった。喜代美が再び振り向いた時、つい先刻まで有った草若の姿は其処には無かった。全てを悟った喜代美は静かに涙を零す。
風林火山の最終回で、神棚に置いていた筈の摩利支天が縁側に出ているのを見て、全てを悟り涙を零すリツの姿とダブってしまった。

夢ともなく現でもない世界に草若は居る。草若の横をすり抜けて行くのは、地獄八景の登場人物達だ。
初めて足を踏み入れる世界に、珍しそうに眺める師匠を呼ぶ声がする。
それは喜代美の祖父、正太郎だ。お祖父ちゃんが師匠を出迎えてくれる・・・これには涙が止まらなかった。
正太郎が草若の為に、この世界を簡単に解説してくれる。
いつでも好きな方を行ったり来たり出来る、随分と融通の効く世界だ。そしてあの世の人達は、三代目草若の来るのを待っていたのだ。
地獄寄席で、下座を務めるのは志保さんだと言う正太郎。その言葉に草若の顔がほころぶ。
志保さんの好きなタンポポの花を手折り、くわえた草若。
あの世の常打ち小屋で、草若の高座が始まるのかと思うと、それだけでワクワクしてしまう。
人の死をこんなにも楽しく、前向きに描いている。とても悲しいんだけど、でもすごく楽しい・・・そんな不思議な爽快感を味わった土曜日だった。

そして予告。
ヤサグレた清海が「嘘つき!」と罵るシーンや、随分と出来の良さそう?な弟子よりも、座敷童子みたいなコスプレの喜代美にビックリだよ~(笑)何なんだアレは??


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。
スポンサーサイト



テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ


【ちりとてちん「立つ鳥あとを笑わす」#114】

草若はもはや、医師が目を離せない状態だと言う菊江。それでも病院で一生を終えるよりは、一晩だけでも家に戻りたい。家の布団で寝たいと言う草若。
弟子の高座をどんな事が有っても観たい、と願う草若。もう今は、最後の気力を振り絞って、生への執念を見せているのだろう。
その事を決める席には小草若も居たと言う。ニギヤカな小草若だけど、内面は淋しがり屋で、気が優しい仁志。たった一人の肉親である草若の命の炎の揺らめきに、小草若の気持ちも相当揺れただろう。でも父の気持ちを最大限に優先した小草若。
小草若は見えない処で、一体どれだけ葛藤してるのだろう・・・。夜中に草若の部屋へ行き、父の布団にもぐり込む仁志。
父親の温もりを、自分の身体に記憶させておこうとする姿に目が潤んでしまう。涙を堪える小草若に、観てるこっちは堪えられそうもなかった。

翌朝、出掛ける弟子達に火打石を打つ糸子。ひとりずつ師匠にお辞儀をして出かけていく。そしてこれが、弟子達が見る最後の草若の姿になるのだろうか。
小浜の和田家では、今日が喜代美の落語会だと思い出した様に言う正典だけど、忙しいのかな~。行かなくていいのか皆。糸子と小次郎以外は小浜に居るんだね。
喜代美の創作落語、聞きに行くかと思ってたんだけど・・・。今更構えている様な雰囲気でもなさそうだ。
自信作を作ったと小梅に話していたのか、喜代美。
小梅が正典にハッパをかける。「正太郎ちゃんに見せる自信作」をいい加減作ったら?と言う小梅に、驚いたかの様な正典。
これが正典を、更に突き動かすキッカケになるんだろうか。

草若と共に天狗座へ出かけようとする糸子。だが草若は縁側で目を閉じている。苦痛に顔を歪めそのまま倒れ、病院に担ぎ込まれる草若。
糸子が必死に草若を呼ぶが、既に意識を失ったままの草若。

草若危篤の連絡を受け、呆然とする小草若。いつかは来ると解っていても、いざその時が来たら、声が震え、自分でもどうしていいのか判らない。
今から高座だと言うのに、父親の居る病院へ行こうとする小草若。

芸人の世界の厳しさか。親の死に目に立ち会えないかもしれない。普通の人が当たり前の様にしているであろう事が、芸人であるが故にままならない。
泣きながら「この先講座はなんぼでもある。でもオヤジは、たった一人の親父なんや」と言う。小草若の気持ちが大きく揺れている。

行きたい気持ちは誰もが一緒だ。でも師匠はそれを望んではいないだろう。息子達には自分が教えた事全てを、高座で披露して欲しい。観客に見せて欲しい。
弟子達が自分の処に来るのではなく、俺がお前達の高座を観に行く。どんな事をしてでも。
泣き崩れる小草若の肩を抱き締め、号泣する草々。じっと悲しみを堪える四草。年長者らしく冷静に振舞おうとする草原。流れる涙を止められない若狭。
お客さんは待っている。弟子達の会を見る為に足を運んでくれた人達への期待に最大限に応える事が、今の彼らにとっての使命・・・。

高座での若狭は見事だった。気持ちを切り替え、観客の為に笑いに徹した。悲しい気持ちを抑え、師匠の状態ですらネタに変えた。
ソデで聴いていた兄弟子達の目は潤んでいるが、口元には笑顔がこぼれる。
それは確かに、病院に居るはずの草若にも届いていた。と言うか、師匠の魂は天狗座に来てるんだよな。
涙が止まらなくなってきた。悲しいと言うよりも、師匠が皆の傍に居てくれる事が嬉しくて・・・本当に嬉しくて泣けてきた。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ドラマの向こうに。, All rights reserved.