Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂城に乗り込んだ典膳。暗殺人別帳に書かれた自分の項目にニヤリとする。
中身には

●鞍馬天狗
身長五尺三寸くらい
中肉にして色白
鼻筋とおり
目もと涼し--
--不逞浪士の元凶なり
乱暴で荒く
強し

と書かれてある。

しかし長七が、杉作から横取りした手紙を持って、大坂にやってきたからもう大変。
・・・だからコドモに預けたのを偽の策にしておけばよかったのに。な~んて事を言っていたら始まらんのだが。

城内で暴れ周り、果ては米倉に逃げ込み篭城戦に持ち込む。だが追い詰められた時の怪我で、典膳もまともに動ける状態じゃない。
杉作は桂に「天狗を助けて~」と泣きつく。幾松に散々責められても、長州を背負ってる桂は容易に動けない。

以前、桂と典膳は約束をしていた。
「何が有っても決して助けるな。」
それは縁ある者達に迷惑を掛けたくないから、と言う典膳。満開の夜桜の元で交された約束。
でも杉作は納得出来ない。コドモだからな~。そしてもう一人、白菊も納得していない。
大坂に向かうであろう白菊達を見守る事を、桂は吉兵衛に依頼する。
大坂城に潜入する杉作、吉兵衛。
一方典膳は、城方の謀略にも引っかからず、相変わらず篭城を続けていた。
手を焼く城代は、新撰組に天狗を討つ事を依頼する。
幾松の度重なる懇願にも、動けない桂。助けに行けないのなら「出ておいきやす!」とものすごい剣幕で怒る幾松。美人が怒ると怖いです。
「北風が強くなってきた・・・嵐が来る!」と桂の天気予報も最終回だ(笑)。
桂は同士である他の浪士に、天狗の救出を依頼する。動けない自分の代わりに頼む桂の申し出を、快く受ける浪士達。
一方、新撰組では近藤が天狗と対決する為に、一人で大坂へ旅立つ。後を土方に託す近藤。今回の、この二人のシーンは(ちょい暑苦しいけど)かっこいいわ。

一人で大坂を目指す近藤勇を阻む浪士達。でも、敢無く全員討ち死にしてしまう。近藤さん強すぎる。
吉兵衛が短刀で立ち向かうが、所詮器が違う。「痛い~」と半泣きの吉兵衛さん。
とうとう杉作や白菊まで出てきた。
子供の必死な懇願と、女の言葉には近藤さんも揺れる。基本的に、典膳と同じ系統の人間なんだろうな。
剣の力量も、モノの考え方も一緒。目指すものが違うだけの好敵手。実にいいポジションだわ。

大坂城に着いた近藤は、天狗に呼びかける。
義に篤い男らしいわ。天狗の怪我が治るまで待つと言う近藤さんの言葉。
泣きそうな顔の白菊、蔵から出てきたヨレヨレの天狗の素顔を、近藤も白菊も初めて見た。
涙を流す典膳と白菊。笑顔だけで言葉は無い。でも気持ちが通じ合ったシーンがいいなぁ。
最後の最後は、取ってつけた様な近藤さんとの対決。養生したから天狗も元気いっぱいだ(笑)。
殺陣のシーンは美しいの~。
この対決は勝負がつかず。天狗も着物切られているし。
またの機会に続編・・・思いっきり有りそうな余韻を残して終わったなぁ。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。
4月から土曜時代劇。はぁ~30分だけか。ま、でも福士君観れるからいいや~。
スポンサーサイト

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


典膳って女子供には優しい。すっごく優しい。でも、セコイ悪人とか新撰組には決して容赦しない男だ。
兄弟の危機を救ってくれた、勧善懲悪を絵に描いた様なヒーローのおいちゃんに、杉作すっかりメロメロだ(笑)。この子役の森永君、感情表現が生き生きしていて上手いなぁ。
しかし子供の眼力ってスゴイねぇ。典膳=天狗と見抜いている。こういうのって意外と大人の方が気付かないんだな。白菊なんて天狗には何度も会ってるし、いつも傍に典膳が居るのに同一人物と気付かない。
長七って子供の稼ぎで食ってるガメツイ爺さんだけかと思っていたら、新撰組に情報を売ってるのか??それとも間者なのかワカランけど、前者かなぁ。風林火山のおふくば~さんみたいなもんか。でもおふくはまだ愛嬌あったけど、この長七ジジィときたら、本当に憎たらしい。
子供相手に暴力は振るうし、果てはおしおきとか言って、焼けた火箸を顔に押し付けようとする。
現れた典膳にボコボコにされ、外道と罵られまくってたシーンはスッキリしたわよ(笑)。しかしこの外道が厄介者だ。典膳が杉作に託した「大坂城潜入計画」を書いた手紙を横取りして、新撰組に渡しに行ってしまった。
あああ、号泣する杉作が可哀想~。
典膳はあの手紙、何処で書いたんだろう?杉作を探す為に亀福(置屋)出る時は、未だ持ってなかったのかな。
どうせならニセの計画書を書いて、新撰組の動きを撹乱させる・・・なんて事をしてたらいいのだろうけど、ヒーローだからそんな算段はしてないだろうなぁ。じゃあピンチじゃん来週。どうするんだよ天狗様~。

今週いいな~って思ったシーンは、典膳が杉作を馬に乗せて疾走するシーン。本当に嬉しそうに笑う杉作少年が可愛くてね。大好きなおいちゃんと一緒に乗る馬、嬉しかっただろうな。
杉作絡みでもうひとつ。近藤さんに、天狗を逃がした事を問われ「恩を受けたからだ」と、目線をはずさす言い切るシーン。
死を賭けても助けたかったと言う姿勢に、近藤さんも杉作少年の勇気を称えた。近藤さんも杉作も義に篤い。義と言えば、つい長尾景虎を思い出してしまった。
新撰組も決して悪く描いていない。たった8回で終わってしまうのが惜しいわ~。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


今回の主役は幾松姐さん。後輩に助太刀を頼まれ、自分が出て行った投扇興では大技連発で高得点。その技の鮮やかさに典膳も感心しまくっている。どうやら扇の技が気に入ったか典膳。これが最後に天狗が見せた、根岸家の侍三人衆の髷を落とす大技に繋がるのだな。
道を歩きながら、扇投げの素振りを見せる典膳はちょっとカワイイ(笑)。
今週の天狗様の見せ場はここだけだった。けど幾松の艶やかさ、気の強さ、優しさが全開されていた回だったな。
赤子を見る時の温かな眼差し、根岸家の家臣達の前で怯む事無くタンカを切る姿。立ち振る舞いの美しさ。
今週の桂は長州に戻っていた。という事は天気予報やらないのか、と思っていたら、戻ってきた最後でちゃんと天気の話題が出てきている。
根岸三人衆の谷津慎之介役が唐渡亮だった。なんか随分久しぶりに見た気がする。朝ドラ「すずらん」の時以来だよ。
白菊では手に負えない赤子が、幾松の子守唄でスヤスヤと眠る。そんなに懐かれたら可愛くなるよね。
迎えにきた根岸家の人達に子を渡し、見送る幾松。その目には涙が光る。
ちょっとジーンときてしまった。


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


山嶽党に呼び出され、窮地に陥る鞍馬天狗と近藤勇。剣と銃ではいくら何でも・・・と思っていたら吉兵衛が助けてくれた。う~ん、いつもイイ処でイイ味出してる吉兵衛さんだ。
佐幕派、倒幕派共に山嶽党のスパイが入り込んでいた。それならば・・・と、典膳は山嶽党のアジト潜入を実行する。
しかし、天狗の装束に扮して、刺されたフリして仕込みの血を流して、橋から落下してずぶ濡れの桂さんも大変だよな~(笑)。で、毎週の天気予報も欠かさない桂さんですな。

そして白菊も負けてはいない。やっぱりカワイイだけの、只のお姫様ではなかった(笑)。自力で囚われの状態を抜け出し、更に「やられたらやり返す」をキッチリ実行する白菊に、逞しさすら感じたわよ。カワイイけど気の強さは誰にも負けてないわ。
それは幾松姐さんも同様。回を追う毎に、姐さんの美しさと粋なカッコ良さにハマってしまう。来週は姐さん出まくり?楽しみだね。
今週は山嶽党&三島屋を倒す為に、天狗と新撰組が結託する。普段は敵同士なのに、共通の敵を倒す為に結果的に強力しあう二人。
敵ながら天晴れ、と言わんばかりに天狗の剣術を認め、それでもいつかは倒すと言う勢いの近藤さん。
今週は新撰組もカッコよかったと思うんだけど。天狗は毎週カッコエエけどなっ(笑)。
FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


録画していたのをようやく観た。
今週の敵は山嶽党と名乗る集団。これは新撰組にとっても敵だ。その殺し屋集団に、謎の豪商三島屋清左衛門も絡んでいる?大量の硝石で何を図ってるのか??

しかし、吉兵衛は献身的に働くよなぁ。吉兵衛が居てくれるお陰で、典膳の仕事も、かなりやり易そうだ。
幾松姐さんの出身地は若狭、小浜の出だとか。じゃあ姐さんも鯖好きなのかな。喜代●よりは清●に近そうな姐さんだけど。
そして今週の近藤勇も完璧にかっこいい。もう「漢」という文字が似合いそうだ。
そんな近藤さんと鞍馬天狗が鉢合わせした。
山嶽党に呼び出された二人だけど、最初は二人が戦っていた。でも山嶽党の連中が現れると、共に敵に向かって戦う。
あっ面白くなってきた~と思った処で今週はお終い。うわ、此処で終わりか?さらわれた白菊を、早く助けて天狗様~っ。
それにしても三島屋役の石黒賢、いつ見ても年が殆ど変わらない様に見えるわ。
若いと言うか、何と言うか・・・。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


「石礫のお喜代」って・・・何だか必●仕事人みたいだ。白菊と共に京の町を歩く典膳。
町娘姿の白菊もなかなか可愛らしい。こんなカワイイ子と一緒に歩いていても、他にイイ女が居たら、口ポカ~ンでデレ~ッとしてしまう典膳と、そんなアホ面の典膳に対し、ふくれっ面の白菊に笑った。王道パターンだけどね。気楽に観れるからいいのぅ。

そんなイイ女、お喜代の男は新撰組の隊士・藤倉。しかしいまひとつ、うだつの上がらない男で、いつもお喜代に助けられている。
他人から見たらダメ男でも、お喜代にとっては大事な人。なのに藤倉は、お喜代の悪口を言われた事に怒り、果ては隊士同士で斬り合い死んでしまう。
藤倉の死を嘆き、自分も入水自殺を図ろうとするお喜代。扇子をすっと投げ、それを止める典膳。粋で気障な典膳らしいわ。

桂小五郎の天気予報コーナー(笑)。今度は晴れ予報、コレってもう毎週有るのは確定かな。んじゃ来週もお楽しみに~って処だな(笑)

お喜代が典膳と一緒だった通夜の席で聞いた「大丈夫、私は不死身だ。」の言葉。同じ言葉を今度は鞍馬天狗が言う。
そこでお喜代は気づいた。だから、自分の死の間際に敢えて「倉田さんって人に会ったら伝えて・・・」と言ったのか。覆面を取ろうとした鞍馬天狗の手を、自分の手で止めるお喜代。
鞍馬天狗の腕の中で、微笑みながら息絶えるお喜代。尼にはなれなかったお喜代だけど、最後は主役を助けて死んでいった。
お喜代に散々言い寄ってた土方さんだったけど、全く相手にされていなかったな・・・。
しかし色っぽかったわ~お喜代さん。還俗させたくなる気持ちも、少しはワカランでも無いがね(笑)

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ


小野宗房って名前は1話だけなのか。しかし桂は上手い事考えるなぁ。
「鞍馬天狗」をアレンジして「倉田典膳」。身なりもすっかり別人だけど、だからといって人相書き見た人達は誰も気付かないのかな?
今と違って写真じゃないから、ぱっと顔を見ただけじゃ判らないかもしれないけどね。でも、訪ねて来た白菊が気付かないのは流石に「そりゃ無いだろ~」とツッコミたくなった(笑)

1話を見た限りでは、新撰組は完全悪役かと思っていたけど、2話を見てみるとそんな風には解釈出来なかった。鞍馬天狗や桂小五郎達と敵対関係に位置する者達、って描かれているだけの様な気がする。
昔の映像作品も原作も知らないから何とも言えないけど、かなり今風にアレンジされてるんじゃないかな。

桂の天気予報、今回は"三味線の音が湿っぽいと雨"って予報だった。天気予報は毎回やるんかいな桂サン(笑)。

中原富三郎(山口馬木也)と桂小五郎。この二人を見てると、ベルサイユのばら(アニメ版)のサン・ジュストとロベスピエールみたいな関係だな~と思った。(※アニメ版と漫画版は別物なので要注意)
何かね~このドラマって、色んな要素がいっぱい詰まっていて楽しいのよ。
観る人によって様々だろうけど、私は僅かに風林火山を重ねてしまう。父を殺され、鞍馬天狗が殺したと誤解し復讐心を抱く白菊を諭す典膳。これで思い出すのが、ミツの恨みを晴らそうとする勘助の心を見抜いた晴信・・・ってな具合に。
しかし白菊は、いくら何でも黒装束覆面の手練ってだけで、即、鞍馬天狗が犯人だと決めてしまう辺りが何とも子供。でも可憐でカワイイから許す(笑)
京野ことみって「白線流し」の印象が強いんだけど、もう大人なんだよね。昨日のスタパで観たけど、素敵なお姉さんの雰囲気だった。
武内アナの3歳の娘さんが、白菊を「このおねえちゃんカワイイ」と言うのも判る。だって笑顔がステキだもん。
やはりヒーロー活劇物は面白い。白馬がどこからやってくるのか、どこで飼ってるのか、典膳は天狗の衣装を何処に仕舞ってるのか追求したらキリが無いけど、面白ければいいんです、もう。
そんな木曜時代劇も、この作品で終わりかと思うと残念だ。

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング参加中です。よろしければクリックして頂けるとウレシイです。

テーマ:鞍馬天狗 - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。