Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸馬(福士誠治)にとっては、ただの寺子屋時代の同期でも、信三郎(斎藤工)にとっては自分をいじめた前坂小五郎(池田鉄洋)は許せない。
久しぶりに現れた小五郎は、眼術という術を使って人心を操る。今で言う催眠術なのかな。
逸馬はちゃっかり、小五郎の眼術の助けを借りて佐和(井上和香)に告白するが、あっさり振られてしまう。
遠山様が好き、と言った佐和だけど、逸馬、この時は未だ術が醒めてなかったかな。
眼術で自殺志願の男を説得した小五郎。その噂はたちまち広がっていて、色んな人が相談に訪れる。
のぶ(浅田美代子)に、坪井(小倉一郎)に中島(佐戸井けん太)。眼術は医療の為の技術として会得していたにもかかわらず、よろず相談と化していた。
師匠の良晏に諭される小五郎。

小五郎には娘が居た。かつての非礼を信三郎に詫びるが、決して許そうとはしない信三郎。相当酷い目に遭わされたのかな。苛めた方は忘れていても、苛められた方はずっと残っている。
信三郎は小五郎を信じてはいないが、「人は変われると思う」と強く主張する茜(近野成美)は、自分の気持ちが全面に出てきたのかな。
そして茜の言う様に、小五郎は本当に過去の自分と決別していた。それは亡くなった妻との誓いでもあり、娘との約束でも有った。
昔のワル仲間に引きずり込まれそうになりながらも、決して揺るがなかった小五郎。その意思の強さに、信三郎も助太刀してくれた訳だ。
良晏に破門を言い渡された時はショックだったろうけど、最後にちゃんと破門撤回されていて一件落着。
ハッピーエンドは、やはりいつ観ても良いなぁ(笑)
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ
スポンサーサイト

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


今回のメインは信三郎(斎藤工)の母親のぶ(浅田美代子)。
いつも明るくて、息子には少々口うるさいのぶさんが、どうも様子が変。綺麗に化粧をして楚々と出掛けて行く母に、不審な気配を感じる息子。
当の母親は、最近評判の占い師、橘富麻呂(川崎麻世)の処に出掛けていた。元々は信三郎の将来を案じての占いだったのだが・・・。のぶさん、富麻呂の毒気にすっかり心酔している・・・のか!?
いやぁ・・・何時の世も女って占い好きだよねぇ(笑)そういう私も割と好きな方w
佐和膳で逸馬(福士誠治)と信三郎が呑んでいる。富麻呂の評判は佐和(井上和香)も知っていた。
自分も一度見てもらいたい・・・と、何処かうっとりとした佐和に、動揺する逸馬(笑)。
公家言葉でやわらかな印象、胡散臭いけど一応イケメンの部類だから、江戸の女性達の心を掴んだのか(笑)。う~ん、あの占い師がガックンの長尾景虎か、野村さんの倉田典膳なら釣られてもいい・・・w
富麻呂の占いが評判になるのと同じ頃、江戸では強盗が頻発していた。
で、その強盗された家のいずれも、何故か富麻呂の処で渡している黄色いお札が存在している。
奇妙な符合に引っかかるものを感じる逸馬。そして茜から、占い詐欺の話を聞いたのぶは、富麻呂との関連性を疑い出す。
自分の家に300両の大金が有る事を富麻呂に話すのぶ。危なっかしいが自分の家を囮にして、真実を知ろうと思ったのだ。釣られていたのかと思ったけど、のぶは意外と冷静だな・・・。
予想通りその夜、強盗集団が現れた。信三郎と逸馬がボコボコにしている。のぶも"気持ちだけ"加勢していたがw
今週気になったのは、茜(近野成美)の38歳の母親の事を、「息災か?」と気に掛ける鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)。
え?何なの、その意味有りげな表情は!?もしかして(ry)って事なのだろうか?
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


もう今回は、30分殆ど笑いっぱなし(笑)。今週は逸馬(福士誠治)&信三郎(斎藤工)よりも、坪井喜八郎(小倉一郎)や中嶋勘解由(佐戸井けん太)等のキャラに笑わされた。
先週、中間管理職の悲哀を少しだけ見せてくれたこの両名。今週は更に深く、いかに苦労しているかを掘り下げて見せてくれる。こ、こんなん有りなのか(笑)

エスケープした遠山金四郎(柴田恭兵)に苦労が絶えない坪井。猫の千代丸が行方不明となり、顔面蒼白の中嶋。鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)に知れたら・・・と狼狽しまくる中嶋に、気の毒だと思いつつも笑いが止まらん(笑)
機嫌よく外出先から戻ったのに、千代丸が居ないと知った瞬間、鳥居の表情が豹変する。このドラマの面白い要因って、鳥居様の力がかなり有ると思うんだけど。しかし鳥居ってホント、千代丸の事を溺愛してるのね。

で、当の千代丸はと言うと、佐和膳でサボってる遠山の胸に抱かれている。
今日こそ佐和(井上和香)に告白しようと決めた逸馬、何故か一緒についてきて酔っ払ってる坪井、信三郎に加え、千代丸を探しに来た鳥居&中嶋。
鉢合わせしない様にと気配りする佐和。今回は佐和が一番オトコマエだったかもしれない(笑)。鞍馬天狗の幾松みたいなポジションなのね~と、タンカ切る姿を見て思った。
中嶋&坪井は、先週の一件以来、お互いの立場が似通ってる事に意気投合。二人の姿を見てると、なんか時代劇のコスプレした現代劇みたい。

ところで佐和膳の折り詰めを待っている信三郎の母・のぶ(浅田美代子)&茜(近野成美)&仙人(藤村俊二)は、晩御飯にありつけたのか気になる処なんだけど(笑)。
もうひとつ気になったのが、何故、千代丸は佐和の店に居たのか。
悩んでいたら相方が「千代丸って名前なら多分オスだよ。佐和の処に行きたかったんじゃないの。」と言う。
ああそうか。いつも鳥居様に抱っこされてる千代丸だけど、やっぱり佐和に抱かれたかったのか~。そりゃ佐和の胸の中なら、さぞかし心地良かろうって・・・(笑)
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


妄想と夢オチは『ちりとてちん』で、散々鍛えられていたから大丈夫よ(笑)。
だから冒頭の逸馬(福士誠治)の妙な様子も、すんなり観ていた。あれ観てたら、"此処にも喜代美みたいなのが居る~"なんて思ってしまった(笑)。

今週の逸馬は失敗をした。盗みの罪で捕まった卯吉(川野直輝)だが、実は真犯人は違っていた。卯吉の無実を信じていた母親。だが放免された時、卯吉の母は既に帰らぬ人となっていた。
父親が切腹した理由を知りたい信三郎(斎藤工)。その死因に、老中・水野忠邦が関わっていた事を突き止める。しかし家の事、母の事を思えば深く追及する事が出来ない。
そんな信三郎を見た逸馬が「じゃ俺が調べる」ってなイキオイで動こうとするが、遠山金四郎(柴田恭兵)に制止される。
無鉄砲な逸馬を諌める金さん。冷静な言葉の裏側には、部下に対する思いが溢れている。
『トップセールス』の岡野所長みたいに、実に渋くてカッコイイ上司だ。

仕事を失敗しない奴は居ない。転んだ時、何を掴むかで人の価値が決まる。
仕事ってのは、自分の為にやるものじゃない。

金さん、深いです・・・。

無鉄砲な部下に、いつもハラハラさせられる坪井喜八郎(小倉一郎)が、鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)に呼ばれた理由は、「自分の部下になれ。」だった。
鳥居に「近う寄れ。」と言われて近づく坪井だが、猫アレルギーなんだろうか(笑)。
近づけば近づくほどに、クシャミがとまらない坪井。
そして坪井がクシャミをする度に、ビクッと身体を震わせるネコの千代丸。坪井様もネコも大変だわ。
結局断った坪井だけど、その後で南町奉行所の中嶋勘解由(佐戸井けん太)と共に、中間管理職の悲哀を見せてくれたのに、ついつい笑った。お互い苦労が絶えませんな~。

盗賊の兼松が出てきた処で、"何かこの人、ユカイに似てるな~"と思いながら観ていたら本当に田所"ダイアモンド☆ユカイ"豊だったよ~(笑)あ~ビックリした。
ユカイの演技観るのって、「TOKYO POP」以来だ。あの映画って、デビュー前のX(X-JAPAN)が、一瞬出てくるんだがw。
それにしてもユカイを観てたら、久々にRED WARRIORSの"バラとワイン"が聴きたくなってきた・・・。


そして今週もやっぱり、30分では追いかけきれない位にネタが詰まっていた。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)の策略で捕らえられた藤堂逸馬(福士誠治)と仙人(藤村俊二)。さぁどうなる!?と思っていたら、武田信三郎(斎藤工)が助けに来た。
偽の長尾、実は鳥居の家臣・中西という事が皆の前で明るみになり、逸馬と仙人の縄は解かれる。だが農民達は解放されない。
本物の長尾を捕らえたら農民達を解放する様にと言う仙人。捕まえられなかった場合は逸馬が切腹しますって・・・。仙人ったら、そりゃないでしょ~w
この爺さん惚けたフリしてるけど、実はしっかりしてるんじゃ??
とぼけたキャラと言えば、遠山金四郎(柴田恭兵)も何処か飄々としてるけど、この人もずっとこのキャラなのかなぁ。っつか、桜吹雪はいつか披露してくれるんだろうか?
鳥居が何故、金さんを目の敵にしてるのかもよくワカランのだけど、そのうち明らかになるんだろうか。実に謎が多い人だ。
鳥居が、自分が妖怪と呼ばれてる事を金さんに言う。"このままじゃ済まさんぞ"と暗に誇示してるんだろうけど、そんな鳥居に"物の怪の類は信じない"と切り返す金さん。これは笑った。
次週は野球中継で1週お休み・・・って事で、公式ではお詫びのおまけに動画配信中
しかしホント、二人並ぶと爽やか~。5月の空みたいだ。
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


茜(近野成美)は逸馬(福士誠治)が気になる。だが逸馬は佐和(井上和香)の事が好き。しかし佐和は、遠山の金さんの事が好き?
そして茜を見つめているのは信三郎(斎藤工)ってな具合に、恋愛感情相関図だけでも入り組んでる状態(笑)。
逸馬を想いつつも、鳥居の間者であるが故に逆らえない茜。結果的に逸馬を窮地に追い込んでしまった事を、自分の所為だと思い悩む茜、その様子が変な事に気付いた信三郎。
そして追い詰められた逸馬の次週の展開は・・・と、丁度イイ感じで繋いだな~。
やっぱ前後編の構成だと、かなり見易いかな~。個々のキャラがとてもいい味出してるので、薄っぺらいと勿体無い。
ジェットコースター的展開はキライじゃないけど、30分で事件解決は"何だかな~"と思っていたので、今回はそれなりに満足。それでも、のぶさんのお喋りシーンは早回しだったがw
あれはあれでいいのかも。面白かったっすよ。でも、千代丸の出番が少ないのは寂しいわ(笑)
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


今日も逸馬は走りまくり(笑)。そりゃ30分しか無いから、走らんと間に合わんよな~とツッコミたくなってしまう。
面白いんだけど、やっぱり詰め込みすぎな感じが否めない。公式のあらすじ読んでおかないと、ドラマだけで話を追いかけるのは、流石に少々シンドくなってきた。
だって登場人物の感情が見え辛いんだもんなぁ~。
信三郎の母のぶ(浅田美代子)が何故、息子の女性関係に厳しいのか・・・武田家安泰の為なのか。息子が女の人を連れてきた~と喜んでるのぶさんが、お茶目で可愛かった。
次回は前後編の前編みたいだけど、少しは話の展開に余裕あるのかな?
FC2ブログランキングにほんブログ村 テレビブログへ

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ドラマの向こうに。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。