FC2ブログ
桑山家の婿養子となった隼太。だが嫁の満江とはどうも上手くいかない。満江に言われた事が気に入らず、実家に戻る隼太。
何か「男は、亭主はこうあるべき」という理想図が隼太には有るのかな。
女性上位な桑山の家風には馴染めない。
父親を幼い頃に亡くしてるから、隼太自身が父親像を美化している様にも見える。妻に怒りまくった挙句、実家に戻り、ふきの優しさに逃げ込む隼太。

ちょっとズルくないかい?ふきは雇い主に逆らえないじゃん。まぁ、ふきも隼太の事は好きなんだけど、その気持ちを利用して逃げ場にしている様にも見える。
ふきにしてみれば切ないよ。身分違いの叶わない恋だなんてね。

でも、満江との間に出来た子を連れて、久しぶりに実家に戻った隼太とふきは、穏やかな関係に戻ったみたい。
ふきが蕗(だったよね確か?)を隼太に食べさせるシーンは、何だかほんわかしていた。そして、ふきに対して嫉妬の視線を送る満江。出来ればココまで青年期の役者さん達で見たかったな。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです
スポンサーサイト



テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


チビ喜代美とお祖父ちゃんの触れ合い、ほのぼのしていてやっぱいいなぁ。
おじいちゃんがいつも聴いてる面白い話を「落語や」と教えてくれた。喜代美の事を「落語と一緒で面白い」と言う祖父。
「一回きりの人生や。ぎょうさん笑うた方がええ」
お祖父ちゃんの言葉や、順子の「あんたの人生はあんたが主役」は、いい事いうなぁって思う。
この言葉に、どれだけ喜代美が勇気付けられているんだろうね。

梅丈岳でのかわらけ投げ。ああっこのシーン大好き。おか~ちゃんの財布投げで、またも笑ってしまった。
「もう一度おじいちゃんに会えますように。おじいちゃんが天国で幸せで、笑っていられますように。」
泣きながらかわらけを投げる喜代美。それを見守る母・糸子。
そして母もかわらけを投げる。「喜代美が幸せになりますように。」と。糸子にとって、喜代美の笑顔は生きるエネルギーなんだろうな。

撮影の合間に焼鯖を食べる真里乃ちゃん、超かわいい~っ♪
ダイジェスト版を上手くつないでくれるのが、小草若と友春。この二人ならいいコンビだ。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ


「ちりとてちん」で草々役の青木崇高君は、パエリアも作るマメな人らしいです。草々の丈の合わないスーツには理由が有るらしいんだけど、今日の放送では明かしてもらえず。ううう、すごく気になるけど、いずれ見れるのなら気長に待っていよう。素の青木君は笑顔が良いですね。

貫地谷さん、顔小さくてお人形さんみたい。カワイイ~。喋りもしっかりしてるし、若いけど"どっしり"って印象は当たってるかもしれないですよ。
京本さんと松重さんが毛利元就で共演してたって事は、完全に忘れていましたスイマセン。あれから10年にもなるのか~と感慨に浸ってしまいました。
正平役の橋本君、オッサン臭いって言うてたけど、そんな風には見えないなぁ。なかなか好青年って感じです。
青木君と貫地谷さんに、小草若役の茂山さんからコメントが。しかも小草若としてハイテンションでコメントしてるから、余計笑ってしまいました。

そして五木ひろしさん、また朝ドラに出る予定との事。どんな絡みがあるのか、今からちょっとワクワク。是非、糸子さんに「ナマの五木ひろし」を見せてあげたいですねぇ。その瞬間の、糸子さんのリアクションが見てみたい~。
土スタ、あっという間に終わっちゃった、と感じるくらい面白かったです。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


祖父がいつも聴いていた落語のテープ。切れたままだったテープをつないでくれたのは、手先が器用な正平。
また聴けるようになったと懐かしむ喜代美、一方草々は、その落語の内容に表情が一変。
「この落語、これが草若師匠なんや」と涙を流す草々。
こんな風に落語をする草若に、また戻ってほしい。草々の気持ちが激しく揺れる。
でも不思議な人の縁だよね。祖父が愛聴していた落語が、実は草若師匠の落語だなんて。
かつて小学生の喜代美が「もう一度おじいちゃんに会えますように」と投げたかわらけ。
正太郎に何処か似ている草若師匠。やっぱ、おじいちゃんが会わせてくれたのかな~。

正平は自分の進路が決まった。箸の切れ端で作った怪獣(ゴジラに見えるが)を見た草々が、「恐竜か?よう甦らせてくれた」と感動しまくり(笑)。おいおい、人の話を先ず聞け草々よ。
だが草々の言葉に影響されたのだろうか。恐竜をもっと研究したいから、大学へ行くと正典に告げる。勿論正典は、そんな息子の決意を快く承諾。

喜代美自身は気付いてないけど、家族はちゃんと気付いていた。自分の事で精一杯だった喜代美が、周りの事を考え、あれこれと気を配る。
大阪での人との出会いが喜代美を成長させている事に、糸子はちゃんと気付いている。
干し椎茸とか昆布を持たせる母親って、何だかいいね。しっかりダシ取って、料理しなさいよ、という心配りなんだろうね。
それにしても小梅さん、本当に若々しいお祖母ちゃんですね。粋でステキな女性ですよ。
そして草々の"妹"発言。妹と聞いて飛んできましたぜっ(笑)。ここで今週を〆るなんてあんまりよっ、来週が待ちきれないじゃないのさ。
草々って、自分の決心を伝える時は相手の目を見据えて、しっかりと肩を掴む。
妹弟子となるのは偽装?本心?喜代美の妄想は来週もてんこ盛り?気になる処です。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けると嬉しいです

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 ドラマの向こうに。, All rights reserved.