Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東洋を斬れ!」と龍馬に迫る武市の表情が怖い。武市の妻・富も夫の今までに見た事のない形相に狼狽する。
一方の象二郎は、龍馬に毒を盛るようにと弥太郎に薬の包みを差し出す。上士の命令には逆らえない。怯える弥太郎。
やっと手に入れた平穏な結婚生活を守りたい。
そんな弥太郎の心理につけ込んで、自分にとって目障りな龍馬を抹殺したい象二郎。

弥太郎は茶店で、龍馬が飲むお茶に震えながらも毒を盛った。その後、龍馬が血を吐き苦しみもがく自分の妄想に押しつぶされそうになる。結局は自ら龍馬に経緯をぶちまけ、明らかにした弥太郎。
龍馬の事は好きじゃないし、目障りだとか恋敵だとかいう思いは常にあっただろう。でも、死んでほしいなんて事まで考えた事は無かったんじゃないのかな。
上士には逆らえず、下士が下士を殺す行為の虚しさを覚える弥太郎。性格はまるっきり違えども、龍馬と弥太郎の方向性は同じ方を向いていると思えた。

一方、明確に考え方の違いがはっきりしてきたのは武市と龍馬。それでもこれまでは、何かにつけ龍馬を心の支えにしている節もあった武市だけど、東洋に足蹴にされ、勤皇党の下士達の目前で屈辱的な思いを受けた事で、その心は今や、完全に暗黒面に堕ちてしまっていた。

言ってる事と表情が全く噛み合っていない武市。それは能面みたいな冷たい表情になっていて、人の温かさや弱さみたいな感情が全て消えていた。
障子の向こうで聞いていた富は、武市の言葉に安堵したのかもしれないが、龍馬は違った。
必死になって、暴走寸前の武市を止めようとする龍馬だけど、その言葉はもう武市の心には響かない。
二人の進む道はもはや、同じ方向ではなくなっていた。

誰にも言わず隠していた"脱藩して土佐を出る事"。兄は怒るが家長としては当然だろう。でも姉は、いつだって龍馬の味方だった。必死にとりなし、龍馬の進む道を拓いてくれた姉・乙女。
家族の想いを知った龍馬が「ごめんちゃ…」と、肩を震わせ嗚咽する。坂本の家族の絆が痛いほどに伝わる、いいシーンだったと思う。

笑えた、というか和んだのは、任務遂行出来なかった故に、逃げようとする弥太郎に家族は誰もついてこようとしないシーン。妻からも「土佐から出るのイヤ」とまで言われるしorz
岩崎家はマイペースな人ばかりだのう。

ぞっとしたのが東洋暗殺の場面。雨の夜、数人の志士に囲まれ、斬られて果てる東洋。鬼のような形相で、「武市ィィっ!」と、断末魔の叫びをあげる。
その場面と、人としての表情を失った武市が描く紅い梅の花が重なる。その紅梅は、吉田東洋の血の色、そしてこれから更に流れる血を示唆しているみたいで怖かった。

次週から第二部だけど、ワイルド感溢れる表情の龍馬が楽しみだ。そして影を背負ったかの様な以蔵が気になった。
スポンサーサイト

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ


お~いつの間に!
弥太郎の身の上には大きな転機が訪れていた。なんと弥太郎に嫁がやってきた。
「か~わ~い~い~っ」とデレデレの弥太郎の横で、はにかむ喜勢。11歳も年上の男、しかも肥溜めに落ちた弥太郎を助けた時に一目惚れというが…。
人生何がキッカケになるのかわからんねぇ。弥太郎もクソまみれになる事によって、ウン気もUPしたのかな(笑)

しかし松蔭先生の弟子、久坂玄瑞って穏やかそうな人かと思っていたら全然違った。龍馬に"攘夷"を説明してるうちに、段々と熱くなってきて、声もアクションもデカくなっている。
玄瑞は「頭はフットーしそうだよっ!」な気分かもしれないが、龍馬は置いていかれて半ば呆然。何か、サラリーマンNEOのコント観てる様な気分になってしまった(笑)
"脱藩"を唱える玄瑞の言葉に、かなり揺さぶられた感のある龍馬だったけど…。

土佐勤皇党への仲間入りを迫られる龍馬。武市や以蔵、その他下士達が龍馬を取り囲む。その気迫に圧倒されて、血判状に名を連ねているかのようにも見えた龍馬。
そもそも攘夷とは何なのか、自分が納得いく答えを見出せていない龍馬。武市や他の仲間みたいに熱い気持ちは湧いてこない。
窮屈さは自分でも解っている。そして沢村惣之丞にも見抜かれている。

武市は本来、とても大人で慎重な判断が出来る人物なんだろうけど、大きな組織を動かすのは大変そう。いまにも走り出しそうな部下達を何とか抑えていたけど、下の者達から見れば、何もしていない様に見える武市に苛立ってる。で、とうとう吉田東洋に直訴しに行ったけど…。
象二郎にボコボコにされて、ボロボロになって、いつもの冷静な心も、もうひとりの黒い武市に乗っ取られてしまったorz

一方の象二郎はと言えば、やたらと龍馬の事を気にする東洋に、ついにキレてしまった。
その嫉妬っぷりが、エースをねらえ!で、ひろみに嫉妬する音羽先輩みたいだw
とうとう弥太郎に「龍馬を殺せ」と言い出したが、同じ頃に武市は龍馬に「吉田東洋を殺せ」と狂気の表情で迫る。

武市&象二郎、二人ともイってる表情が怖い…。

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ


せっかく小ぎれいになって旅立っていった弥太郎が、たった1週で元の小汚い弥太郎に逆戻り。というのも長崎で商人を接待する為に、藩の金を100両も使いこんでいたからだった。
やっぱ血は争えないのか弥太郎ってば。こういう処はオヤジさんソックリで笑ってしまった。

江戸では大老・井伊直弼が暗殺される。井伊に蟄居させられていた前の土佐藩主・山内容堂はその知らせを喜ぶ。それは攘夷を叫ぶ武市も同様だった。
この件で門弟たちを前にして気勢を上げる武市だけど、門弟ってほとんど若者ばっかりじゃん?血の気の多いモン、そんなに煽りまくって大丈夫なのかな。

武市の言葉で熱くなってる下士達とは別に、ひとり醒めた表情なのが龍馬。武市の門下に居る者達は誰もが武市の言葉を、正しいと信じて疑わない。けど龍馬は違う。
もし、上士に喧嘩を売る者が出てきたらどうするか?

程なくして事件が起こる。酒に酔った上士が下士を斬ったのだ。斬られたのは池田虎之進の弟。知らせをうけた虎之進はすぐさま駆けつけ、息も絶え絶えの弟の姿と、それを見てニヤつく上士の姿に逆上、刀を抜いて弟を殺した上士を斬り殺す。

池田を差し出せと要求する上士、非があるのは上士だと突っ撥ね、一歩も引かない下士達。立てこもる下士達を説得しようと武市は試みるが、桜田門外の変が起こった時に煽っていた言葉と整合性が取れなくなってしまうが故に、トーンダウンは否めない。
そこで登場するのが龍馬。先ずは自分が上士の所に行って話をつけてくるという訳で、刀を以蔵に預け、丸腰で敵地に乗り込む。

昨年も丸腰で桑取村に乗り込んでいった、直江兼続って人が居たな。見知らぬ老婆にいきなり刀を預けていたけどねw
龍馬もボコられても座り込みでもするのかな~なんて下世話な事思ってみたけど、さすがにそれは無かった。
吉田東洋の家の前で座り込みは、以前弥太郎と一緒にやってたけど。

しかし、集結した下士達の動向を知らせる弥太郎、あまりの小物っぷりが人間臭すぎる。憎めないんですよね、ああいうキャラって。自分が生き残る為には、這い上がる為には何だってする、そんな執念が弥太郎の原動力なのかも。
後藤象二郎に100両の使い込みを指摘されても、藩の為の先行投資だと必死に弁明。そんな弥太郎をスパイに任命し、下士の動向を探るように命じる吉田東洋だった。

そこに丸腰でひとり、上士の処にやってきた龍馬。前に見た時はただのヤサ男だったのに、今は何か雰囲気が違う。そんな龍馬に興味を示す吉田東洋。
殺気立つ上士達を目にしても、全く怯まずに何処か飄々とした風情の龍馬。だが言ってる事はもっともだった。

ここで上士と下士が殺合いをした処で、藩の為には何一つならない。

この件は、後藤象二郎と武市半平太との話し合いで事を収めると決まった。池田虎之進が切腹する事でカタをつけた訳だけど、龍馬にはやるせない気持ちだけが残る。
姪・春猪に呟いていた時の龍馬は、何とも言えない、吐き捨てる様な面持ちだった。

虎之進の件では自分の非を認めた武市。しかし吉田東洋を倒す為に土佐中の下士を集結させ、一大勢力を作ろうと考えていた。武市は龍馬も仲間になる様に誘う。下士達が龍馬を見直し、頼りにしていると言う武市だけど、誰よりも一番頼りにしてるのは武市自身じゃないのかな。
龍馬の意見って武市には耳が痛い事が多いけど、若い下士達を巧くコントロールしていく上では自分と違う視点の者が必要だと思ったのかもしれない。でも二人の考え方は根本的に違う。力で解決させようとする武市に、話し合いで解決させる方を考える龍馬は同調出来ない。

そんな龍馬にある日、弥太郎が吉田東洋の使いとしてやってきた。先日の一件で龍馬の人間性に興味を持った吉田は、上士に取り立てると言うが、あまりに突然の事に龍馬は返事を保留する。
傍で聞いていた象二郎も弥太郎もビックリ。
その夜、見知らぬ下士が龍馬の家を訪れる。下士の案内した先では、武市が攘夷に賛同する土佐の仲間を集めていた。

土佐勤皇党を立ち上げ、龍馬もその仲間にと誘う武市だが…。
弥太郎の密告で、その場に龍馬が居る事を聞かされた吉田東洋は怒りに震える。

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ


加尾って可愛いし素直だし、とてもイイコなので龍馬が惹かれるのもすごく解るんだけど、ワタシどうしても佐那の方が好きなので、龍馬に告白したものの「土佐には大事なものがある」と、キッパリ言われた時の佐那が切なかったわ(ノω・、)
大きな瞳をウルウルさせて龍馬を見つめる佐那…男は龍馬だけじゃないよ(`・ω・´)

剣術修行を終えて土佐に戻ったら、なんと乙女姉ちゃんに旦那様がいるじゃないですか。でも、好きだから結婚した訳じゃない?そうは言いつつも、しおらしくしてる乙女姉ちゃん見ると、まんざらでもなさそうだけどな。

龍馬に江戸土産の簪を髪に挿してもらう加尾が、はにかんだ様な表情なのが可愛い。長い事待っていたけど、これからはずっと土佐で一緒にいられる。それを思うと嬉しくて涙があふれる加尾。
将来のビジョンを語る龍馬、夢と希望に溢れた加尾との未来を思うと気持ちがワクワクしてきて、少年みたいに屈託のない笑顔になる。
でも土佐藩の情勢は、幸せいっぱいな二人をこのまま放っておいてはくれない。藩政に戻ってきた吉田東洋の改革に不満を募らせる柴田を利用して、攘夷の気運を高めようと目論む武市。朝廷側の攘夷派に近づくために、土佐・山内家から嫁いだ恒姫の元に隠密を送り込む事を柴田から勧められる。

収二郎がなんで加尾を世話係に推挙したのか、最初は龍馬と一緒にさせたくないから?って思ったけど、そればっかりじゃなかった。
兄として、差別の厳しい土佐に居るよりも、京都で幸せに暮らしてほしいと切実に願っていた収二郎。でも加尾にしてみれば、やっと龍馬と一緒に居られるのに、京に行って、土佐に一生戻れない生活なんて考えられない。

武市もそれは解っていた。龍馬に怒鳴り込まれた後で一人葛藤する。こういう悩む姿を見ると、武市にもまだ人としての情は残っている。武市に「大事なものは命を賭けても守る」と凄まじい形相で言う龍馬は迫力あった。

やはり加尾でなく、別の者を世話係に…と思う武市だけど、もう後には引けない状況になっていて、加尾が行かないとなると収二郎が責めを負う事になる。兄に腹を切らせたくはない。加尾は悲痛な思いで覚悟を決める。
この辺りの描写からが凄いなーって思った。引き込ませるのが巧い。思わず見入ってしまう。
龍馬の「行くな!加尾!」と言う叫び声と、それを耳にして胸がはちきれそうな苦しい思いを抱えた加尾の二人が悲しい。
お互い好きなのに、一緒になる事は出来ない二人。大河ドラマで三年振りに泣かされました。

悲しいシーンが多い中、唯一笑ったのは小奇麗になった弥太郎。意気揚々と長崎に旅立っていきましたが、今後どうなる事やら。
で、牢に居る弥太郎を迎えにきたのが、"草々兄さん"だったのでちょっとwktkしました。

昨年も一昨年も、途中で観るの止めたけど(`∀´)今年は最後までいける、多分(´∀`)

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ


今回、最大に笑ったのがツンデレ佐那さんと、恋する妹の為に一生懸命な重太郎兄さん。
佐那を好印象づける為に、まずは自分が龍馬を酒の席へと誘う。そこで何とか、話のきっかけを掴もうとした重太郎が、龍馬に向かって発した言葉は…。

「僕は君が好きだ!」

突然の重太郎の言葉に、口に含んだ酒を噴出す龍馬。松田優作AAを思い出す位、勢い良く噴いていた(笑)
しかし兄さんの爆弾発言、確かに余りにも突然すぎて、観ていてもビックリするわw

そうじゃなくて人間として好きだと主張し、更に龍馬を好きなのは自分だけじゃなくて妹もだ、と印象付けに必死な重太郎。こんな妹思いの兄さんが居て、佐那は幸せだなっ。

料理を運んできた佐那と龍馬をふたりっきりにする為に、仮病を使ってその場を離れたりして、妹の幸せの為にひたすら頑張る重太郎兄さん。
なんで佐那じゃダメなんだろ。加尾の事があるとは言えども、あっちは色々とメンドクサそうじゃん。その点、佐那の処なら一家揃って歓迎ラブラブしてるんだから、こっちにすればいいのになぁ。
というか、単純に私が女優・貫地谷しほりが好きなだけなんですが('-^*)/
一途に龍馬を待ち続け、お茶だ舞踊だ料理だと、女らしい事を修業してきた佐那、かわいいわ。

で、ふたりっきりになった佐那、自分の気持ちを一生懸命にアピール。もう押せ押せで頑張る鬼小町・佐那が恋の矢を放つ。
その揚げ句、龍馬に放った言葉が、


「坂本様に、食べて頂きたい!」


龍馬仰天!!なんと大胆な佐那さま…ってチガーウw
食べてほしいのは料理だよね?いや、実はホントに自分も食べてと言ってるのか?

で、龍馬ようやく、佐那が自分に気がある事を認識した模様。
真剣な眼差しで迫ってくる佐那を煙に巻いて、その場から何とか離脱した龍馬だけど…。

ふと、加尾の事が頭をかすめる。

笑える部分もあったけど、山本琢磨が起こした問題を巡って、龍馬と半平太の方向性の違いが決定付けられる描写がメインなのが今回の話。
自分の信念を貫く二人だけど、半平太の方が抱えてるモノが多いから、立場上は龍馬みたいに思うがままに動けない。龍馬みたいにしていたら、他の者へのしめしがつかなくなる。上士からの締め付けは厳しく、土佐藩のプライドを守る為には琢磨に腹を切らせる選択しか無かった半平太。
商人が落としていった金色の懐中時計を売った事が理由だと知り、龍馬は憤慨する。龍馬には抱えてるモノが無い。だから「謝って許してもらえばいい」と言えるし、実際、商人に頭を下げ、訴えを取り下げてもらう。


これは龍馬だから出来る事だろう。半平太と違って身軽だからなぁ。本当は半平太だって、龍馬の事を理解はしているとは思うけど・・・。

龍馬が琢磨を逃がした事で、内心ホッとしてる自分…ってのも、半平太の中には有るような気がする。


そして投獄されたままの弥太郎だけど、牢の中で出会った謎の老人の話に"商売で身を立てる"というヒントをつかむ。
いよいよ、三菱財閥への歩みがスタートしていくのかな。
年末に「坂の上の雲」から引き続き観た「龍馬伝」では、先週まで死にそうだった正岡子規が、今週はボロボロの身なりで元気に毒づいてたので「ん?」なんて一瞬思ったけど、もう馴れた~
(・ω・)/

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ


3/31、18:00より、BS-hiにて風林火山再放送が始まりました。DVDで何度も観たにも関わらず、やはりTVでも有れば観てしまいます。何度観ても面白いです。
戦国乱世の過酷な世界を上手く描いていて、登場人物の誰もが生き生きとしていて、そこがこのドラマの面白さだったと思えます。
あれだけ汚い身なりの勘助が主役なので最初は躊躇しましたが、観て行くうちに次第に引き込まれていました。

「これが戦じゃ!」

ストーリーは解ってるんですが、また1年間楽しませてもらいます(笑)
このドラマでスピンオフ観たいなぁ…。天地人にそれを期待していたけど、アレは違う世界としか思えなくて。
風林火山のスタッフで作ってほしい~っ。

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]
(2008/01/25)
内野聖陽市川亀治郎

商品詳細を見る
NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]
(2008/03/21)
内野聖陽市川亀治郎

商品詳細を見る

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


『腹が減っては戦は出来ぬ』よりは、『伏線なければ話にならぬ』の方がとても似合ってると思います。
今回は兼続の「愛と義」で桑取村を味方に付け、兵糧ゲットだぜwというお話でした。
どうでもいいツッコミですが、諏訪御寮人の息子・勝頼と、油川夫人の娘・菊姫って一緒に住んでるのでしょうか?まぁ一応、(異母)兄妹だから?
更にあの、天然ボケ入った於琴姫(油川夫人)の娘である菊姫って、そんなに勝気な性格誰から受け継いだんでしょうか。晴信?それとも信虎まで遡る??
菊姫と夏美のキャラが被って見えます。勝気な設定がもう、ね(笑)
菊姫もさぞかし、前向きなヒロインなのでしょう。

今日かろうじて良かった処は、兼続しか見てないお船に遂にキレる信綱さん。いやよくぞ言った(笑)
後は、兵糧がどれだけ必要なのかを計算して見せていた処。小学校の社会科の授業みたいでとても解りやすかったです。
それ以外に、良かったと言える所が思いつかないですね。スイーツ(笑)対象というよりも、小学生向けに書いてるんですかね、今年の話は。

景虎サイドは金積んでたのにもかかわらず、兼続の愛と義の精神で心を動かされた桑取村は、景勝サイドにつく事になったそうです。はぁ~。
毎度思うんですが、この程度の話でいいのなら私でも書けそう(笑)
更にワケわからんのが、兼続が桑取村への道のりで会った、怪我して動けなかった老婆を助けたのはいいけど、その老婆にいきなり刀を預けてしまう処。
兼続というキャラが私には理解不能で、全く感情移入出来ません。この「預ける」って行為、この老婆トメが村の長と関係ある地位の高い者だという事を、兼続が知っていてやってるのなら、まだ少しは解らなくもないんですけどね。知らないで刀預けるなんて、只の阿呆にしか見えないですね。
そして村の者からボコボコにされても座り込みする兼続って、雨の中で座り込みしてた夏美みたいで、思わず爆笑してしまいました。これが軍師の器なんでしょうか。やっぱり理解不能だわ。
もし、風林火山の時代の武田軍団がこの時代に全盛期だったら、調略だけで越後は楽に落とせるんじゃないでしょうか。勘助一人の知恵で、あっさり陥落しそうだ(笑)

で、兼続は来週、武田に潜入するそうですが、越後の関係者という身分を伏せてるんでしょうか?
明らかにしてるんなら、わざわざ潜入しなくても良さげな気もするんですがどうでしょう。
塩売りの商人にでも化けて潜入するんですかね~。そんな策士でもなさそうだけどw
「どんど晴れ」のストーリーを次回予告に貼り付けても、全く違和感の無い大河ドラマ「天地人」の感想を終わります。しかし謙信死んで、ますます薄っぺらくなったな(笑)

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。